FC2ブログ

温亀deひまし油パック。1日目。

温亀があったら、温熱療法関係の色々が出来ます。
たとえば、三井温熱の代用にして、当ててみて熱いところを集中的に温めるとか、コンニャクなどの温湿布系の代用にしたり、ひどく悪い時には、枇杷の葉温灸もどき、枇杷の葉を敷いて亀を載せて温める、なんて方法も出来ます。

もちろん、使い捨てカイロでも充分代用になるので、亀を買うことを思ったら、使い捨てカイロで相当色々出来るわけですけど、亀はまた格別なものがあります。

そうか、温亀があったらケイシー療法のひまし油パックとかいうのが出来るんじゃないだろうか?と思ってたら、もうすでに亀を使ってひまし油パックをやってる人が何人もいて、色々教えて下さいました。

ちなみに、ひまし油パックについては、こちらこちらをご覧下さい。

めんどくさそうなんですよね、ひまし油パック。ネトネトの油まみれになって、シーツや下着を汚すのもなんだかなぁ、だし、そもそもフランネルをオイルでドボドボにするのもなんだかなぁ・・・オイルも高い。後で重曹を溶かしたお湯で拭き取るのも地味に面倒。

iHerbでも買えるので、オイルとフランネルだけ買って、後は温亀でやればいいから、とりあえず買ってみました。

届いた!
IMG_4114.jpg
小さい瓶は、生姜の精油。テンプルさんのひまし油セットに生姜の精油を垂らすと生姜パックになる、という記述があったので、ついでに買ってみた。

要するに、大きめの布にオイルをタプタプに染込ませて、それを畳んで、右脇腹にべたっと張りつけ、服などが汚れないようにビニールを被せて、タオルを巻いて、ベルトやらゴムやらで固定。上から温める。

ひまし油ってはちみつくらいの粘度のある液体で、最初はなかなか布が吸い込みません。1回目は表面だけで、また油を継ぎ足してやればいいと思います。
温熱パッドや湯たんぽで加温するのは、ひまし油の身体への浸透を良くするためなんだそうで、加温が必須というわけではなさそうです。
(温亀を普段はグルグル巻きにして使っているけれど、ひまし油の時は、温亀の底の部分は布が薄い状態に包み直さないと、フランネルの下まであったかい感じが届きません)

効果は、早い話しが肝臓の毒出しで、怒りの感情なんかも緩和することが期待されるので期待しようと思います。
長期の投薬や酒好きなどで肝臓に負担を掛けている人は試しにやってみると良いかも知れません。日頃お腹いっぱい食べるのが好きな人も肝臓が疲れているので、良いんじゃないかと思います。

腹巻きも買いました。
IMG_4116.jpg
バカボンのパパに変身できる腹巻きなのだ!

フランネルはオーガニックでノンケミカルのもををわざわざ使いますが、温泉のタオルのようなものでも良いそうで、とりあえず、オイルと使い捨てカイロさえあれば出来そうです。

ひまし油は酸化しやすいそうなので、エンバランスの袋を開いたものを用意し、フランネル保存用にもエンバランスの袋を使うことにしました。これは前野菜を入れるのに使っていたけれど、大きさが中途半端なので使わずに置いてあったものです。これで油の酸化対策はバッチリ!

フランネルの入ってた袋に、湿布の時間は1時間かもっと、と書いてありました。但し書きとして、ヒーターを使う場合は眠ってしまわないように、と。ってことは・・・温亀だったら、寝てるうちにどこかに行ってしまうので、朝まで付けててもいいんだ、ということで、ズボラなわたしは1時間半で起きないで、朝までそのまま作戦にすることにします。湿疹などの不具合が出たらまた考えます。

さて、1日目を終わってですが・・・汗をかいた、などという感じはなかったし、夢が変わったってこともなかったけれど、朝方喉がカラカラになっていて、peeの色が濃かったです。柿茶をたくさん飲んでもこの日は1日濃い目の色。量もたくさん!
そして、体重が1キロ以上減ってました。むくみが取れたんでしょう。

分厚いフランネル&タオルの上からいつもの温亀だったので、温亀を乗せている時でもフランネルの下まで熱が届く感じがしなくて、温熱療法にはなってないのですが、その日1日右脇腹の奥のほうがポカポカと暖かい感覚が消えませんでした。

二日目、1時間早く目が覚めて・・・寝るのが好きなので、もっと寝ていたいのに起き出してお湯にソーダを溶かしてお腹を拭いて。この日は日中電気のヒーターだけで過ごしました。やっぱり身体が温かくなるみたいです。朝はやっぱり喉がカラカラでしたから、ひまし油パックをしている時は意識して水分をとらないといけないかもしれません。

めんどくさいけど、しばらく続けてみようと思います。気持ち良いかと言われれば・・・期待したほどじゃなかったかも。

フランネルはカビが生えたり、色がついたり(病気の人は布に色がつくことがあるそうです)、くさくならなければずっと使えるそうです。
お手軽なひまし油パックシートというのもあるようですので、検索してみてください。

また面白い遊びを始めてしまいました。色々と教えて下さった諸先輩方に感謝です!

ほうほう、温亀ってそんな使い方もできるんか?と思った人は、こちらをどうぞ。使い方&購入先は申し込み方法などが懇切丁寧にかいてあります。
温亀の使い方。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿