温亀の寿命は?

ご質問いただきました。
なかなか確信を突いた話題で、コメント欄に埋もれさせるには惜しいのでアップしてみましょう。

温亀の耐久年数ってどれくらいでしょうか?落として割れたりしなければずっと使えそうですが。



耐久年数って考えたこともなかったけれど、どうなんでしょ?割れても素材の持ってる性質には変わりがないけど、あの陶器はサイズが小さくなると蓄熱時間が短くなるので、何かの理由でパコっと二つに割れたものはそれぞれ別の用途に使わないとだめだろうなぁと思います。

さて、ご質問の温亀の耐久年数ですが、わたしも1人のユーザーなのでお答えして良いものやどうや、定かではございません。わたしの観察では、温亀もせいぜい3歳か4歳くらいですので、どうなんでしょうか・・・

わたしが使っていて思うのは、直火のほうが亀は長持ちすると思います。
レンジを使うと中から膨張します。チンの後によく見ると細くヒビが入っています。これは冷めている時は閉じるのでわかりません。

ただ、レンジのほうがお手軽で火傷の心配がないことと、あの“内部がマグマのようになっている”という、中から放射する熱の効果とで、ガラージュベーではレンジでの加熱を推奨しているのだと思います。
しかし、レンチン法が発明されたのは、わたしのブログの追記があるころのことで、もともとは直火で焼いて使っていたのです。(これは、タオルが焼けたり、焼き過ぎて包めなかったり、面倒がたくさん。レンチン法によって温亀はブレイクしたとも言えます。)

というわけで、レンジで使っていてもヒビが大きくなるようなことはないと思いますが、衝撃には弱くなるのは仕方がないことと思います。

余談ですが、3個の亀を使っておられる方からお聞きしたのですが、同じ時間チンしても、触れないほど熱くなる子もいれば、ちょうど良い温度になる子もいるそうで、個性があるようです。

というわけで、耐久年数は・・・落下などの強い衝撃を受けて割れるまでは大丈夫だそうです。輸入販売しているガラージュベーのお返事は

鶴は千年、亀は万年です。
粉々にならない限り、温亀のエネルギーはいつまでも続きます!



仮に亀が割れたとしても、脱臭剤、電磁波防止、静電気防止、水の浄化、大きさによっては温亀と同じように温石として使うことは可能だと思います。

日本で一番最初に温亀を使い始めたガラージュベーでもヘビーユーズしてますよ。お客さんに抱かせたり、スタッフが抱いていたりと、朝から晩まで大活躍しているようです。

個人的には亀が割れることよりも、温亀につまづいて怪我したり、亀を足の上に落っことして痛い思いをするほうが心配です。

温亀は脱臭効果もあるのでそういえば朝の寝室が夫の酒臭い息がこもってクサいということがありません。毎度チンするので吸い込んだにおいはそこで発散してるから、亀がクサくなることもないし、亀を抱いて寝ると静電気を吸ってくれるのでパチパチしないし、良いことばかりなのです。

それにしても、コメント下さる皆さん、温亀の愛し方がハンパないんですが、亀も大事にしてもらって幸せ者です。九漢さんも作家冥利につきるんじゃないでしょうか?

温亀を使うようになって夜中のトイレの回数が少なくなって熟眠できる、というご報告は良く効きます。冷えが取れるのはもちろんですが、お腹に乗せることで腎臓もケアされているのかもしれません。

夜中のおトイレは腎臓が弱っている証拠だから、夜おトイレに行くのをなんとかしたい、と思っている方は、こちらの記事もご参照ください。
腎臓のケア

しかし・・・温亀と相思相愛はいいけれど、亀とだけシッポリするのもいかがなものか、と思わないこともありません。さて、そろそろ亀をチンして寝よっと。

温亀が出す不思議な熱線についてはこちらをお読み下さい。
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。最終回 温亀の素材の不思議。

作者の九漢さんについてはこちら↓
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。その1 青春 順番に5回まで読めるようになってます。

温亀の使い方はこちら
On Kame(温亀)さんの使い方

温亀談義はこちらへ
On Kame(温亀)のふしぎ!

温亀のご購入は作者金九漢さんとは20年来のお付き合い、ギャラリー・ガラージュ・ベーのホームページをご覧の上、必要事項を記入してガラージュ・ベーまでメールを送って下さい。
http://garage-b.jp2016年9月2日URL変更になりました。
ぺんぎんさんのブログで見た、と言って頂くと話しが早いし、優先的に発送してくれるかもしれません。

温亀袋はギャラリーでも取り扱いがありますが、ぺんぎんさんは相変わらず温亀袋セットを制作販売しています。温亀が包まれたい布、亀さんが入りたいような布で作っているので、右下のメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

はい、亀3匹ヘビーユーザです。落として割れないためにも、師匠の亀袋は必須です。夫はよく明け方、蹴っとばしてベッドから亀を落下させてますが無事なのもタオル、麻布、そして袋と三重防備だからですね~!

Re: No title

> malo姐さん
亀さん袋セットご愛用ありがとうございます。お連れ合いに使われてる亀は気の毒・・・綿入りのキルト袋が必要だわ!真綿で作ってみるか・・・いくらになるんやろ?真綿で作ったら、皮も絹にしたくなるし・・・うーん、贅沢な亀袋!

コメントの投稿