FC2ブログ

「毛のない生活」

今日はもう金曜日だから、怒濤の夏期講習からちょうど一週間が経った。

御参加下さった方のお一人は最近エッセイを出版なさった方で、そのエッセイも乳がんと闘病、そしてその後のことを綴ったもの。
「読んでみます」というと「送りますよ」とおっしゃって、本当に送って下さった。
その日のうちにすぐ読んだ。


毛のない生活毛のない生活
(2012/02/17)
山口ミルコ

商品詳細を見る


編集者としてバリバリと音を立てるように働いていた著者が、わたしには理由はよくわからないけれど、体調不良などで会社を辞めたら乳がんがみつかる。
手術→放射線→抗がん剤と、フルコースで乳がんの治療をする。

癌の闘病記なんだけれど、痛々しくない。痛々しくないけれど、どんなことをされて、どんな風になるのかよくわかる。治療の前に何を食べたらいいかとか、そんなことまで分かるから、これから癌の治療が必要な人にはプラクティカルなガイド本にもなるだろう。しかも、著者のミルコさんはピンシャンして、社会復帰しているのだもの。

わたしは食養生の勉強を趣味にしているけれど、色んなことを知れば知るほど、西洋医学を拒否して自然治療を貫くのは厳しいと感じている。だから、自分の身の上に起こったことならともかく、人の身の上の癌について、「抗がん剤は止めた方が良いよ」とだんだん言えなくなっている。

3年くらい前は、窓辺に棚を作って、麦若葉を育てて、青汁を絞って朝昼晩ワンショットづつ飲んで、という生活をずーと続けたら癌なんか消える。青汁断食が無理なら甲田療法の生菜食をやればいい。死ぬ気になったら何でも出来る!くらいのことを真面目に考えてたし、自分ならそうするし、だれだって本気になったら出来ると思っていた。

だけど、断食、少食、生菜食など色々やっているうちに、食事のコントロールだけで身体を作り替えるというのもものすごく身体に、心に負担を掛けることだ、ということを知るようになった。自分の身体なら「もっとがんんばらなくっちゃ」とか「この辺でやめておこう」と判断も出来るけれど、人の身体のことを「根性を出せ!もっと頑張れ」とは言えない。

この本を読んでいたら、悪名高い抗がん剤治療はまるで断食療法と同じじゃないか、と思えてくるから不思議だ。断食だって長期にやると髪が抜けるし、身体もヨレヨレのボロボロになる。抗がん剤も身体には猛毒だろうけれど、自然治療や断食だってはやり身体にものすごい負担だ。

そして、どちらも治るという保証はないけれど、すくなくとも西洋医学のお世話になった時には「手を尽くしたけれどダメでした」と”国家資格保持者”が保証してくれるから、どこからもクレームが出ないが、自然治療や民間療法で治らなかった場合は「あんなことするからだ、きちんと医者に行かないからだ」と色んな方面から突き上げがくるのは目に見えてるし、なにより本人が本当に納得できるかどうか、それが大問題だ。

著者は西洋医学と平行して食事療法や野口整体などを始める。食事療法をするということは、生活全般をすっかり変えるということだ。食べ物が変わったら心の動きも変わる。そして薬の副作用も楽だという。

わたしは西洋医学を選択するのは生活を変えたくない、または変える必要がないからだと、この本を読むまで思っていた。だけど、西洋医学に加えて食事療法はとても有効だって、考えてみたら当たり前なことだけれど目からウロコが落ちる思いがした。

これならば極端な食事療法をせずに、西洋医学も否定せずに、西洋医学で弱った身体を食事療法で守ることが出来るじゃないか。趣味の食事療法は無駄にならないじゃないか。

結局、著者は予定されていた抗がん剤治療を途中で切り上げた。これはまさに霊感としか言いようがないヒラメキによるもので、抗がん剤治療を始めたタイミングも止めるタイミングもその時でなければいけなかったという。

西洋医学に頼るとはいっても、主導権は常に自分が持っていることが大事だと教えられる。

わたしは人生の早い時期に社会のレールからスッポリと外れ、ナニモノでもない生活が長いから、闘病と同じぐらいの比重でこの本のテーマになっている職業人としての葛藤は、「はぁ、そんなもんですか」としか思わないけれど、バリバリ働いている人や独立を考えている人にはきっと参考になるだろう。

これはとても貴重な自然療法と西洋医学を合体させてた癌の闘病記だと思ったのでした。

IMG_3523.jpg
ミルコさんがお土産に持って来て下さったミルコスペシャルのデカフェ。さすがにバリキャリでおいしいものをたっぷりご存知の方のコーヒー。デカフェだけど焙煎がしっかりされていて、コーヒーとして普通に美味しい。

ミルコさん、ありがとうございました。
どうかごご無理なさらずに、ますますのご活躍お祈りしております。

怒濤の料理教室の記事はこちら
怒濤のベンガル料理教室。その1


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿