怒濤のベンガル料理教室。その1

今日は楽しい料理教室。それも、いつもの教室じゃない。首都圏から4名、大阪から1名、山口県から1名という遠方の方が有給休暇を使って、ホテルに宿泊して、3日連続でぺんぎんの台所まで料理を習いにくる。それも、ベンガル料理。

ベンガル料理を2回続けてやるなんてことは、そういえば、1度友達の編集者に頼まれて教えたことがあったっけ。

折角だから、スパイスも少ないシンプルな料理から始める。
インド料理といえば、玉葱を茶色になるまで何時間も炒めたり、スパイスをたくさん使ったり、と思われるかもしれないけれど、家庭料理はシンプル。そして、そんな家庭料理がどれほど美味しいか、そんな料理はあちらのお料理上手なお宅と家族同然の仲良しさんにならないと食べられない、貴重なお料理。たぶんレシピの検索も出来ないし、レシピを見たところでおいしいカレーが出来るとは思わないだろう。

楽しいじゃないか、食べてもらおうじゃないか。そして、バングラデシュの人が日頃どんなおいしいものを食べているのか、ビックリしてもらおうじゃないのさ。

というわけで、簡単な材料で、簡単な手順で作ったお料理、ご覧頂きましょう。

IMG_3521.jpg

今日のために揃えたお皿。お料理映えるかしら。

まず、キチュリ。キチャリなる表記も見かけるが、ベンガル語ではキチュリ。こっちのほうが語感もいいでしょ。
これは、野菜がいっぱい入った豆入りの炊き込みご飯。水加減も適当にちょっと緩めに炊いたご飯。ご飯が柔らかいから、お腹に優しい。野菜がいっぱい入ってるから、これだけでお弁当になる。わたしの好きなベンガル料理ベスト3の一員。
ちょっと写真で見てもおいしくなさそうかな?でも食べたらおいしいんだな、これが。

IMG_3517.jpg

これにツルムラサキ炒めを。

IMG_3518.jpg

わたし大好きベグンバジ(ベンガル揚げナス)。
IMG_3519.jpg
わたしはベグンシャヘバ(ナス奥様)と言われるほどのナス好きで通っている。今日来て下さった方の多くがナス好きだったことには驚いた。コレは嬉しい、みなさんもわざわざ広島まで出向いて下さったかいがあるというものです。ナス好きのわたしが作るベグンバジはナス好きにはたまらない料理です。今日は丸ナスがあったので、もう最高だった、ナスが。

IMG_3520.jpg

ベンガルサラダ。お口サッパリするので合間につまみます。

盛りつけたらこんな感じ。
IMG_3522.jpg
これを右手でご飯とおかずを混ぜながら1口大の大きさにこね上げて、ぱくっと食べると、なんとも美味しい。手で食べるほうが絶対おいしい。

食後、デカフェを持って来て下さった方がいたので、ドリップして皆さんで食後に頂きました。デカフェなのに、きちんと深煎りの美味しいコーヒー、こんなデカフェの豆があるなんて、いいなぁ。

今日は時々雷雨がある不安定なお天気だったけど、皆さんがいらっしゃる時間には暑いくらいの晴天で、雨に遭わなくて良かったです。

今日のお料理、いかがでしたか?ご自宅でも試して頂けるでしょうか?お弁当のおかずに加えて頂けるでしょうか?気分がシャッキリしない時、嫌なことや落ち込むようなことがあった時にこんなお料理でハートが元気になってくれると嬉しいです。

明日はもう少し使うスパイスを増やしてもうちょっと複雑な料理にしますが、一般的に知られているインド料理とは比較にならないくらいシンプルなお料理です。ご飯は香り米の玄米を炊くので、食べ過ぎないようにご注意くださいね。

明日もまた駅前の駐車場でお待ちしております。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿