FC2ブログ

断食合宿の成果はすばらしく・・・

ナチュハイで変わろう!というカテゴリーを作ってあったのを思い出した。あれは・・・タイ語の先生にナチュハイを説明するためにタイ語の作文をしてたんだった。タイ語でナチュハイの教科書みたいなものを作って、コピーして配ったんだったなぁ。遠い昔のことです。

タイではあれから赤シャツ騒動があって、それが収まって選挙も終わって・・・と思ったら去年は洪水で大変だった。先生はどうしてるだろうか?お会いしたら「あ~、もう大変だったのよ~。お金も掛かるしど~のこ~の」と弾丸のような早口のタイ語でまくしたてられて、なんだかよくわからないけれど、大変だったのね、ということだけがよくわかるのだろう。

さて、断食合宿からもう一週間が過ぎて、わたしのことを「師匠」と呼んですっかりなついてしまったちたりたさんですが、あれから朝は果物、昼は玄米ご飯のおにぎりと生春巻きなどというパターンで、すっかり菜食っぽい人になってしまった様子です。

1度、グリーンスムージーのようなものを作ろうとしたらしく、ホウレン草をおろし金でおろしたら滅茶苦茶になった、なんてメールがきて、こっちがビックリしました。菜っ葉をおろしがねって・・・

朝ご飯抜きの効能がわかったら、次のステップは、最初に果物、次は生野菜。そして食事の時にはタンパク質と炭水化物を同時に食べない、というのが大雑把なナチュハイルールです。

具体的には、ブレンダーがあったら食事の前に青泥やグリーンスムージー(は登録商標)を食べて、ブレンダがなかったら、たっぷりめのサラダを食べる。

んでもって、鯖のみりん漬けをおかずにたべるなら、大根おろしや菜っ葉のおひたしなどと一緒にたべて、ご飯は食べない。

お酒を召し上がる人ならば炭水化物無しでタンパク質と野菜だけというのは無理のない組み合わせですねえ、そういえば。

ご飯やパスタを食べる時はベジメニュー(ただし、出しやスープは固形物がなければタンパク質も可)。

わたしが
フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!
(2006/04/08)
ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド 他

商品詳細を見る

を初めて読んで、「ほ~、消化が違うのかぁ?」と思って試してみた。
気の毒な夫も付合わされて、最初にサラダを食べさせられて、肉や魚がある時は野菜と一緒。ご飯を食べる時はベジメニューというのを一週間くらいやったら・・・
わたしもスルスルっと痩せたけど、痩せる必要のない夫までスルスル痩せて、すっかり薄っぺらくなってしまった。

それより驚いたことは、食後にゲップが出ない。本では「胃の中で発酵してしまう」と書いてあるのだが、なるほど、ゲップは食べる時に一緒に飲み込んだ空気だけじゃなくて、胃の中で発酵したガスが出るのか、と実感した。ついでに、食後1時間くらいしてから運動してもお腹が軽くて楽なのにも驚いた。

痩せたい人、最近食後のゲップや胸焼けが不快な人は騙されたと思って一週間くらいやってみてください。

フィット・フォー・ライフはダイエット法の本の姿をしているけれど、これはすごい本だなぁと思ったものでした。今でもナチュハイの教科書では一押しの古典的基本文献だと思います。

だから飛行機に乗って長時間ブロイラーのように運ばれる時、普段はベジタリアンでなくてもビーガンリクエストをすると、食事自体はたいして楽しめないけれど、身体は楽です。別にミールのリクエストをしなくてもタンパク質を食べたら炭水化物は食べない、という方法でもいいのでしょうが、食べ物をたくさん残すってのがねぇ~。
もっといいのは移動中は断食するほうがいいのですが、なにしろ退屈ですし、飯くらい・・・

この、タンパク質と炭水化物(正確には、加熱された炭水化物)を同時に取らないという食事を続けようとすると、炭水化物無しというのがなかなか難しく、結局ベジタリアンみたいな食生活になってしまいます。

自宅で食べてる分にはいいけれど、外食や社交の時にはちょっと面倒なので、最初に生野菜をたっぷりと言うルールを守るだけでも身体はずいぶん違うと思います。

ところで、断食合宿後の話しでしたが・・・ジュース断食をしたのだけれど、ちたりたさんはバイタミックスを本日ご注文なさったのだそうです。おろし金で菜っ葉をおろすのがよほど堪えたようですが、それにしても正社員で長年働く独身貴族はやることが違います。

今年はスムージーの年ですね。とりあえずの教科書はやはりこれでしょうか?

グリーン・フォー・ライフグリーン・フォー・ライフ
(2010/05)
ヴィクトリア ブーテンコ

商品詳細を見る

ローフードの世界へようこそ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

植物性たんぱく質

いつも楽しく読ませていただいています。

質問があります。

長年ベジタリアン生活をしております。

ベジタリアンですとたんぱく質不足になるといけないので、なるべく豆などの植物性たんぱく質を積極的にとるようにしているのですが、米などの炭水化物と一緒にとらないほうがいいのでしょうか?

もう一つ、気になっていることですが、たんぱく質はどのくらい摂取していますか?

推奨されているたんぱく質量をとるべきだと思いますか?

よろしくお願いします。

Re: 植物性たんぱく質

> あやさん
ご質問ありがとうございます。また改めて記事にしようと思いますので、しばらくお待ち下さい。
さしつかえなければ何を理由に、また何を目的として長年ベジタリアンなさっているのでしょうか?
また、何を根拠にベジタリアンではタンパク質不足になってはいけないとお考えなのでしょうか?
教えて頂けると助かります。

ぺんぎんさんへ

ご返答ありがとうございます。

私がベジタリアンになったのは、海外に移住したのがきっかけで、今までの食生活に疑問や不満があったわけでもなく、病気があったわけでもありませんでしたが、ベジタリアン(お肉を食べない)という食生活や考え方が新鮮に感じたことと、ベジタリアンフードがびっくりするほどおいしかったこと、そして周りにお肉を食べない人も多かったことで、違和感なくベジタリアンに移行しました。

それ以来は、ベジタリアン、ヴィーガン、マクロなど、色々な食事法に興味を持ち、健康と食生活の関係について知るようになりました。

最初の15年ほどは卵も乳製品も摂取していましたし、魚介類も食べる機会があればおいしくいただいていました。
お肉だけは、何故かもう食べる気もしませんでしたし、だしも含め、厳格に避けてきました。
今は乳製品も食べないヴィーガンのような生活をしています。

もともとアトピーもちなので、何かあると皮膚に問題が出たりすることもありますが、基本的には健康で、今の食生活は好きでやっているところがあります。

たんぱく質については、栄養学から、きちんとたんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく摂るべきだという固定観念があり、乳製品もとらなくなった今、気をつけて豆などの植物性たんぱく質を摂るようにしているところです。
ただ、実感としてたんぱく質が必要で食べているというよりは、頭で考えて食べているという感じがして、何となく疑問が残るまま、この食生活を続けています。

それで是非ぺんぎんさんのご意見を伺いと思ったわけです。

ちなみに、一度海外で血液検査を受けた時、鉄分が足りないと診断され、ベジタリアンであることを伝えると、だからですね・・・というような反応をされました。

ベジタリアン、ヴィーガンであることで、不健康になっては意味がないので(好きでやっていはいるものの)、食べるものが制限されている分きちんとバランスよく食べる工夫するようにしたほうがいいのかとは思っています。

これは、余談ですが、魚介類も食べないようになってからしばらくして、実家に帰ることになって、魚介類を突然たくさん食べ始めたら、すごい蕁麻疹が出て、顔がはれるまでになりました。
それ以来怖くて、魚介類は口にしていませんが、健康であることを目的として続けている食生活が、結果的に食べるものを制限し、食べなくなったものに対してアレルギー反応を起こすまで体が敏感になってしまっているのは、何となく納得がいかないというか、疑問を持たずにいられません。

長くなりまして申し訳ありません。
ありがとうございました。

あや

Re: ぺんぎんさんへ

>あやさん
ずいぶん長いんですね。魚はあんまり良くないんですよ。避けていると敏感になるので、仕方がないですから、たくさん食べるのはやはり控えられた方が。
食べ物はもう十分制限なさってるんじゃないかと思いますが、厳格なベジを長年続けていた人が突然動物性タンパク質を食べたら腸内細菌のバランスが変わるので、アレルギー反応や下痢などは当たり前のような気がしますが、症状を読む限り、もともと青魚にアレルギーがあったとか、なにか召し上がったものにアレルギーがあったんじゃないかな、と思います。
他の件については時間のある時に記事にしてみたいと思います。

バランスのいい食事ってなんなんでしょうね?

ありがとうございます

ぺんぎんさんへ

食事制限を厳しくすればするほど、体を強くするのではなく、体を甘やかしているとしたら・・・と思うと複雑な気持ちになります。

結局は、少食、食べ過ぎないことが一番なのかと最近は思います。
バランスを考えて、色んなものをたくさん食べる結果になってしまっては、意味がないのかもしれません。

今後もペンギンさんの記事楽しく読ませていただきます。

Re: ありがとうございます

> あやさん

なかなかブログにお返事書けなくてすみません。ちかいうち書くのでおまちください。
バランスが大事なのか?というのはなかなかの命題ですねえ。

たんぱく質

新しい記事読ませていただきました。

たんぱく質については、前から疑問がありましたが、玄米を食べることでほとんどの必須アミノ酸が摂れるという事実は、玄米への信頼を更に増し、嬉しく思いました。

粉物(特にパン)はおいしいので食べたくなりますが、実感としても重い感じはしていましたし(精製していないものを選んだとしても)、食べると癖になるというか、もっと食べたくなるというか、玄米のような満足感が得えられないような気はしています。

今回のことで、たんぱく質や腸での腐敗のことをまた考えさせられ、実験的にしばらく豆類も食べないで過ごしてみようかと思っています。(食べたいと思ったときは食べるようにして。)

ところで、これは以前蕎麦の生産者さんと話してびっくりしたことなのですが、蕎麦の実を生で食べてもいいということです。
もちろん、炒って香ばしくして食べても、お茶として飲んでもおいしいのですが、生で食べても、蕎麦は消化がいいから大丈夫ということでした。
蕎麦はすごいなと思ったことを覚えています。
ですから、蕎麦はもしかしたら、他の粉物よりは消化に負担がかからず、宿便にもなりにくいのかもしれないと思いました。
どうでしょうか?
私はパンはライ麦が好きですが、ライ麦も小麦より消化が楽なような気がします?







Re: たんぱく質

>あやさん
蕎麦もねえ、粒を割ったら分かると思いますが、粒の中は粉粉で麦と似てるんです。お米の粒は芯までカチカチに固いでしょ。そこが違うみたいです。
で、甲田先生は「蕎麦屋さんは脳梗塞とか起こしやすい、宿便が溜まってるから」というようなことをおっしゃっていたそうです。
蕎麦も麦もヌカにあたる外皮の部分はとても固いけど、芯の部分というのは柔らかくてほとんど繊維がないんです。外側の繊維は固すぎるので、これまた胃腸に負担になるらしいです。

だけど、健康な胃腸の人は少々のものは消化してしまうので、甲田先生の話しも病気治療目的の人なのか、食生活改善のためなのか、よく吟味する必要があると思います。

フィット・フォー・ライフという本を健康に興味があるので読んでみましたが、とても面白い内容で、朝バナナダイエットの源流はこれなのかと思いました。朝バナナダイエットをより効果的に行いたい方にもお勧めですよね。

Re: タイトルなし

> 短時間睡眠法に挑戦中さん
ご訪問&コメントありがとうございます。朝バナナのように単純にしたら分かりやすくて実践しやすいんでしょうね。
実際のところ、バナナでは水分が足りないから推奨されてないようです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)