FC2ブログ

スタンプラリーのような・・・

ちたりたさんに誘われて、下関と宇部の小出裕章さんの講演会をハシゴしてきた。スタンプラリーみたい。

下関の会は、長年上関原発の反対運動を祝島の人たちと一緒に闘っている「原発いらん下関の会」の主宰。祝島とは縁があるので、色々ご報告も兼ねて出掛けて来た。

6時過ぎからの会だから、新幹線の中で軽食を準備する。ピタを焼いてピタサンドを作って行こう。これなら食べやすいし軽いし悪くないだろう。
(写真なし。)

新幹線で大阪から乗って来ているちたりたさんにコーヒーも差し入れ。新幹線に乗り込んで、ピタサンドを食べながらコーヒーを飲んでいたら、小倉についてしまった。早い。

小倉から在来線で下関に戻る。駅まで迎えに来て下さっていて、ホテルまで歩く。チェックインを済ませ部屋へ荷物を置く。

会場で人と。お土産をお渡ししたり、頂いたり。織物の話しをしたり、違うお話したり。
小出裕章さんの講演会で、わたしのブログの読者で、しかも、織物なさってた方にお会いするなんて、何て不思議なことかと思ったり、当たり前の食べ物を作って食べて、織物もする人は小出先生のお話しを聞くのが当たり前だと思ったり。

小出さんの講演は去年9月の十三での講演以来。公開されているyoutubeやustreamで見ているので、久しぶりな感じはしないけれど、ライブは久しぶり。
あ、先週京都でお会いしたんだった。

IMG_3025.jpg

生憎荷物を駅まで送って下さった方の車の中に忘れて来たので、レジュメもないから、講演の詳しい話しはまたいずれ。
今回下関ということで、下関とは縁の深い朝鮮半島の話しをなさった。
朝鮮半島が今38℃線で南北に分断されているのは、日本が朝鮮半島を併合していた時に、軍の管轄がそこを境に違ったからだという説明だった。
そして、北朝鮮の核がどれほどのものか、アメリカや他の国の核と比べてみせる。北朝鮮の原子炉の大きさを他の国の原子力発電所の大きさと比べてみせる。
まるでアリンコとマンモスくらいの差がある核武装の現実。原子力と核の問題は切っても切れない。なぜならば同じものだから。

この後懇親会。こじんまりとした集会、20人ほどの懇親会。わたしの母と同じ歳の会の主宰者。その方も翌日の宇部公演にいらっしゃるという。懇親会で知り合った女性もお誘いする。
「スタンプラリーなんです。」
前に座ってらした男性が車に乗せて下さるというので、お願いすることにする。
スタンプラリーのメンバーはどんどん増えて、翌日の宇部公演。

4ヶ月も前から丁寧に準備して1200人入るホールをいっぱいにしようという。甲府での講演が2000人だったそうだけど、それに次ぐ規模の大きさとなるらしい。

行ってビックリ、人は駅からゾロゾロと列をなして歩いて来る。ホールの駐車場に入る車で周辺は大渋滞。わたしたちは、荷物の花束を持って、先に会場へと急ぐ。驚くほど立派なホールが人だらけ。これはほんとに1000人越えそうだ。

主宰者に預かりものの花束をお渡しし、席へ。後から来る予定の方たちの分のお席を確保。やっぱり前で見なくっちゃ。わたしは運良く最前列。

2部構成の講演。宮沢賢治さんの言葉で始まる。ほんとに丁寧に、誰にでもわかるよう、原子力発電所で何をやっているか、福島で起こってしまった事、放射能のことなど説明してくれる。

IMG_3032.jpg
 
後で主宰者の発表を聞くと1500人も入ったらしい。小出さんの講演は初めてという感じの方が多かったのが素晴らしい。

2部構成でたっぷり聞かせてくれる。

福島で起こってしまった事はもう元には戻らない。4号機の使用済み核燃料プールの中の放射能が吹き出さないことは祈る事しか出来ない。未だに放射せん管理区域に指定しなければ行けないところに子どもも赤ちゃんも妊婦も済み続けていて、国家はそれを放置している。
放射線管理区域の中など誰も住んではいけないけれど、強い人しか逃げる事が出来ない。

昨日の下関での会は、チャンドラーの言葉で始まった。

強くなければ生きられない。優しくなければ生きている値打ちがない。だったかな?

最近、小出さん講演やインタビューで「もっと賢くなれ」とおっしゃっているけれど、ついでにわたしたちはもっと強く、強さを持った優しさを身につけないといけないのだなぁと強く感じた2日間でした。

だって、福島で起こった事が、明日島根原発で、伊方原発で、福井で、はたまた台湾や韓国の原発で起こらないという保証はなにもないんだもの。

宇部の講演を終わって主宰者の方の車で駅に向かわれる。

IMG_3036.jpg

わたしたち一人一人がきちんと考えて、賢くなったら、素晴らしいパワーを発揮できて、世の中を変える事が出来るんだと思う。きっと。

わたしは小出さんに去年の5月周防大島での講演をお聞きして、あまりに事態の深刻さに胃の中がひっくり返りそうになって夜中の2時まで眠れなかったと告白したら、「怖がらせてごめんなさい」と謝られてしまいました。

小出さん、ありがとうございました。いつも聡明さとはなにか、勇気とはなにか、誠実さとはなにかを教えて下さいます。

長時間お疲れさまでした。
もっと賢く、もっと強く、もっとよく考えて。賢くなるのも強くなるのもたいして効果は現れそうにはないけれど、わたしに出来うる範囲で強く、賢く、そして優しくなろう。そして、出来る事を、わたしのやるべき事をやろう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

お疲れさまでした。
スタンプラリーの優勝景品が海外旅行なんですか?

Re: タイトルなし

> お松さん
スタンプラリーの景品は、海鮮サラダ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)