友達を招いてベンガル料理。

連休前半も今日まで。
バラ農園を閉じてしまう友達に今のうちに堆肥をもらっておこうと思った夫は昨夜「堆肥もらいに行きたいけど、いつが都合いい?と電話した。彼は明日行こうと思いついただけで相手の都合なんか何も考えてない。

「明日は雨よ、」と言われ、「そうか、じゃあ、いつがいいかなぁ」わたしが「雨ならベンガル料理食べに来い」と横車を押した。だって、かっちゃんが「カレー食べたい」って言ってたんだもん。インドから帰って来たばっかりなのに、またカレー?

というわけで、雨で農園仕事も出来ないし、遊びに来てくれた。

切ったばっかりだよ、とお花。
IMG_3251.jpg
わ~い、牡丹。きれい。もうバラは整理しちゃったのね。本当に長い間贅沢させてもらった。「どうしていつもバラがあるの?」とウチに来る人は不思議がったものだった。普通バラなんて買わないもんね。

たくさんの人から惜しまれているらしい。当たり前だ、わたしも寂しい。奥さん曰く「かっちゃんの病気がなかったら、80過ぎてヨレヨレになっても止められなかったかもしれないから止めるキッカケになってよかったのよ」ふ~ん、まあそうかもしれない。

さて、ご飯。1時間くらいでバタバタと作ったんだった。

IMG_3249.jpg

ホウレン草のバジ(炒め物)
苦瓜のバジ
ダール(豆のスープ)
カリフラワーとジャガイモのカリー
鰆の骨と大根のカリー
鶏肉とジャガイモのカリー

久しぶりに作ったベンガル料理、勉強会で買い過ぎたり溶かし過ぎたりした食材をやっつけることが出来てめでたし。
鰆の骨(正確にはアラ)は塩麹をまぶしてあったので、ちょっと粕漬けみたいな風味になっている。

ベンガル料理はいつ作っても不思議で仕方がない。
なんで、あれとこれと入れてあーしてこーして煮込んだり炒めたりしたらあんな複雑で美味しいものが出来るのか。ダシもない、ストックもない。トマトを入れると美味しくなるのは当たり前だけれど、トマトを入れなくてもおいしくなる。魚やチキンが美味しくできるのはそりゃ出しがでるからだろうと考えるのだが、んじゃなんで芋とカリフラであんなに複雑な美味になるのかよくわからない。スパイスとオイルの魔法なんだけど、スパイスだって量も種類もたくさん使うわけじゃなくて、至ってシンプルに作るだけなのに。

どうして家であまりベンガル料理を作らないかというと・・・食べ過ぎるのです。ベンガル料理はお腹パンパンに食べる料理なので、どうしてもたくさん食べてしまう。ベンガル料理で腹八分目は無理。食べるか食べられないか、そういう食文化なのです。

ついでにおかずが4品以上ないと寂しいので、食べきれないのを承知で4品くらい作ってしまう。残りを翌日食べたりするのだが、これがまた4品以上ないと寂しいから、おかずを作り足してまた食べる→また残る→おかずを作り足して食べる→残る→以下同文

ずーっと食べ過ぎ状態が続いてしまうので、人でも呼ばない限り作れない料理になってしまった。

ご飯をお腹パンパンに食べて、デザート。

IMG_3254.jpg

マンゴープディングのイチゴソースというロースイーツを思いついて作ってみた。

「おいしい。ドッシリくる」などとコメントいただいた。最近多少上達したのか、普通の人が普通に美味しいと言ってくれるロースイーツが出来るようになったらしい。ロースイーツは簡単だから、デザートを作るのが得意でないわたしでも料理の後のデザートが準備できるのは有り難い。

食事が終わって、チャイを飲みながら3時間くらい4人でおしゃべりしていた。かっちゃんは癌で余命いくばくもないので、従兄弟が2泊3日で遭いに来たという話や、農園の整理が済んだらインドネシアの島の山奥にある温泉に行く(1人で)話しなど、癌の末期を楽しく旅行して過ごすことにしたらしい。飛行機のルートをあ~でもない、こ~でもない、と、世界地図を見ながら話しが盛り上がる。

どう考えてもかっちゃんが数年のうちにあの世に行くとは思えない。でも余命がわかっていて、それまでに好きなことをして暮らすというのはいいなぁ、と思う。だって誰でも最後は死ぬんだもん。3ヶ月東南アジアの温泉をフラフラと旅行するんだ、それも楽しそうじゃないか。
インドネシアに出掛ける前に4人で島根の温泉でも行こうよ、と誘ってみる。
かっちゃんは「河原の露天風呂が好き」なんて言うが、「遠いところは行くだけで疲れるから嫌」とも。河原の露天風呂は岡山やら鳥取やら熊本・・・遠いんですけど。

ベンガル料理の残りはきれいさっぱりお持ち帰り頂いた。
食べ過ぎていつまでも胃が重いので、夕方になってクラブに運動に行き、帰ってからたっぷりのサラダで夕食。

IMG_3255.jpg
レタス3種類、クレソン、新玉葱。トマトとアボカド。そしてスプラウト。ドレッシングは松の実とカボチャの種で作る。
夫はこれにパンを少し食べていた。
スプラウトがたっぷりあるとサラダが充実していて嬉しい。生野菜を食べてやっと落ち着く。

買い物と料理しかしてないような気もしなくはないが、なかなか充実した連休だ。

ベンガル料理、5日の夜に世田谷で食べられますよ~、絶賛予約受付中です。



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)