朝食抜きの実際。カフェインどーする?

さて、朝食抜きの効能、を読んで、ん~、理屈はわかったけど、実際どーすんのよ?と思われた方。

最終到達地点は「朝は水だけ」の人になるのが目標です。もっと言っちゃうと、「1日水だけで青汁いっぱい」とか、「ずーっと水だけで生玄米ちょっと」の「不食の人」になるところでゴールですが、別に仙人を目指さなくても、「朝は特に食べない人」になるだけでいいのです。それだって、食べてた頃に比べて少食になるわけですもん。

毎朝、アジの干物と納豆ご飯にワカメの味噌汁とか、ヨーグルトと自家製天然酵母パンと自家製ベーコンと庭の卵などの食事をしていた人が、朝食抜きのゴールを目指すには、やはり段階的、戦略的に攻略する必要があります。

西式甲田療法もナチュラル・ハイジーンのセクトのひとつだと思うのですが、西式甲田療法ではかなり仙人的ライフスタイルに近く、普通の人は「あんなもん食べて健康になるぐらいだったら、病気のほうがマシだ」と思われるだろうから、蠱惑的なナチュハイをお勧めいたします。

朝は果物を好きなだけ。

これ、陰性体質の人は冷えてしょうがないと思います。果物の食べ過ぎは冷えを招くので、その点注意が必要ですが、果物を常温で食べる、果物以外の甘いものは控える、果物を食べるといってもホドホドにしておく、などの注意をすると継続することができます。

投資出来る人は、ジューサーを手に入れて、人参リンゴジュースとか、青汁一杯などをやってみると、本当に細胞に栄養が染み渡るという感覚が分かると思います。

ジューサーでなくても、ミキサー(ブレンダー)があれば、果物色々を水と一緒にミックスして、季節の果物スムージーとか、最近再び話題のグリーンスムージー(は登録商標)を始めてみても良いと思います。
果物たっぷりのミックスジュース(牛乳抜き)はなかなか楽しいドリンクで、「朝ご飯は良い1日の始まりを予感させる」という感じがします。毎日飲んでいたら、良い1日もひどい1日もやってきますが。

しかし、実際始めてみて問題になるのは、食うか食わないか以上にカフェイン飲料です。

カフェインはとても中毒性の強いドラッグで、話しによるとニコチンよりも依存性が強いという合法的ソフトドラッグです。

なので、カフェイン断ちも含む断食をすると、もう頭が割れてどうかなるんじゃないか?と思うような頭痛、眠気、倦怠感などに襲われます。カフェインの禁断症状なんだか、断食の反応なんだかよくわかりません。試しにカフェインの入ったものをとってみて、頭痛が収まればカフェイン中毒。頭が痛いままだったら、断食の反応と判断できます。

ここで論じている「朝食抜きの効能」はゆるゆる断食ではあるけれど、薬物を断つほどの厳格さを考えてません。普通に生活や仕事が出来て、健康にもなる、というのが目的ですから、朝のコーヒー、朝の高山茶、朝のミルクティーは続けると良いと思います。ただし、牛乳の是非については、また別の問題です。

厳密にやりたい人は3日続くひどい頭痛を覚悟して、連休などを利用してカフェイン抜きをすれば良いと思いますが、カフェインを一度抜いてしまうと、次にコーヒー飲んだりチョコレート食べたり、お茶のんだりしたら夜は眠れなくなります。

カフェインの感受性は人それぞれだそうで、わたしは敏感なようですが、夫はまったく平気みたいで毎朝コーヒーを楽しんでおります。わたしは香りだけで、朝のコーヒーの味を美味しいとも思わなくなりました。

ローフードを続けていると外食やら社交やらに支障をきたしますが、カフェイン断ちを続けていても外食や社交に問題を起こすので、今は時々飲むようにしています。
夜眠れなくなった時はもう起きてる、と。

どーして、世の中どこに行ってもコーヒーとかお茶が出て来るんでしょうね?かくいうわたしは中国茶が大好きで、食後の一杯や午後の一杯がたまりませんが毎日飲むわけでもありません。
あ、朝ご飯の話しからずいぶん脱線してしまいました。

今日は大阪から断食合宿のためにお客さまがおみえになります。明日から青泥断食です。
ご到着後、お風呂に入って頂いたら、脚絆療法です。
どんな弥次喜多合宿になるか、お楽しみに~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

はじめまして。

朝食抜きでひとつお伺いしたいのですが、
生菜食などの特別な食事を実行しなくても、
昼食抜きと野菜中心、なるべく小食。程度の取り組みでも
宿便は出るものなのでしょうか?

初めてのコメントなのにぶしつけですみません。
ずっと気になっている事なので、
もしご存じでしたら、お考えだけでも伺えたらと思います。
どうぞ宜しく御願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)