FC2ブログ

身体と心の力を抜く。

30歳をちょっと過ぎた頃、リラックスすることが出来てないのに気がついてボディーワークをに興味を持つようになった。身体の緊張が解れなければ心の緊張も解れないと思ったのです。

そういえば、人に触れられるのもあまり好きじゃなくて、マッサージや鍼なども以前は行かなかった。それは今ではマッサージ大好きになってしまって、マッサージされてるうちにくーっと寝てしまったり。知らない人に身体をゆだねたまま寝てしまうなんて、リラックスし過ぎ!

最初にやったのは活元運動(ここから入るか?という声が・・・)。これは不思議な体操で、いまだに良く分からないけど活元運動のセッションの後にはだる〜ん、となって、次の日から3日くらいやたら身体の調子がいい。

これは、自動運動というか、自発運動を起こして身体が動くままにまかせてうごく体操で、1人でやってるとまるで酔っぱらいが舟を漕いでいるような動きしか出ないのだけど、活元会に行ってみんなでやると人の動きに釣られて1人の時とは違った動きが出るので、月に1度の活元会は楽しみでした。先生のお話しも良かったし、お金が掛からない(会費は300円だった)ところもとても良い。整体協会に入らなくても活元会だけ参加できるので、大変におすすめするします。

身体を緩めないと自発運動もできないので、ああ、わたしって身体が緊張してるんだわ、心も緊張してるわ〜、と思いながらくらんくらんと動いていたものでした。

次にやったのが、操体法。これはいろんな健康法から身体の緊張を緩めるメソッドを良いとこ取りして組み合わせたような体操で、金魚運動もするし、動きやすい方に身体を動かすことによって、動きにくい方を緩める、というような方法。他にもこの会ではOリングテストをやっていた。

Oリングテストは1人では上手く出来ないので、神田橋先生の指タッピング法は優れている。わたしはあまりこの筋肉反応を使ったテストを日常生活に取り入れてないけれど、調子の悪い時とか、迷って決められない時には筋肉にどっちが良いか聞いてみるのは良い方法かもしれません。

これらの体操から身体の力を抜いて色々なものに身をゆだねる練習が始まったんじゃないか、と思います。この後、バンコクでタイマッサージを受けるようになって、マッサージ大好き、マッサージが旅行の楽しみとなったのでした。

この後だいぶ経ってからヨガですが、ヨガの基本は屍のポーズ。いかに身体の緊張を解いて死体のようにしずかになるか、というのは熟練を要します。

マッサージなどの手技を受けるにしても、身体の緊張が抜けなければ効きません。わたしの父は鍼も打つのですが、父から鍼を打ってもらう時、ものすごく緊張して身体が硬くなってるところに鍼を打たれるので、ちっとも効きません。鍼と相性が悪い人は、「鍼を打たれる」と思うだけで施術者の手が触れているところが緊張してしまってダメなんじゃないか、と思います。
ともあれ、手技を受けるにしても手技に身をゆだねることは大前提で、リラックスしないえれば手技もあまり効果が現れないのかなぁと思ったりします。

こうやって考えたら、自分にあった治療というのは、施術者の前に鎧を外した身を投げ出して無防備でいても緊張しない、という治療なんじゃないだろうか?と思い至った。

同じ治療でも施術する人によって効果が違って当たり前だし、だから相性は大事なんだなぁ。
一緒にいて心の力が抜ける、というのも大事なんだなぁ。

IMG_4174.jpg
力の抜けた晩ご飯。人参とセロリとケルプヌードルの和えものと、汁クイティオ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

ぺんぎんさん。おはようございますー。
ここのところ心の緊張、興奮状態、寝てもずーっと激しい?夢を見て朝にはぐったり。。という日が続いてたんですー。身体の疲れも取れる筈がなく。バキバキに。
そこでカカオ抜きして1週間ですが大分よく寝付けるようになりました。カカオ中毒なので、ホントは毎日でも食べたいのですけどもう少し我慢してみます。
身体って不思議ですね。リラックスが大事。なるほどーです。
活元運動、初めて聞きました。気になります^^

No title

おはようございます。
上記の記事に、心が動いたので、出勤前に・・・。

ぺんぎんさんの書いておられる通り
私も、身体に触れられることが嫌だったので
手技を受けたくありませんでした。
身体性の問題は、若い頃から感じていて、私の若いころは
それこそ野口体操の全盛期だったので、先生のワークに出るチャンスも
何度もあったのですが、パスしました。
それは、任せられないという自分自身の問題から発生しているのですが。

問題は其処にあると分かっていて、その周囲をウロウロしていたのですね。
それから、軽い対人緊張があるので身体は常に緊張していて
緊張していることがわかない状態だったなあと思います。
弛めるということがわかっていない。

でも、そのうち、身体に支障をきたして、身体が悲鳴を上げ始めて
以前より、身体の問題に取り組めるようになりました。
友人の御主人がお医者さんで、地域医療をしていたのですが
彼の勧めで「操体法」の先生、それは武術にも詳しい他県にお住まいの先生だったのですが
手技を受けたのがきっかけでした。しかし、残念なことにぺんぎんさんもお住まいのこの地域には
いい先生がおいでにならない。

ぺんぎんさんも、「操体法」やっておられたのですね。

また、書きます。
仕事がちょっとだけ一段落で、すこし頭の中を転がす余裕があるので・・。

Re: No title

> くまふみさん
うぅ、わたしもこのところすっかりカフェイン中毒で、睡眠の質が明らかに下がりますよねえ。カカオ中毒は断カカオして頭痛しませんか?カフェインはやっぱりドラッグやわぁ。
活元運動、面白いよ。整体協会に問い合わせて近くで活元会やってないか聞いてみたらいいよ。メッチャ怪しいからクマさんはドン引き必至。


>hiroさん
身体が緊張してない人なんて、武道の達人くらいしかいてないですよ。だけど緊張しっぱなし、というのはできないので、どこかで緩めないと身体は大変ですよねえ。
操体法の会の人は、下松まで勉強に行くとおっしゃってました。廣島はやっぱり原爆で多くの人が亡くなった影響が色々あるのだろうな、と思います。私の住む辺りは黒い雨地域で地元の方は手帳ホルダーでらっしゃるので、病院はたくさんあるけれど、良い病院はないんだ、という話を聞いたことがあります。

操体法はちょっとやっただけで、わたしには活元のほうが楽しかったですが、その活元会もなくなっちゃって、横川まで行く気になれず、それっきりです。

身体を通して色々考えることって、運動系の人には当たり前のことなんでしょうが、引きこもり系のわたしにはとても新鮮な発想で、今まで自分の身体って自分のものじゃないんだ、ってことにちょっとびっくりしました。形而上学ばっかりやってたらあきませんわ。

No title

ぺんぎんさん、断カカオ頭痛は無かったんですが摂りたい欲求を我慢するのが辛かったです~今も辛いー。週に1回くらいならよいかなーなんて。考えたり^^;
メッチャ怪しいんですね活元運動。余計ににわくわく^^

Re: No title

> くまふみさん
あ〜、そうなんや、頭痛やったら布団被って寝てたらいいけど、それは辛いねぇ。精神的に中毒するほうが
辛いわ。活元ほんとにいいよ。←まだゆぅーてる。傍から見たらめっちゃ怪しい宗教に見えるけど、ぜんぜんそんなことないんですよ。

No title

おはようございます。

ぺんぎんさんは、指タッピングがおできになるんですね。
私は、これがなかなかに難しくて、諦めてしまっています。
Oリンクは確かにそうだなあと思うのですが、一人でできません。

施術者の前で鎧を外すですが、これは相手との関係の中でということとなるので
施術者側の要因も関与するのだなあと思います。ぺんぎんさんの書いておいでのように相性って大事だなあと思います。
以前に、整形外科のリハビリに通っていた時に、理学療法士の関係を作る術がなんと下手なことよと思っていました。私が言ってることが、伝わらない。
K先生など、関係を作ることが凄腕でおいでなのだと思います。K先生は相性の幅の広い方なんだろうと思います。

私も関係を作ることが下手なのですが・・・・


Re: No title

> hiroさん
指タッピング出来るって、まぁちょっとです。合わないものはタッピングしてると手の甲がすぐだるくなる感じがするよ。あってるのかどうかはわかりません。
友達の鍼灸師は両足の長さで判断して断食メニュなどを決めてました。身体に聞いて、脚の長さが揃ったらそれが答えなんだそうです。
筋肉反応の結果で、アクセサリーも結婚指輪以外ぜんぶ外しちゃった。指輪を財布に入れたままにしてなくしたこともあったわ。ピアスも気合いの入ったお出かけの時以外外しっぱなしです。ピアスつけたから、ってその日は疲れやすいってことないんだけれど、やっぱり何もついてない方がいいみたいです。

お医者さんでも治療師さんでも療法士さんでも色んな方がいらっしゃいますよねえ。相性ってあるから、あまり気にしないほうがいいです。K先生もDr.ショッピングしたほうがいい、って書いてらっしゃいますものね。

わたしも関係性を作るの下手ですよ。外見がソフトな人に見えるらしくて、中身とのギャップでドン引きされるみたいです。
え〜い、しゃらくせい!

コメントの投稿