豆を煮ながら帽子を縫う。

「ストウブで大豆を煮ると言ってたけどいつ煮るの?」と夫が聞く。
はいはい、煮ます。今日煮ます。

朝から水につけた大豆、さすがに温かくなってるので昼にはすっかり吸水してるので水煮を始める。大豆を煮るのって難しいよねえ。固すぎるとお腹の中でガスになるし、柔らかすぎると味噌みたいにグチャグチャになっちゃう。保温性のいいストウブで火をつけたり、止めたり、という方法で夕方まで煮る。

途中から昆布を入れて、また沸騰させて火を切って・・・人参いれて沸騰させて火を切って・・・黒砂糖やらで味付けしてまたまた沸騰させて火を切って。



まぁ、ずーっと付きっぱなしじゃなくていいけれど半日仕事です。やっぱ圧力鍋やなぁ、でもあれは煮過ぎてしまうことも少なくない。う〜ん、難しいねえ。

夕食にはシメサバと煮豆を出したら夫が「お!良いねえ〜。ちょっと飲んじゃおう」と珍しく晩酌しはじめた。このところ働きすぎなんだから、晩酌くらいしたらいい。それにしても好物が並ぶだけでこんなに嬉しいのか?それとも日頃好きなものを食べてないのか・・・

オヤジを思い出すよ、とか言いながら嬉しそう。義父といえばホヤの塩辛をわたしは思い出すんだが・・・

このところ服の整理をしている。夫の20年普段着は袖を付け替えることにしたけれど、わたしも大量に持っているもう着ない初期の作品を解いて帽子にリフォームしている。


わぁ〜い、かわいい。早く冬にならないかな。

コリデール梳毛の作品の1枚目。茶色の毛と白の毛の房をひとつづつ櫛で梳いて紡いだ糸。ホームスーパンの梳毛は毛の根本から毛先に向かって紡ぐので、すべての糸の毛の方向が揃っている。機械でつくる梳毛では毛の向きまで揃える事は無理。だからちょっと違った糸になる。手間もすごいけど。

5年くらい前にハギレで帽子を作ったことがあったけれど、手元には1つも残ってない。ホームスパンの帽子、かぶり心地もなかなかいい。

5年前と違ってミシンがバージョンアップしているので帽子の出来もいいような・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

素敵な帽子!

ぺんぎんさん、いつもお世話になっています。
5月のうちから入梅しましたが、今日は露の晴れ間で、洗濯日和となりました。

よい色合いの素敵なお帽子ですね。
早く冬になるのは困りますが、落ち着いた感じで、
これは秋の町並みにしっくり来るでしょうね。

前に古い服は仕立て直して貰うとよいと教えて頂きましたが、
実は昨秋、ジャケットを1つ帽子に作り直して貰いました。
でもぺんぎんさんのようにご自分でされるのと違って、
やっぱり人に頼むと、イメージどおりとは行かず、難しい所があります。

Re: 素敵な帽子!

>lushunさんこんにちは。

ほんと、今日は気持ちのいい日でしたね。
帽子ねぇ〜、自分で作ってもイメージ通りのものにはならないですよ。このかたちの帽子は以前何個も作ったのでだいたい雰囲気はわかってたんですが、芯の感じとか難しいです。

次はチョッキでも作ろうか、と思ってますが、3ヶ月待たされた織物道具がやっと出来てきたらしいので、織物仕事に戻るかもしれません。
ますます家の中がぐちゃぐちゃ・・・

コメントの投稿