リネンの温亀包み布。

リネンの布はお布巾やタオルとして使うために作っているのだけれど、温亀を包む布にも使っている。
タオルで包んでもいいんだけれど、工業製品のタオルに包まれるよりもリネンの発する清浄な気が温亀には合っているような気がするの。

リネンは無地と緯に藍を入れたもの、茜で染めたもの、の三種類あります。

お布巾やタオルに使うなら、生成りが一番良い。色落ちもしないし、洗濯を繰り返すことで、布がどんどん白くなってくるところが楽しい。

染めたものは天然染料なので布巾のようにジャブジャブ洗濯を繰り返すとどうしても色が落ちてくる。だから、温亀包み布専用になる。温亀包み布はそれほど頻繁に洗濯しないでしょ。

IMG_4691.jpg

今織っている布は、模様入り。生成りの無地だとあまり柄がよくわからないけれど、色を入れるとよくわかる。何もこんなややこしいことをする必然は何もないのだけれど、時々こんなこともしてみたくなる。
布を使う時にわたしは織り目を愛でてしまうのですが、これってやっぱり病気かしら?

毎日お使いになっているお布巾、使いながら鑑賞してみてくださいね。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月はお休みを頂きます。
9月8日 (日曜日)出張から戻ったばかりのお土産企画の予定
9月10日(火曜日)こちらも同様にお土産企画です。久々にロースイーツも作りましょう。
リクエストなどあったらお知らせ下さいね。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿