友達のナスを褒めてもらって、なんだか自分が褒められてるような錯覚がする。

お昼にこんなごはんを食べる。浴衣を着て帯を締めているせいか、品数が多い。
IMG_4698.jpg

キクラゲと生姜と豚肉を炒めた料理はタイでよく食べるおかずで、唐辛子が入ってないので辛そうなおかずを選んだ時に辛くないおかずとしてチョイスすることが多い。プリプリのキクラゲと若い生姜の香りが素晴らしい。
こういう料理を高級店で食べたら肉ばかり多くて気に入らないから普通のおかず屋さんで食べるのがいい。

冬瓜を庭から穫ってきてスープにした。まだ若いので皮も柔らかく扱いやすい。今年の夏の庭は冬瓜だらけで柿の木にまで蔓を伸ばして花まで咲かせている。

生姜とキクラゲの炒め物をお土産に持って、アラメゾンに晩ご飯を食べに行った。なんで料理屋にお惣菜のお土産を持って行くかって、よくわからないんだけど、オヤブンが生姜の炒め物が気に入ったとかで、また作って、とリクエストされていたの。オヤブンは生姜がお好きなんだそうな。

アラメゾンにはいつぞや岡山の友達が作っている野菜を持って行ったらえらく気に入ってくれて時々取り寄せているらしい。

IMG_4699.jpg

中でも丸ナスはエラい褒めよう、「こんな美味しいお茄子は食べたことがない。皮が柔らかいし、ナスの香りがしっかりして、トロトロでホントに美味しい」

他のお客さんにもナスの自慢をしていて、まるで自分が褒められてるような気になる。

友達の作っている野菜をレストランで使ってもらって、シェフからもお客さんからも喜ばれてるなんて、うれしいなぁ。

「すごい生命力のある野菜ですねえ」とおっしゃってたけれど、確かに彼の作る野菜はなんか知らないパワーみたいなものがある。上品な人には扱いにくいかもしれないようなちょっとヤンチャな感じの野菜だ。全部露地栽培で、児島湾の干拓地なので少し塩味がする。

いろんな品種を栽培する人で、白菜でもなんでもちょっと違う品種を育ててる。理由は「旨いねん」だそうな。

茄子好きのわたしですが、家ではなかなか揚げ茄子などできず、ババガヌーシュにしたり、普通に万願寺と炊いたり。家で揚げ茄子をするのはシーズンに一回くらいだけど、お店でこんなのが食べられるのは幸せ。しかも極上の勉ちゃんのお茄子。

アラメゾンのお料理って、野菜への愛が溢れているのよねえ。
いつも美味しいお料理、心のこもったサービス、ありがとうございます。

アラメゾンさんは千田町のカジュアルフレンチのお店。→http://alamaison-ogawa.sakura.ne.jp/
べんちゃんのお野菜については右下のメールフォームからお問い合わせ下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月はお休みを頂きます。
9月8日 (日曜日)出張から戻ったばかりのお土産企画の予定
9月10日(火曜日)こちらも同様にお土産企画です。久々にロースイーツも作りましょう。
リクエストなどあったらお知らせ下さいね。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿