菊の助さんの言う事はホントだった。

いや〜、菊の助さん、ごめんなさい、イヤミが上手なんて言ったりして・・・

今日は朝から新しいミシンであ〜でもない、こ〜でもない、と温亀袋を縫っておりました。糸掛けがなんだかうまくいかなくて、最初はぜんぜん縫えないでほどいてばっかり。くそ、今度は下糸かい?あれれ、上糸がおかしい。むき〜!

ま、入門のための儀式みたいなもんでしょうか?お昼前くらいにはトラブルもなく、スイスイ、カタカタ。
パワーがあるから、布が4枚重ねの縫い始めでもどんどん縫える。縫い始めの布が針が上下する穴のなかに入り込んで縫えないということがない。紐を縫っても縫い縮みがほとんどない。前のミシンは紐を縫った後に縫い目をしごいたら・・・3センチくらい糸が抜けちゃうなんてことがあったけど。

押さえ金と送り歯がしっかりしてるので、わたしでも真っ直ぐ縫えるような気がする。わたし的にかなり真っ直ぐ縫えている。いや〜、やっぱり良い道具はいいわ。

IMG_4147.jpg


直線を縫っていて途中ジグザグにして、また直線ということが出来るので、職業用ミシン3台分のお値段を出したかいがあったかもしれません。

道具が良くなったからって、縫い物が上手になることとはたいして関係ないけれど、道具が良いと下手でもそれなりに出来るんだということがわかりました。

しかし、困った事に気がついた。今まではミシンがねぇ〜、と言い逃れをしていたのに、これではミシンのせいにはできないんじゃなかろうか?
窮地に陥るんじゃないだろうか?

温亀袋絶賛発売中です。
(リネンの亀さん包み布はあまり枚数がないけど、ちょっと在庫を見てみます。)

今日もぜんぜんローフードじゃないけれど、老眼にむち打って亀さん袋を作るぺんぎんさんを応援しよう!
1日1回クリックしてね!(今日は強引に書いてみました。)
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

すごいー。見た目マシーンという感じですね☆

母の家のは足でガタガタする見た目もちょーレトロな代物です。
良いミシン。買ってあげたいなぁ。。(でも母の方がお金持ちです^^;)

Re: No title

>くまふみさん
お母さんがお使いのミシンは今では大変な貴重品ですよ。うちの母は趣味の洋裁でしたが、足踏みの工業用ミシンを使ってました。きちんと調整、メンテナンスしていたら、電動ミシンみたいに頭のすぐ横でモーターが回って電磁波に被曝しないし、音だって静かだからストレスにならないし、断然今お使いのミシンのほうがいいですよ。

わたし、家の引っ越しが落ち着いて、ミシンを貰おうと思ってたら・・・もう処分した後だったのが悔やまれます。あ〜、捨てるなって言っておけばよかった。

No title

予想以上、期待以上の、いい道具のようですなあ^^(菊^――^菊)
チェンソーでも、家庭用と業務用では全然違います。
プロなら、家庭用でも何とか大きな木を切り倒せますが、素人は業務用を使わないと大きな木を切り倒すのは難しいです。
直線縫いとジグザグ縫いが自由自在に切り替えられるなんて、凄いことなんでしょうなあ。余計な機能を省いて、基本的な仕事をタフにこなす機械こそ業務用なんですね^^
一生物の機械に巡り会って良かった良かった^^(菊^――^菊)

Re: No title

>菊さま〜。
チェーンソーに家庭用なんてあるんですか@@

ミシンは基本女性が使う機械だから、とても簡単に使えるようになってるんですが、20年くらい前から、家庭用ミシンは糸案内も簡単。メンテナンスフリー。注油もしなくていい。なんて風に進化しちゃって、肝心の縫う事が疎かになっていたように感じます。

縫製のプロが使う工業用とか、職業用ミシンというものは、直線縫い専門のミシンで、余分な機能がついてない代わりに調整とメンテナンスをすると何十年もバリバリ使えるんです。だから縫製の仕事している方は直線縫い専門ミシンをお使いなんですよ。縫う量が決定的に違うんでしょうね。

家庭用のミシンはロックミシンを持たなくても良いようにジグザグやら何やら(値段に応じて)ちょこっとついてるんです。わたしが今回買ったものは、キルティングなどのクラフトをする人がよく使うもののようで、余分な機能満載で、刺繍マシンを買い足してミシン刺繍をさせる事も出来るんです。

わたしの使い方ならば、このミシンは一生物になると思います。(壊さなければ)

コメントの投稿