「百姓屋敷わら」の座禅断食会に参加してきた。第3日目。明けの食事

「最終日の朝は一番辛いでしょうが、どんなに辛くても、這ってでも出てきて下さい。ここで坐るのと坐らないのとで結果がぜんぜん違います」

確かに3日目の朝は、出来ることならゴロゴロしていたい〜、という感じ。夜も暑さはそれほどでもなかったのにグッスリ快眠というわけにもいかず、寝不足な感じのダルさを引きずっている。口の中がとてもネバネバして、何も食べないのに歯磨きをする。消化器からデトックスしているのがわかる。

この日は3回坐って、その後明けの食事。坐禅の合間には明けの食事の説明と、帰宅後の食事の注意がありました。

6時半の経読、そして坐禅。お腹に力が入らないというか、気を抜くと呼吸が浅くなってしまう。隣にずっと坐っているSさんの静かで安定した呼吸が聞こえる。遠くのほうでちょっと具合が悪いのか席を立ったかどうしたかする気配が感じられる。

確かに、最初の坐禅はしんどかったけれど、警策を当てて頂いたらずいぶんとスッキリする。

この警策、「いてて、痛いやんか!」と、声が出そうなくらいなんだけど、皮膚のチリチリする感覚を静かに意識する、というのは新しい感覚で、不思議なことに本当に坐禅と断食の辛さがこの警策を受けることで軽くなる。

三度目、最後の坐禅で船越さんは20回くらい五体投地をした。
船越さんも断食をしているので、だんだん息が上がってきて、ハーハー言いながら五体投地してくださっている姿に涙がこぼれそうになる。ありがとうございます。

坐禅の合間に明けの食事の説明。

まず水を500cc。これを飲んでおくと吐かないそうだ。飲むのが苦しいと聞いていたけれどそれほどでもない。
次に大根を茹でた汁を500cc。
次に、大根の煮たものを汁と一緒に4杯。

IMG_4718.jpg
野菜とコンニャク。梅干し10個。右の丼に水が入っていて、これを飲み、この丼に大根と汁をよそって頂く。

梅干しは大根汁を飲む時や大根を食べる時に随時食べる。味噌も用意されていて、味噌をつけて野菜や大根を頂きます。

IMG_4719.jpg

大根ってこれ。
1.5センチくらいの厚さに切ってある。梅干しのクエン酸た腸の汚れを浮かし、大根や野菜の繊維がほうきの役目をして宿便をかき出すんだそうです。断食明けに急にこんなに食べても言いの?というくらい食べる。
「大根煮ただけでこんなに美味しいなんて普段は感じないでしょ」と船越さんはおっしゃってたけれど、わたしには普通に美味しい大根&大根の煮汁。しかし、有り難さがひとしおなのは認めます。

野菜や大根を食べている間に1度目のお通じ。

1度目が出たら、次はこれを食べる。
IMG_4720.jpg

わたしは野菜や大根を食べている間に2度目も出たので果物に出遅れる。ソルダムと白桃〜そして昨日のジュース。ヘヴンリーな美味しさ。

またトイレ。

2回目が出たらヨーグルトに進んで良い。わたしは野菜を食べてる時に2回でたので果物のあとヨーグルトに進む。
IMG_4722.jpg

豆乳ヨーグルト。
IMG_4723.jpg

春の酵素または酵素密をかけて食べる。酵素って初めて食べたけど、フルボ酸みたいなものなのね。甘味料にコレを使うのは身体に良いだろう。ただし、あくまでも甘味料としてだ。甘いものはみんな毒なんだもの。

このヨーグルトはこめのとぎ汁乳酸菌じゃなくて、市販のヨーグルトをスターターにして作り続けているものだそうです。

IMG_4721.jpg

お次、3回目が出たらパンとチャイ。もちろんわらで焼いたパンが出ます。帰宅後、この山形パンの一山が一度の食事の量だと言ってた。

IMG_4724.jpg
レーズンは入ってるんだよ〜。チャイは番茶と豆乳で作ったチャイ。

このあたりまで食べてきたらもうトイレに行ってない人は誰もいなくて、みんなニコニコしている。ほんと、断食明けでこんなに食べるのか?!というほど食べる。野菜を残したり、大根を端折ったりした人もいてた。わたしはもちろん完食!!

4回トイレに行ったら、感想文を書いて、最後のカプチーノ。
これを船越さんが1人ずつお点前してくれるのが楽しい。

IMG_4726.jpg

玄米コーヒーはご丁寧にillyの缶に入っているところが笑える。顆粒の玄米コーヒーを茶筅で点てて、豆乳をホイッパーでミーンと泡立てて作って下さるのがこのカプチーノ。

IMG_4729.jpg

これを飲んだらお腹が止まって安心して帰れるそうです。確かに止まりました。

さて、わたくしですが、最後には薄く色のついた水が出ましたが、宿便が出たかというと、どうかなぁ?確かにフラッシュは出来た、というのが感想です。

本格的な排毒は断食が終わって、回復食の最中に起こるものですから、帰ってからの回復食を守ることが大事です。

しかし、この豪華な明けの食事、ビックリでしょ。普通の断食道場は良心的なところで玄米おにぎりをお弁当に持たせてくれるくらいで、これだけしっかり食べて、出すもの出してから帰してくれるのは、私の知る限り坐禅断食だけじゃないかしら?

特にわらの坐禅断食は「こんなにいいものを食べる坐禅断食はウチだけです。コースで出てくるのもウチだけです」と船越さんがおっしゃっていたけれど、その通りでしょう。

「法蔵さんのところではもう滅茶苦茶ですよ。バナナは出るし、明治の6Pチーズは出るし、最後は羊羹が出るし・・・」
羊羹ですか?!
「そう、しかも、まわりに砂糖がジャリジャリしてるやつ」

ひえ〜。

明けの食事でしっかり食べるので、飢餓感がなくなるからリバウンドがないんだそうです。この方法は2500年前からインドで行われているやり方だそうです。

キャベツが美味しかったわぁ〜。しみじみ噛みしめて頂いた明けの食事でした。

9時半から食べ始めて、食べ終わったのはほぼ12時。なんと豪華なランチでしょう。

2泊3日して、1食しか食べてないのに、とっても美味しいものを頂いた満足感に浸って、ナイスなBMWに最寄りのバス停まで送って頂き、仲良しになった方々と一緒に楽しく岡山まで帰ったのでありました。
さえさん、くみこさん、ありがとうございました!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月はお休みを頂きます。
9月8日 (日曜日)出張から戻ったばかりのお土産企画の予定
9月10日(火曜日)こちらも同様にお土産企画です。久々にロースイーツも作りましょう。
リクエストなどあったらお知らせ下さいね。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿