ベンガル料理を習いたいのですが。

ご質問頂きました。

ベンガル料理を習いたいそうです。なにかお勧めの本などありませんか?

これは、料理教室への問い合わせです。わたしの料理教室は、普通の料理教室のように、レシピをもらって、お料理を作って食べて、はいさようなら、というのとはちよっと違います。

料理は生きるための技術であり、智慧だと思っていて、それをお伝えするために料理教室というスタイルにしています。食べることは生きることなので、当然からだに負担になる料理はあまり作りませんが、健康的な料理がマズいものではない、というのも強く主張しています。
だから、健康料理だと思ってない人も多いし、わたしも健康料理とは思ってません。美味しいものは身体に良いし、からだに良いものは美味しいのです。

ベンガル料理は、ベンガルの人たちの智慧のほんの一部をお伝えしているだけなのです。だから、単発であれこれ、ということは考えてなくて、継続的に参加して頂くことを前提としています。

ベンガル料理の本ですが、色々あるけど、ヒンドゥの料理では

インド家庭料理入門―アーユルヴェーダで食べる朝昼夕晩インド家庭料理入門―アーユルヴェーダで食べる朝昼夕晩
(1996/10)
ロイチョウドゥーリジョイ、ロイチョウドゥーリ邦子 他

商品詳細を見る


この方は町田だか八王子だかで「アッチャ」という名前のベンガルレストランもやってたように思うけど、今はどうなんでしょう?気になるところです。1度行って、アッチャアッチャとしゃべりしたいものです。

次は、

とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る


料理人の自宅で習って来るタイプの料理だけれど、まあベンガル料理です。写真もきれいで悪くないですよ。こちらも、バングラデシュの料理よりもインドのベンガル料理ですが。

最近出た本ではこんなのがあります。


おいしいバングラデシュ―世界探訪・食と風土おいしいバングラデシュ―世界探訪・食と風土
(2005/07)
不明

商品詳細を見る


日本では普通に手に入らない魚料理が載ってるけれど、この本はわりときちんとしたバングラデシュ料理の本です。風俗も紹介されていて、貧困とか開発関連でなく、このようなバングラデシュの本が出たので、たいへん感慨深い思いをしました。で、ヘルシーかどうか?ですが・・・

青年のころはあんなに美しいベンガル人、結婚したら、男性も女性もブクブクに太るのですよぅ。やっぱり痩せていると貧相でいけない文化なことに違いはありません、
しかしながら、高血圧、糖尿病はひどいものがありますから、わたしのもう1つのふるさとであるバングラデシュの人たちには、もうちょっとヘルシーな食事を心掛けて欲しいものです。

しかし、本の料理は「あ、そう。めんどくさいね」な料理が多い。
わたしはもっとシンプルに作るし、ウチに来るバングラデシュ人に「おばあちゃんの料理」と言わせ、すっかり手なずけ、インド料理好きの人には「もうインド料理食べに行けない」と言わせてしまうベンガル料理なので、本の料理とはちょっと違います。
ちょっと言い過ぎかなぁ?でも、「ペンちゃんのカレーほどおいしいカレーはない」と言う友達が何人もいる。
わたしは自分で作った方が美味しいし、店で食べたら高いから、インド料理にわざわざ行かない。マカナイを出してくれるインド料理屋なら行っても良いと思ってる。
日本のカレーは時々サービスエリアなどで食べることもある。家で「奄美の島ウサギカレー」を使って作ることもある。

ご要望があれば、個人レッスンいたしますので、ご相談ください。ただし、何品も1度に出来ないから、やっぱり最低3回くらいは通ってもらうことになります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

作りたい

この前、無謀にも健啖家にタイカレーをお出しして、失敗してしまいましてん(敗因はきっとココナッツミルクなしのしゃぶしゃぶやったからかもしれへん)
タイ料理は近所で食べられそうやけど、ちゃんとしたベンガル料理ってどこで食べられるかわからへんから、自分で作れるものなら作りたいものです。

たしか石毛直道は結婚する時の条件に「一週間に一度は自分で料理させてくれ」と言ったそうですが、料理って本当に文化ですね。
イメージ的には虎が入って(ベンガルの虎)いそうやけど、いやいやそんなのやないとおもてます。

「おいしいバングラデシュ―世界探訪・食と風土」はパラパラと手にとって眺めてみたことありますけど、だからって作れるわけやないような。

作りたい

なんかうまく投稿できません。

登校拒否? あっ投稿拒否

『おいしいバングラデシュ』

書店で探してみます。
ぺんぎんさんのベンガル料理(の写真)を見るときって、ほかの、
たとえば料理本なんかの料理の写真を見て「おいしそう~食べた~い」と
思うのと違う感覚になります。
「うぉーー食べさせろーー」みたいな状態にいつもなってます^^
そしてお腹いっぱいになるまで食べられそう…。

塩レモン仕込みました!たのしみです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 作りたい

>お松さん
ベンガル料理食べられるところはないなぁ。だいたいバングラデシュに行っても、家庭料理のお惣菜は食べられへんから、お料理上手の人と仲良しになって、家族待遇で「ご馳走作らなくてゴメン、こんなもんで良ければ食べて」という仲にならんと食べられへんもんです。

>ゆかりさん
>たとえば料理本なんかの料理の写真を見て「おいしそう~食べた~い」と
思うのと違う感覚になります。
「うぉーー食べさせろーー」みたいな状態にいつもなってます^^

そこがお店の料理と家の料理の違いだと思います。お金出しても食べられないのが家庭料理。家庭料理のほうが美味しいんですよ。

塩レモン、色々使い始めました。こりゃうまい!

>鍵コメさん
鍵コメさんのところからなら、きっと日帰りできるので、可能ならば是非どうぞ。

No title

ふふふ~。ぺんぎんさんのベンガル料理を食べた事のある私は幸せもの♪ 
あの味を求めていつも作っています。最初の頃の7品くらいは「とっておきの~」の本を観ながら作ってましたが今はもう観てません^^
ただ、鍋がダメです。ルクルーゼの煮込み鍋ではイマイチなのです。今度深い中華鍋ではどうかな?と思っています。実家に中華鍋取りにいったら、捨てられていたので(涙)新調しないとです~。なにかおすすめの鍋、あったら教えてくださいー^^

Re: No title

> くまふみさん
うん、中華鍋はいいよ。北京鍋と同じカタチのものを南アジアでも使っていて、本家争いをしてるとか、してないとか。
煮込みも、炒める段階まで中華鍋で炒めて、煮込みの段階で圧力鍋に移して、シューっとしてあっという間になん品も作る主婦もおります。
ルクルーゼで煮込んだらいかん?やっぱりアルミのペラペラの鍋がいいのかしら?わたしは3重構造鍋を使ってます。

中華鍋のお勧めはねぇ・・・一般的には照宝というブランドが良いといいますよねえ。クロワッサンの店で取り扱ってます。わたしは広島の調理道具店で買ったので、鉄の材質がイマイチ。実家の中華鍋はもっといいけどブランドものじゃなくて、たぶん神戸の南京町で買ったものだと思います。あれ、もらってこようかしらん?

No title

おすすめありがとうございます~。ネットで調べてみます。中華街とかで観てみるのも良いかもしれませんね^^圧力鍋でも今度作ってみますー☆

Re: No title

> ふみねぇさん
ありがとうございます~。色々作ってみて下さい。

No title

煮込みの段階でシャトルシェフはどうでしょうか?
映画『私を生きる』で家庭科の先生がこれをお使いでうれしかった。
いや、でもバングラデシュではこんなのお使いのはずがない。
今日はリベンジのつもりでココナッツミルクの粉を買ってきました。
カレー食べたい!カレー食べたい!

日本全国のペンギンの台所ファンのために広島だけでなく東京・大阪などで公民館か暇そうなおうちで講習会を開催してほしいと思っているベンガル料理ファンはいると思う。
もしくは料理本を執筆して下さい。「サルでもできるベンガル料理」!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)