夫の社交に付合ってグルメする。

夫がお世話になったイギリス人のB氏が退職してイギリスに戻るというので、食事に招いた。家でおもてなししても良かったのですが、その方が指定してきた日が料理教室の前日だったから、外で会うことにしてもらった。しかし、この日は行きつけの店はうどん屋さんに至まで定休日。どっかやってなかったっけ?そうだ、小山さんの店はどうだろう?新しくなってから行ってないし、広島ミシュランでは絶対に星が付くだろうから、そうなったら行けなくなってしまう。

ランチの予約の電話をしてみたら、予約が取れた。(こういうところが広島の良いところ!)

たぶんこのレストランは広島で一番人気のフレンチだと思う。わざわざ遠くから食べに来る人も多いと聞く。移転してますますガーデンレストランとして、ほんとうにフランスやスペインの三ツ星みたいな感じになっている。久しぶりの小山さんのお料理、とっても楽しみだ。なにしろ、アラメゾンが出来てから、ビストロなお値段で、あれこれ注文を付けて、アラカルトで好きなものを頼んで食べてるという贅沢ばかりしていて、ついほかの店から遠のいていた。なにしろ原発マネーとは縁がないのでグルメをするといってもたかが知れている。

道を間違えたりして、約束の時間に微妙に遅れて到着したら、シェフ自らドアをあけて向かえてくれる。先に到着してバーで待っていてくれたB氏はこの店は初めてだそうで、「素敵なところだねぇ、知らなかったよこんなところは」と連発している。いや〜、わたしらも初めてなんですよ。移転する前は何度も来てるんですけどねえ。

ちょいとしゃれたレストランのお昼は女性客ばかり、というのが普通だけれど、さすがにここは女性だけで男性客は夫だけ、なんてことはない。隣にはビシっとスーツを着た男性のお一人様までいらっしゃって、お料理を楽しんでおられる。

昼だし、軽めに一番安いコースにしておく。小山さんのサラダはフランス式にしっかりトスされてしっとりしたサラダでとても美味しい。

料理は魚を選択。沖ボラのポアレ。
IMG_4184.jpg
魚のポアレが野菜スープの上に載ってる料理なんて初めてです。スープもいいし、ボラもいい。

小山さんの料理は久しぶりだけれど、この人は大化けしたみたい。もともとモダンなセンスの人だけれど、ますます洗練されている。やっぱり時々食べにこないとダメだなぁ、と大いに反省。

デザートにフォンダンショコラ。そうそうこの店にはこれがあったんだった。そんなことも忘れてた。

IMG_4185.jpg

お話しも弾んで、B氏がザンビアだけじゃなくて、ケニアやらサウジでも住んでいた、という話しを聞いて、お料理も美味しくて、他のお客さんもオシャレで、楽しい時間を過ごしたのでした。

帰り際、長らくの不義理をシェフに詫びて、ミシュランが出版される前に再訪することを約束して、B氏から手作りのママレード(彼はママレード作りが趣味らしい)を頂いて、チョコレートでパンパンになったお腹をさすりながら家に戻ったのでありました。

お天気も素晴らしい、楽しいグルメな午後でした。
また行こう、予約がとれたら・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿