温亀を使い始めてから明け方おトイレに行かなくなった!

昨日の料理教室で、一週間前に温亀を買って使い始めたという生徒さんの話題で大騒ぎになった。(ちょっと大げさ?)
ウチの生徒さんなのに、どーして値上げ前に買わなかったの?という気がしなくはないけれど、彼女は使い始めて驚いたらしい。

「いつもね、明け方かならずトイレに起きていたのに、温亀を使い始めて4日目から朝までグッスリ眠るようになったんですよ〜、ビックリしました!」

ええ〜、それはすごいですね。明け方起きるの嫌ですよね、冬は寒いからギリギリまで布団の中で我慢しちゃうし、トイレから戻って来たら身体が冷えて寝られないし・・・

「そんなことないです、すぐまた寝てたんですけど、起きなくなっただけでも良いですよ〜。買って良かったです!」

そーなんや、そんなに値打ちがあったんや。。。

彼女はわたしと同じ歳で、わたしと違ってナチュハイをちゃんと続けていて、お肌ピカピカ。ほんとにきれいな人なのです。

温亀の基本的な使い方って、早い話しが湯たんぽの代用なのですが、湯たんぽとの違いはお腹に乗せていても足の先までポカポカになるところ。これは冷えがうんとキツい人には適応しませんので、そんな方は足とお腹のダブル温亀または、足元は湯たんぽがいいかもしれません。
身体の弱っている方には、1.5キロほどもある温亀をお腹に乗せているのは重くて辛い場合もあるかもしれませんから、そんな方はお腹に乗せるよりも足もとを温めたり膝の下を温めるのが良いかもしれません。

使ってもらえばすぐに温亀は湯たんぽとは違うものだということが分かると思います。冷えからくる色々な不快感や不調(頻尿もそのひとつ)をお持ちの方には頼もしい助っ人になると思います。

温亀を寝る前にウチの500ワットのレンジで5分チン(室温によっても加熱時間が違います。10℃以下の時は5分30秒くらいチンします)して、即抱きしめて布団に誘って、腕に抱えて朝まで眠ると・・・朝にもまだほんのりぬくもりが残っていて、わたしはホカホカになります。
寝入るまでにソケイ部、腸骨、みぞおちなどその日に温めて気持ちのいいところを温めています。身体が弱ってる時は朝まで身体の上に乗ってるので不思議です。

なんたって、わたし、今年はしもやけにならないんですもの。温亀2年目の他のユーザーさんは、風邪を引いてもすぐ治る、という方もおられます。これも身体が温まるからなんじゃないかしら?

温亀が出す不思議な熱線についてはこちらをお読み下さい。
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。最終回 温亀の素材の不思議。

九漢さんの物語り連載にとても感動してくれた生徒さんもいて嬉しいです。わたしもかなりがんばって書きました!
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。その1 青春 順番に5回まで読めるようになってます。

温亀の使い方はこちら
On Kame(温亀)さんの使い方

温亀のご購入は作者金九漢さんとは20年来のお付き合い、ギャラリー・ガラージュ・ベーのホームページをご覧の上、必要事項を記入してガラージュ・ベーまでメールを送って下さい。
ガラージュ・ベー・ホームページ
ぺんぎんさんのブログで見た、と言って頂くと話しが早いし、優先的に発送してくれるかもしれません。

温亀袋はギャラリーでも取り扱いがありますが、ぺんぎんさんは相変わらず温亀袋セットを制作販売しています。温亀が包まれたい布、亀さんが入りたいような布で作っているので、右下のメールフォームからお問い合わせください。

IMG_4167.jpg

亀さん包み布、リネンの手織り作品。これは藍染めの糸を使用。4500円
亀さん袋   これはバングラデシュのショールから作ったもの。3500円
亀さんの底を包むタオル付き。袋は色々あるので選んで頂けます。

ご興味のある方は、右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。写真の画像が受け取れるメルアド、パソコンアドレスを受信するメルアドをお知らせ下さいね。お名前もお願いします。もちろん、わたしも名乗ります。

温亀の話題はローフードじゃないけれど、と〜ってもオーガニックなので、1日1回クリックしてね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

温亀

初めまして。温亀ユーザー一年目です。こちらのブログを読むうちに、興味津々となり、家族の分も含めて購入しました。最初の頃は加熱具合や包み加減が分からず充分な効果を実感できませんでした。しかし今となっては夜は勿論、不調時は会社へも抱えて行く程のヘビーユーザーです。家族も不審顔だったのがあの暖かさが癖になった模様で、お休み支度タイムには我さきにとレンジへ。昼間デスクワーク時に半日程、下腹部へ抱いておりますと、腸がグルグル動き出し排泄が促されます。更には寒いオフィスで一人、頬を染めるほどに芯からポカポカしてきます。まるで風呂上がりみたいな顔です。そんな感じで使い心地には大変満足しております。所で質問なのですが、この亀様は耐久年数はどれくらいなのでしょうか。お値段もそれなりですし日に日に愛着がわきまして、生涯の伴侶としたいと思っています。落として割れたりしなければ永く使えそうな気もしますが、いかがなものでしょうか。初めてで、不躾に質問などと失礼とは存じますが、教えて頂けますと助かります。

Re: 温亀

> タカさん
コメントありがとうございます。
お休みタイムにレンジがラッシュって・・・そうですよねえ。

さて、ご質問の温亀の耐久年数ですが、わたしも1人のユーザーなのでお答えして良いものやどうや、定かではございません。わたしの観察では、温亀もせいぜい3歳か4歳くらいですので、どうなんでしょうか・・・

わたしが使っていて思うのは、直火のほうが亀は長持ちすると思います。
レンジを使うと中から膨張します。チンの後によく見ると細くヒビが入っています。これは冷めている時は閉じるのでわかりません。

ただ、レンジのほうがお手軽で火傷の心配がないことと、あの“内部がマグマのようになっている”という、中から放射する熱の効果とで、ガラージュベーではレンジでの加熱を推奨しているのだと思います。
しかし、レンチン法が発明されたのは、わたしのブログの追記があるころのことで、もともとは直火で焼いて使っていたのです。(これは、タオルが焼けたり、焼き過ぎて包めなかったり、面倒がたくさん。レンチン法によって温亀はブレイクしたとも言えます。)

というわけで、レンジで使っていてもヒビが大きくなるようなことはないと思いますが、衝撃には弱くなるのは仕方がないことと思います。

余談ですが、3個の亀を使っておられる方からお聞きしたのですが、同じ時間チンしても個性があって、熱くて触れないほど熱くなる子もいれば、ちょうど良い温度になる子もいるそうで、個性があるようです。

というわけで、耐久年数は・・・落下などの強い衝撃を受けて割れるまでは大丈夫だと思います。思いますとしかお答え出来なくてごめんなさい。わたしもまだ2年目だし、そもそも亀は3歳で、一番年長のガラージュベーの亀もまだまだ現役で活躍しています。

仮に亀が割れたとしても、脱臭剤、電磁波防止、静電気防止、水の浄化、大きさによっては温亀と同じように温石として使うことは可能だと思います。

日本で一番最初に温亀を使い始めたガラージュベーでもヘビーユーズしてますよ。お客さんに抱かせたり、スタッフが抱いていたりと、朝から晩まで大活躍しているようです。

個人的には亀が割れることよりも、温亀につまづいて怪我するほうが心配です。

というわけで、お返事になっていますでしょうか?また分からないことなどあったら、ご質問ください。温亀の寿命について、わたしもGBに聞いてみます。

了解いたしました

早々にお返事ありがとうございます。
なるほど、落下を避ければかなりの年数、寝床を共にできそうですね。
割れても色々な使い方があり、安心しました。
いずれにしても、大切に大切に扱うに越したことはありませんよね。
就寝時には下腹部へ乗せ、起床時はパジャマのズボンの中に入っています。冷めてくると無意識に肌に近いところへ抱き寄せるようです。自分の体温でもかなり温もりが持続するようで、冷え切ることはありません。ぬるめの亀も、誠に心地よいものです。
いろいろとありがとうございました。これからも楽しみに拝見させていただきます。

No title

はじめまして。
クミコと申します。
ぺんぎん様のブログで温亀の事を知り、
先月、思い切って購入しました。

極度の冷え性なので、温亀+湯たんぽの2段構えです。
今までは、夜に2~3回はトイレに起きてしまってたのですが、
温亀さんと寝るようになってからは、1回起きるだけになりました。
本当に、ありがたいです。

ホコホコ温かい亀さんを抱いて眠るのが、
毎日の楽しみになっています。

暖かい季節になっても、冷房で身体が冷えるので
温亀さんには1年中お世話になりそうです。

No title

鶴は先年、亀は万年です。
粉々にならない限り、温亀のエネルギーはいつまでも続きます!

Re: 了解いたしました

> takaさん(前はカタカナで書いてしまって失礼しました。)

はいはい、乱暴なことしなければ千代に八千代にお供してくれますよ。だいたい足の上に落としたりしたらエラいことですから、お取り扱いは気をつけて下さいね。

そういえば、わたしも去年は風邪気味で身体がひどく冷えてる時に夜中の三時頃寒くて起きて3分くらいチンして温め直したしたことがありました。

わたしはいつも朝になったら身体の横でゴロンと転がってますが抱き寄せると、冷えきってないですね。5時くらいだったらまだ熱がしっかり残ってます。

takaさんの亀は寂しがりやなのかな?

>クミコさん
コメントありがとうございます。
冬の夜中にトイレに起きるのは辛いですよねえ。
http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-629.html
の記事も参考にしてみてください。朝までぐっすり眠れますように。
亀さん抱いていたら、冷たい布団に入るのもそれほど苦痛じゃなくなりますよね。わたしは今年の冬は寝室の暖房も例年の半分にして電気代節約しています。

夏の冷房用に会社で温亀使ってらっしゃる方いらっしゃいますよ。亀さんはそばに置いておくだけでも静電気を取ったり、においを吸ったりしてくれるので、ほんとに良いものです。これからもっと仲良しになってくださいね!

>GBマダム
あれを粉々にするのは大変そうです。
温亀スライスをコースター代わりに使ってるんですが、お茶が美味しいような気がするの。気のせいかしら?

 皆様のコメントとても参考になりました。それぞれの亀さん目に浮かびます。愛されてますね。

名前は「タカ」でも大丈夫です!☆ありがとうございました。

No title

ぺんぎん様
お返事頂きありがとうございます。
「腎臓のケア」の記事を読ませて頂きました。
腎臓さん有難うマッサージ、早速実践しようと思います。
毛管運動も、もう少し回数を増やしてみよう!!
無理せず、コツコツ続ける事が大事ですね!

私は、少し歩くとすぐ足首が痛くなるので、
やっぱり腎臓に負担を掛けてたのかな。
ヒールの靴で歩き回ってたら、身体に負担が掛かりますよね。。。反省。

Re: タイトルなし

> takaさん
ホント、亀さんみなさんに愛されてますねえ。名前付けてる人多いんですよ。鶴ちゃんとか、桃ちゃんとか、「なんでやねん?」という名前。わたしの亀は「あっきー」です。

>クミコさん
毛管運動がキツい人は足首がだいぶ悪いんです。3分出来るようになるとかなりいいんですが、最初は1分でもしんどいみたいです。
靴は大事ですよ〜、ハイヒールは5分以上歩かない時だけにしないと。西洋の纏足なんか見栄張る時だけにしたほうがいいですよ。

コメントの投稿