ロルフィングに通ってるの。

友達の静さんとうどんを食べていたら、彼女がうどんを食べながら
静:「ねえ、ぺんぎんさんは何でもよく知ってるから、ちょっと聞くけど・・・」と話しはじめた。
ぺ:「知ってる事しか知らないよ。」
静:「ロルフィングって知ってる?」
ぺ:「なんかボディーワークでしょ?フェルデンクライスメソッドとか、アレキサンダーなんとかとか、そんなヤツじゃなかったっけ?」
静:「そうそう。今それに行ってるのよ〜」

静さんは名前と違って良くしゃべる、というか、しゃべりだしたら止まらないで、微に入り際に穿って、とても詳細にお話ししてくれる人です。

わたしはただほーほー、と聞きながら、時々、それってマッサージとは違うの?とか、指圧とも違うの?などと質問を挟むくらいしか出来ない。
ロルフィングというのは、筋膜に働きかけて、身体をもとあったカタチに戻すボディーワークで、ロルフィング的からだの使い方も指導されて、疲れないからだを作るのを手伝ってくれる、そんなボディーワーク。

ロルフィングを作ったロルフさんという人が始めたものだけど、その人は生化学やら原子物理やらの勉強をした科学者だったらしい。西式健康法の西勝造さんは工学の人で、身体を構造として考えると合理的なボディーワークに行き着くのかな?と思う。

ロルフィングについては、こちらをご参照ください。→wikiへリンク

わたしがロルフィングについて知ったのは20年くらい前で、施術を受けられるところなどほとんどなかったので、すっかり忘れていたのだけれど、なんと、広島でロルフィングとは恐れ入った。静さんは能の本からロルフィングを知って興味を持って受けてみたのだそうだ。

話しを聞いているうちに、わたしも筋膜を伸ばしてもらいたくなり、翌日早速に予約を入れて、お試しだけのつもりが一度目の施術を受けて帰って来た。

確かにこれは、マッサージとは違うけど、やってもらうのはマッサージみたい。でも違う。だけど、身体はユルユルになる。ふわ〜っとねむくなって意識が朦朧としてきたころに、動作に合わせて息を吸って、肋骨を1本ずつ立てろとか、難しい注文を受ける。

身体のことを言葉で説明してくれて、自分の受ける感じを言葉で説明しないといけないので、相当に難しいから、「めんどくさい事はいいからとにかく楽にして頂戴!」という人には向かない。
自分の身体をもっと意識して、姿勢も歩き方もなおそう!という人でないとむいてない。

不思議なことに、10回のワークで終わってしまって、その後何年も効果が持続するという。

わたしはワークの後にひどく眠くなるくらいで、腰が痛くなったり、背中が痛くなったり。これは今根詰めて機織りをやっているせいかもしれないし、歯の装置が外れて噛み合わせが変わっているので身体のバランスが変わっているからかもしれないけれど、ロルフィングに行かないと気持ち悪いので、定期的に通うようになった。

劇的に腰痛が治った!とか言えないのは残念なんだけど、ロルフィングの後の、グダグダに身体が緩んで寝てしまう、あの感じは他にない。強いて言えば、活元運動の後のユルユルに一番似てる。

静さんのほうは、朝起きた時に身体がギクシャクしているのだけど、それがなくなって、朝から身体がスルスル動くとか、スネの湿疹が消えたとか、色々ミラクルな話しをしてくれます。

わたしの身体はなかなか頑固なのかもしれないなぁ、もっと柔軟で自由な人になりたいのだけれど。ロルフィングで歩き方は確かに変わってきたようで、腰に衝撃が来なくなったような気がします。
今6回目のワークが済んで、あと4回を残すのみ。

マッサージだと施術してもらうと気持ち良いし楽になるけれど、また同じ状態に戻ってしまう。ロルフィングはマッサージと違うので、元に戻らないし、ワークの後よりも何日か経ってからのほうが効果が表れるし、歩く事でワークの効果を統合するんだそうで、わたしはクラブに行って歩いても前に進まない機会の上で大腰筋歩き(大腰筋を意識した歩き方)をしながら肋骨を開いたり閉じたりする呼吸をする練習をしている。

広島ではロルファーさんは1人しかいらっしゃらないけれど、選択肢のあるところだったら、お試しワークをいくつかのところで受けてみて、波長の合うロルファーさんに施術してもらうといい。

というわけで、ビビビ!っと来た方、結構いろんなところに施術してくれるところがあるので、調べてみて下さい。
セッションは、たいてい90分くらいで、料金は一万円から2万円くらいまでのようです。場所柄とか、自宅か場所を借りてるか、などで違うようです。

ロルフィング協会
ストラクチュラル・インテグレーション施術者一覧

ストラクチュラルなんたら(以下、SI)、というのは、ロルフさんが自分の技術を呼んでいた名称だそうで、SIの施術者の方は「うちのほうが元のやり方」なんだそうですが、そんなことよりも通いやすいところにある気の合う先生のほうが大事です。

施術は、下着のような格好がいいのですが、わたしは先生が男性なので、水着のパンツと、ブラキャミ(必要に応じて腹を出す)という姿です。相手が女性だったら下着でやってもらうところなんだけど。

個展の前で街まで出掛けて半日掛かるような用事なんか入れてる場合じゃないんだけれど、こんな時だからこそ身体の手入れをするのが大事!というか、気分転換?

そんな、いきなり施術まではいけないけど、なんか自分で出来ないの?という方はこんな本があります。


ゆるめてリセット ロルフィング教室―一日7分!体を芯からラクにするボディワークゆるめてリセット ロルフィング教室―一日7分!体を芯からラクにするボディワーク
(2006/12)
安田 登

商品詳細を見る


毎回写真を撮ってくれて、最初との違いを見せてくれるんだけど・・・髪がどんどん伸びてるとか、デブになったな、とか、すっかりおばはんやな、とか、そんなことばかりが目に付きます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

こんにちは
広島のロルフィング、関心があって どうしようか迷っていたのですが
ぺんぎんさんの 記載、感謝です。

施術時が下着姿に近いということが、一番気がかりなところです。



Re: No title

>hiroさん、こんにちは。
施術姿ですが、わたしは太ももの付け根まであるセパレートの水着の下をはいてますが、トランクスとか短パンで良いと思います。お尻も施術するので、生地がゴワゴワしてるのはきっとやりにくいと思うけど。
友達の静さんは下着姿みたいです。上はブラだって言ってたような・・・
今はまだそれほど知られてないので、予約が取りやすいのもナイスです。

先生、いい人ですよ〜。是非一度トライアルに行かれて下さい。

ロルフィング

こんにちは
トライアル行きました。

自分自身の緊張が高くならない服装で構わないと言われたのが、決断の理由。

そして、トライアルを受けて、私には合うと実感できたので、
継続することにしました。

感謝。

Re: ロルフィング

> hiroさん
お返事遅くなりました。

回を重ねるとほんとに身体が変わる感じが、鈍いわたしでもわかるような気がします。また感想などお聞かせ下さいね〜。

No title

はじめまして。
海外在住なのですが、現在私もロルフィング通っています。
まだ2回目を終えたところなのですが、ロルフィングすごい!と感動してます。
色々変わったと感じるんですが、思いがけずのうれしい効果は、
2回目後一気に足が細くなったことです。(特にひざ上)
ロルファーの方いわく、太ってたわけではなく、むくんでいただけだと。
もう何年も足が太いことを気にしていたのはなんだったのかと...
夫も一緒に受けているのですが、全く反応が違っていて、
興味深いです。
何かおもしろい発見があったら、またコメントさせていただきますね。


Re: No title

> miyakoさん
コメントありがとうございます。
お連れ合いも一緒だと変化の比較ができて楽しいですね。ふとももが一気に細くなるって・・・羨ましいです。
またお知らせ下さい。わたしは今日7回目のセッションが終わりました。

コメントの投稿