怒濤のベンガル料理教室。その2

今日も楽しい料理教室。今日はベンガル料理のその2をやります。
昨日のベンガル料理では、生姜を使わなかったし、スパイスも4種類だけ。今日はスパイスの種類をもう少し増やして、ちょっとマサラ(グレイビー)のようなものを作る料理もやってみるけれど、やっぱりすごくシンプルな作り方のお料理です。

では、いってみましょう。

IMG_3524.jpg

まずは、ミックスベジタブルのドライカレー。ニラミーシュといいます。これにはパーンチホロンというベンガル特有のミックススパイスを使います。野菜だけでこんなにおいしくなるのはどうしてかよくわかりません。

IMG_3526.jpg

オクラのマスタード煮(デローシュ・ショリッシャ)これもベンガルらしい料理。玉葱もニンニクも使わないの。

IMG_3528.jpg

ベンガル人が芥子を扱うと、不思議と芥子の苦さが出ない。でも入れすぎると苦くなるんだけど、絶妙な塩梅があるのよ。これからオクラがたくさん出回るから、また作ろう。

IMG_3525.jpg

チキンとジャガイモのカレー。星の数ほどチキンとジャガイモのカレーのレシピはあるけれど、このレシピはとってもシンプルな作り方。こんなに簡単に作ってもおいしい料理になるところを食べてもらいたかったのです。

IMG_3527.jpg
ベンガル料理というなら、というか、南アジアの料理を作る人には、ダルスープも覚えてほしい。こんなに簡単に作るのに、複雑な味わいになるのが不思議なのです。たぶん作り方を聞いただけだとおいしい料理になるとは思えなくて、作らないだろうな、という料理。やっぱり料理は実習と試食が大事だな、と思うのです。

さて、プレートはこんな風になります。

IMG_3529.jpg

これにサラダを加えたら、もうたいへんなご馳走です。

どれもこれも、これ以上シンプルに作りようがない、という料理をご紹介しました。召し上がってくれた方は「明日早速作る」とか、「早く帰って作りたい」と言って下さいました。

もっと複雑な料理を作ることも出来るけれど、せっかく遠くからわざわざ来て下さるのだから、本当に基本的なところばかりをお伝えしました。だって、基本を習えばアレンジは自在にできるし、お店の料理を食べたとき、その料理がどういう組み立てになっているのか分かるもの。

今日は夜にみなさんでアラメゾンで「お野菜たっぷりコース」を予約して女子会をしてきました。
さて、もう1日。明日はいよいよパンです。ちゃんと膨らむか、ドキドキです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

関連記事

コメント

No title

旨いし楽しいだろうなあ。(よだれ

Re: No title

>食わせろさん
うふふ。うふふふ〜。

No title

すごい豪華な内容の3日間だなあー。(同じくヨダレ。

多分このぺんぎん料理教室というのは、単に教わって出来た料理をいただくというありきたりなもんやないような気がする。ぺんぎんさんの人生もスパイスの一つなんやろなぁ。

Re: No title

> くまふみさん
お返事遅くなりました。ほんと豪華な3日間でした。次回はくまふみさんもダーリンのマイルで是非〜。

>お松さん
わたしの人生のスパイスですか?しぱいす?しっぱいす?

コメントの投稿