機織り再び

先週は色々行事が多くて、経糸の準備までしたものの、緯を入れるまでの練り込みが出来なくて、昨日からやっと織りはじめた。

一応イメージがあって、これとあれでこーなるから、、、たぶんいけるはず!と思って準備をするのだけれど、実際に経を張って緯を入れて数センチ織ってみないとわからないことが多い。

織っては解き、また糸を変えて織ってみて、組織を変えて織ってみて、やっと納得のいくものが出来て、織りはじめたらまあ2日くらいで織れてしまう。

織りながら次に織るものも考えるのだけど、色々思いついて、何から手をつけるべきか、また結局糸を並べてふぅむ、と考えることになる。

ちゃんと計画を持って作ればいいんだろうけれど、どんどん気が変わって計画的に出来ない性格だし、計画したところで、緯を入れてみたら思ってるのと全然違って可愛くなかったりするのだから、やっぱり計画なんかできない。

IMG_3762.jpg

これ、なんだと思いますか?
去年の3月11日の震災で割れたツル首花器だそうです。
金繕いで再生させてあるの。まぁ、見事に割れるものですが、これだけ割れてたらジグソーパズルみたいです。
わたしがいつもお世話になっているギャラリーで「蘇る器:再生の美’12」平澤白水先生の個展が10月27日から11月4日まで開催されます。

白水先生のHPはこちら→平澤流金繕い
ブログはこちら→たかが職人の戯れ言ですが・・・
2011年7月28日にこの花器の写真があります。

白水先生の展覧会はいつも自分の作品展の直前なので、行けなくて残念ですが、盛況お祈りしております。いや、わたしがわざわざお祈りしなくても、押すな押すなの大盛況なんですけど。

わたしもラストミニッツ!制作がんばりま〜す。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

関連記事

コメント

コメントの投稿