仕事始めはローフード初め。1年の計も一応書いてみる。

今日から夫もお弁当を持参で会社に出掛けていった。さて、わたしも仕事始め。懸案の縫い物やら外れっぱなしになっていたボタン付けなど普段着のメンテナンス。あ、コレ、仕事じゃない?ただの家事?だけどさぁ、こんな事をする余裕がなかったんだもの。
夫の夏のズボンの裾がほつれてたのを縫い直したり、ついでにミシンに油差したり、ボタン探してボタン付けたり。

あ、今日はこんな話しじゃなかった。
夫が弁当を持っていった(夫のお弁当はいつもパンなので、パンは焼いたけど、ご飯は炊いてない)ので、さて、お昼何しよう。2011年の今頃のブログには断食したって書いてある。このブログの主は一体どちらさん?と思うぐらい今のわたしとは違う人。髪型も、服のサイズも違う。体重も5キロほど少ない。

2011年の3月で世界が変わっちゃった人は少なくないと思います。わたしなど、地面も揺れてないし、放射線の線量も上がってないところに暮していて、地元の野菜を食べてグリーンコープの肉や魚を食べているから、何にも変化してないのに、世の中変わっちゃった。生活も変わっちゃった。なんだか心の糸のようなものがプッツンと切れて、断食だのローフードだの、西式健康法だの、甲田療法だの、「あら、そんなものもございましたわねぇ」という感じ。
続いているのは平床木枕スイマグ柿茶と朝食抜きの半日断食、時々温冷浴くらい。ローフードはほんの趣味として続いている程度で、青泥飲んでたら料理手抜きでいいや、って感じでまるでアリバイ作りのような青泥だ。

そんなわけで、すっかり断食もしなくなったし、体重もナチュハイ前に戻ってしまった。身体は健康だし、仕事も良く出来るのであまり問題は感じてない。気になるのは太ったことくらいだけれど、デブというほどじゃない。若者の9号からマダムの9号に変わった程度で、ガリガリしていた時に着ていた服は着れないけれど、大人のお洋服は中学生のような体型には似合わないので、程よく肉がついていたほうがいい。

睡眠時間はちょっと長くなったように思う。甲田療法関連のことを熱心にやってた頃は睡眠時間が2時間くらい少なかった。でも起きてる時間に二時間分仕事が出来て偉大な業績があったか?といえば・・・ネット見てるだけだったりするわけで・・・それは生菜食じゃなくて、わたしの問題か。

というわけで、今年は3キロ程度落としてみよう、という1年の計を立ててみた。
食養生に熱中しすぎて以前のように本業に障ってはいけないので、ほどほどの食養と仕事のワーク・フード・バランスはこのくらいかな?ということで3キロ。5キロ減ったら中学生みたいな体型になってしまうからまたお洋服が着れなくなる。

ローフード初めは
IMG_4004.jpg

なんちゃって青泥と菊の助さんの人参シュレッド。人参シュレッドを食べるために久しぶりにナッツマヨを作った。なんちゃって青泥というのは、冷凍マンゴー、リンゴ、蜜柑などが入っていて、塩抜き。青山のSkyHighで頂いた青泥が美味しかったので、あんな感じの甘すぎず、酸っぱすぎず、青すぎない、というバランスの青泥ばかり作っている。マンゴー、柿、パパイヤ、ドラゴンフルーツなど、スムージーにとろみが付く材料が入るとぐっと舌触りが良くて美味しくなる。

菊の助さんの人参は、人参くささが全く無い。かといって、まな板がオレンジになるほど色が濃いわけでもない。繊維も柔らかい、とても優しい人参でした。葉っぱがないのが残念。

夜には、菊の助さんが送ってくれた青梗菜と小松菜の掛け合わせのような青菜を炒めたけれど、菜っ葉から水がちょっとしか出なくて驚きました。ちゃんと作ってる野菜って違うんだよな、と改めて思うのでした。

菊さま人参、あと二本あるんだ〜。料理するのはもったいないから生で食べるんだ〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿