FC2ブログ

病院にお見舞い行って、友達夫婦とブラジル料理。day9

昨日の夕方から秋の長雨みたいな雨。シトシト降るのだけれど、春の雨みたいに遠慮がちじゃなくて粒が大きい感じ。雪になるかと思ったけれど、朝になってもシトシト降っていたが、それも昼前には止んでくれた。まわりの山は雪化粧。
昨日から今後の在宅ケアのために緩和ケア病棟に入院した友達を見舞いに出掛ける。彼の好きな甘いものを買って、「こんちわ〜」

緩和ケアの先生は緩和ケアの専門だけあって、薬の調合が違うらしい。鎮痛剤を増やしたら彼は見違えるように元気になって、食欲も戻ったと奥さんのSちゃんから聞いていた。病室の彼はナショナルジオグラフィックを読んでいて、「今までは活字を読む気にもならなかったんだ」と言った。ソファーにはロンリー・プラネットのタイランド(オーストラリア出版の旅行ガイド。こんな事まで書いてあるのか?と思うほど詳しい)が転がっている。

とてもきれいな病院で、部屋は差額ベッド代不要なのに個室。トイレとシャワーもついている。南向きで広いベランダがあって、コンクリむき出しじゃなくて、板が敷いてある。それが広く見えて、「こんなところに入院したら仕事いっぱい出来るで」と夫と話す。

ラウンジに行っておしゃべりしているうちにご飯の時間になるので、部屋に戻って友達がご飯を食べるのに付合う。そうこうするうちにSちゃんもやってくる。寝袋の下に敷くマットを抱えているので、それどーするの?と聞いたら、ベランダで日光浴するのに使うらしい。
入院して、旅行ガイド読みながらベランダで日光浴かぁ。

わたしたちもSちゃんもお昼を食べてないので、4人で近くにあるらしいブラジル料理の店に行ってみることにする。
IMG_4024.jpg

薄く延ばした牛肉をフライにしたものに、トマトソースを塗ってチーズをかけてあるビフカツピザみたいなもの。豆のソースはご飯に掛けて食べるらしいけど、そのままでも食べれるくらいの塩味。ご飯はちょっと味がついていて美味しい。

Sちゃんは魚が良い、と言ったので、こんな料理。
IMG_4023.jpg
さわらみたいな魚に西洋の天ぷら衣をつけて揚げたもの。5切れくらいある。

最後に出てきたのはフェジョアーダ。ソーセージやら豚の耳やらトンソクやらを豆と煮たもの。黒いのは豆の色。
IMG_4028.jpg

キャベツとベーコンを炒めたものやら、麦の粉をスパイスやハーブと一緒に炒ったもの、トマトサルサがついている。

驚いたことに、友達はちょっと食べると言って、結構食べている。
彼は旅人だから、外国の雰囲気が楽しいのだろう。

なんだかお腹の皮がはち切れそうなくらいお腹いっぱい。こんなもん毎日食べてたら太るで。実際みなさん良い体格してらっしゃいます。
お店の人には「全部食べてくれてありがとう」と言われた。日本人は残す人が多いんだろうな、残したら口に合わなかったんじゃないか、と思うのかもしれません。
今度はステーキのセットを頼もう。バーガーも美味しそうだな。

この後Sちゃんたちを病院に送り届けて、買い物したり、お腹いっぱいだからコーヒー飲んだり、運動したりして、家に帰り着いたのは・・・7時過ぎでした。

朝の残りの青泥を食べて、キムチをつまんで、夫はお餅を食べて、わたしもひとつお餅をもらった。
朝から出掛けて、社交して、珍しいもの食べて、たっぷり遊んだのでした。
体重は・・・お昼たくさん食べた割りに増えてはいない。減ってもない。

家に帰ってもお腹が重かったのに、キムチを食べたらすーっと楽になった。発酵&酵素恐るべし!

しかし、入院先で読む本がナショジオとロンプラとは・・・Kちゃん、やっぱりタダものじゃない。わたしたちも見習おう。そして、Kちゃん、またタイに行けるように。きっと。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿