渾然一体となるバインミー。

今日は楽しい料理教室。
お花見行きましょう~!と盛り上がっていて、準備もしていたのに、今日は冬型のお天気で時雨れたり、照ったり。気温も低いし、恒例のお花見スポットからは、「桜はチラホラ咲き。レンギョウとオオイヌフグリがきれいに咲いてます」という報告。トンネルの向こう側は良い具合に8分咲きという報告なのに、山1つ越えるとなんという違い。
秘密のお花見スポットの見頃は次の週末になりそうです。

4年ほど前から始めた恒例のお花見料理教室。咲いてなくて花見が中止になるなんて初めてです。今年は寒いのねぇ。

さて、お花見は出来なくても料理は出来る。
作った料理は
ベトナムピクルス(紅白なますとも言う)
パテー(レバーペーストとも言う)
肉団子のトマト煮(肉団子とも言う)
豚ロースのハム(茹でハムとも言う)←無理がある?

そして、サニーレタスと数々のハーブ&トマトとキュウリ。

これを、毘沙門通りにある「gouter(グテ)」というパン屋さん@奥さんはチャキチャキの大阪人のレトロバケットに詰め込む詰め込む。

詰め込んだだけだとポロポロこぼれるので、紙で巻いて、輪ゴムで留める。
もちろん、バケットはオーブンで焼き直すのでパリッパリ。

IMG_3195.jpg

gouterのバケットは半分に割ってみると、中が真っ白じゃない。もう香りもなにも素晴らしい。

食べやすいように半分にしたバケットは、ドンコイ通りのカフェのバインミーに負けてない。
IMG_3198.jpg

お花見に出掛けていたら残りの肉団子スープはみんなわたしの晩ご飯になったところだけれど、悪天候のためにお昼にみなさんで食べる。
IMG_3199.jpg

わざわざ肉団子をトマトスープで煮て、その肉団子だけをサンドの具にするというのは不思議。団子をステンレスのレンゲでぶすぶすと切るのがあまりに素敵で、今回の研修旅行のお土産はステンレスのレンゲになった。どう?このチープな感じ。たまりません。
どうか皆さん、ご愛用下さい。

パン、レバーペースト、なます、肉団子、ハム。どれも単品で食べても美味しいものを、野菜と一緒にパンに詰め込んで、軽く潰してぱくっと頬ばると、それぞれの味が渾然一体となって、新しい美味しさの世界へと連れて行ってくれる。これは、ビビンバの美味しさでもあるし、手で食べる南アジアの料理の美味しさでもある。ピュアネスを重んじる日本の味わいの文化にはない世界でもあると思う。

ベトナムには旅行に行ったという人が2人いて、「懐かしい」と喜んでくれたのも嬉しい。お土産企画の料理教室は楽しいね。

このような手間のかかる料理は、ベトナムでもラオスでも専門店(屋台?)で買って来るものですが、交差点にバインミーの屋台がない日本に住んでいるのだから、気がむいたら盛大に準備をして、ベトナムサンドを楽しむのもマゾっぽくていいですね。

この後、頂き物の超有名店の羊羹を頂きました。
IMG_3201.jpg
さすが、とらやさん。桜の香りもするし、道明寺のポロポロ感が残っていて、素晴らしい桜餅羊羹になってます。

そして、こんなお土産もありました。
ベトナムかき餅
IMG_3203.jpg
これは、晩ご飯の後に夫がストーブで炙っているところ。今日はほんとに寒いねぇ。

今日はお花見は行けなかったけれども、お料理楽しんで頂けたでしょうか?これから本番のお花見に、ピクニックに、彼とのデートに、ベトナムサンドのバインミー、作ってみて下さい。

みなさん、今日はイマイチなお天気の中、遠いところありがとうございました。今日のお料理のひとつでもレパートリに加えて頂けるとこんなに嬉しいことはありません。

次は5月12日です。バインセオをやりましょうか?それともフェネルの餃子をしましょうか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)