「希望の国」

家の掃除もしないで観に行って来た。

「希望の国」

園子温監督の映画は初めて観る。今までの作品は問題作だし話題作だけど、暴力とセックスの映画はどうも見る気がしないから。

でも、これは公開されたらすぐに観に行こうと思ってた。

舞台は福島事故後の日本の中部地方にある長島県という架空の町。主人公一家の住む家の庭に20キロ圏の杭が打たれて庭のアチラ側は立ち入り禁止になる。お隣さんは犬を置いて避難してしまった。

主人公の家長らしき爺さんは、チェルノブイリ事故の時に原発問題を勉強したらしく、ガイガーカウンターや原発や放射能の本を持っていて、それを嫁に押しつけ、「おまえらは逃げろ、これは命令だ」と渋る息子を追い出すように逃がす。

長島県からさほど遠からぬらしいところで新生活を始める若夫婦の妻は妊娠する。この女性は義父の薫陶を受けて、放射能防護を徹底して子供を守るために防護服を着て外出するため町中の笑い者になるがまったく気にしない。「子供を守るのは当たり前」。

息子は父親に一緒に住もうと説得をするが、爺さんは「オレは心に杭を打たれてしまった」と動かない。

「人生では何度も杭を打たれる。逃げられる杭もあるし、逃げられない杭もある。強いヤツだけが逃げられる。だからお前らは逃げろ。今いるところが安心できないならもっと遠くに逃げろ。」

産婦人科の医者のところに福島での被曝と子供の健康被害の実態を聞きに行った息子は医者から明らかに増えている病気のグラフを見せられる。そして医者は「福島で、今度長島で爆発して、日本中どこに行っても一緒だよ」と言う。「つまり、放射能と仲良くしろってことですか?」。
それまであまり放射能防護に熱心でなかった息子はマスクを買って、もっと遠くに逃げる決心をする。

園監督の他の作品を見てないので、比較出来ないのがちょっと残念だけれど、原発を描いた映画はわりとありきたりな家族愛の映画だった。ご飯を食べたりお茶をすすったりするシーンが多くて、これが日本の日常を表現する方法なのかもしれないけれど、結局究極には個人と個人なんだ、ということなのだろう。

選挙の結果がこうなってしまって、この「長島県」は伊方がボーンとなった広島かもしれないし、上関原発が出来た後に広島かもしれないし、あなたの町かもしれない。老夫婦のように留まるのか、若夫婦のように子供のために新しい土地に移動するのか、心の準備をしておいたほうがいい。

夏八木勲さんの圧倒的なかっこよさ、大谷直子さんの演ずる智恵子(明らかに高村光太郎の妻がモチーフ)の童女のような愛らしさが際立った映画でした。

文中まったく取り上げてないけれど、気仙沼などの津波被災地で撮影されたシーンの数々がすばらしいです。

智恵子がいつも「もうかえろうよ、お家へ帰ろう」と言う。おウチってどこだ?どこへ帰るのか?
わたしも考えよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿