「放射能汚染と医療」@神戸5月13日 鼎談編

強烈な眠気に襲われて、昨日は更新をさぼってしまいました。5月13日のネタでまだまだ引っ張ります。他に話題ないのか?とおもわれるかもしれないけれど、ダッカのエアポートロードのように大渋滞中です。あわあわしながら更新します。

さて、この神戸でのフォーラムは、3部構成になっていて、最後は医師会長、小出さん、郷地さんによる鼎談と質疑となっておりました。

神戸というところは、福井の原発群から100キロ離れてます。しかし、水瓶の琵琶湖は40キロしか離れてませんから、福井で何事か起こると、100キロ離れた神戸でも水が汚染されてしまう。

医師会の会長以下数人が東北道を宮城まで医療支援に行った時の車のエアフィルターの放射線を計測したら、30万ベクレル/kgあったらしい。

もし、福島に落ちただけの放射性物質が琵琶湖に落ちたら、許容範囲の100倍から1000倍の汚染となることが予想される。(つまり、琵琶湖の水を使っている近畿圏は人が住めなくなるってことだ)
ちなみに、福島以前の琵琶湖の水は、0.1Bq/Kgだそうです。

だから、兵庫県医師会では医院には井戸を掘るようにキャンペーンしていると言う。水がなければ医療は出来ない。だから井戸。これは阪神淡路大震災の経験があってのことだと思った。こんなことを指導している医師会なんて、ちょっと驚いた。

IMG_3318.jpg


この医師会長はなかなか話しの進行が上手な人で、1人で話しているかと思ったら、時々上手に話しを振って、普通の講演会では聞かれない話しを引き出す。
たとえば、原子力発電所の環境影響について。今日の小出さんの話しでは、放射能の話ししか出てこなかったので、補足を求める。すると、小出さんは原子力発電所が海を温める話しをなさる。日本の原発のせいで、毎秒1000億トンの水を7度温めている。日本全国の河川の総流量は4000億トンだそうだ。

そのせいか、日本海の水温上昇は全世界平均の何倍も高いらしい。それは日本海側に林立する原子力発電所のせいではないかと疑っているというお話し。日本海はそんなに温度が上がってるんだ。海の温度が上がったら、気象にも大きく影響するだろうと思うと、何が温暖化防止の切り札なもんか。

やっぱりこんなもんが上関に出来たら、瀬戸内は全くダメになってしまう。広島のカキも、アナゴも鰆の刺身もさよならだ。

質疑の時に、郷地先生に広島は原爆を受けた時に放射線管理区域相当の汚染を受けたのかどうか聞いてみた。
答えは場所によって非常に違うということだった。
今広島では黒い雨の降った地域の再評価で揉めているけれど、小雨でも黒い雨が降った地域にいた人たちは癌の罹患率が高いという。

広島で爆発したのはたった800gのウラン。それも爆発だったので、成層圏まで吹き上がったから、全部の放射性物質が広島に落ちたわけじゃない。
福島の事故では、吹き出したセシウムの量だけで、政府の発表で広島原爆の170発分。その3倍多いという計算結果もある。そして、その放射能は、成層圏まで吹き上がらず、雲となって、地を這うように大地を汚染し、雪や雨で地面に落ちた。この話しだけでも今進行していることが途方もない事だとわかるけれど、その結果がどうなるのかはもう想像力がついて行かない。
木下黄太さんのブログツイッターの話しもぬまゆさんの話しも大げさでもなんでもないのかもしれない。

ところで、通常運転の原発からどれくらいの放射能が出てるのか、良い質問をされる方があった。
これに小出さんは伊方の原発近くの海水を測定し続けているけれど、天然の1/1000程度の汚染しか出てこないらしい。

話しは変わるが、肥田先生の「核の傷」では、原発から180キロの範囲で癌が増えて、原発が運転停止すればまた癌が減るという研究の話しが出て来る。もちろん事故などない普通の運転で、180キロの範囲で癌が増えるらしい。180キロ原発から離れているところって北海道の端っこくらいしかない。日本は泥舟だってことだから、西日本の人間だって癌になることを予定しておいた方が良さそうだ。

さて、では日本はどれだけ汚染されてしまったのか?というと、

大気中核実験で5000Bq/㎡
チェルノブイリで100Bq/㎡
福島事故で・・・数万から数十万Bq/㎡・・・

関西地方は、福島事故の影響で 100Bq/㎡汚染が上乗せされたそうです。
(チェルノブイリ相当だということは、福島近辺の汚染の高さを別に示していることになるわけだ)

IMG_3322.jpg


チェルノブイリの事故のことを知ってる人は思い出して欲しい。牛乳やお茶の葉から基準値以上の放射能が検出されて大騒ぎになったこと。田中優さんが反原発運動に力を入れるようになったのは、彼の子供が、胎児の時にお母さんが牛乳をせっせと飲んだせいか、身体が弱いこと。

つまり、こんな世界で生きているってわけだ、ということを再確認したフォーラムでした。

早い話し、癌になるのはちょっとの放射能で十分だってこと。広島でも長崎でも10年くらい経ってから癌で人が亡くなったってこと。これからどんどん人が亡くなっていく。それは放射能のせいかもしれないし、違うかもしれない。だけど、核の傷からはだれも自由ではない。

最近友達がガイガーカウンターを貸してくれた。
うちはだいたい0.12~0.14マイクロ。大阪の実家では、0.09マイクロだった。広島は自然放射線が高いところだからかもしれないし、この辺りは黒い雨の大雨地域だからかもしれません。

大阪在住の人が雨が降ると線量が上がるとミクシーで書いておられたので、雨降りで変わるか気にしてるのですが、まだ雨が降りません。やれやれ、まったくとんだ世の中を生きているもんです。

関連記事
「放射能汚染と医療」@神戸5月13日 小出裕章さん篇
「放射能汚染と医療」@神戸5月13日 郷地秀夫さん編

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

今日も、読みながら考えさせられてしまいました。
泥の船、そうですね。確かに。

私の周囲の人たちは、放射能のことに関して切実でないので
とても残念です。

Re: No title

> hiroさん
そうですよねえ。考えても、色々苦労して知識を得ても、良い話しは何もないんですよ。わたしは知らずに「そんなこと知らんかった」と終わりたくないのですが、多くの人は知ったところでどうしようもないことなど、知りたくもないのでしょう。そちらのほうがきっと利口なんだと思います。

No title

この集会の情報は他では見つかりませんでした。本当にありがとうございます。
ぺんぎんさんのまとめかたは 秀逸でいつもながら感服して読ませていただいております。
スーと記憶のひだに入ってくる 温かい文章で相当おそろしいことなのに 冷静に拝読することができます。 今後とも お料理のこともふくめて このような貴重なことも教えてください。

Re: No title

> ヒロ湖さん
お褒め頂きありがとう存じます。
ちょっと敬語の言葉の使い方ヘンですよ、いっちゃん。

えっ?てっきりいっちゃんの奥様が書いておられるのかと思ってました。
あの「非常識まとめ」にも投稿されてたし。

Re: タイトルなし

>お松さん
謎なんですよ。謎の湖。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)