初めてのベンガル料理。

今日は楽しい料理教室。
平日のクラスでは長い間ローフードを中心にやっていたけれど、このところ加熱の色々なお料理もするようになりました。(ただ肉はつかいません。)

というわけで、このクラスではベンガル料理やってなかった?そうだっけ、んじゃやりましょう。ベジなベンガル料理もおいしいんですよ。

というわけで、今日はヴィーガンもOKなベンガル料理です。ちなみに、ベンガル料理は基本肉&魚抜きではありませんが、どの料理にも肉&魚が入るわけじゃないので、肉魚無しにすると自動的にヴィーガン仕様になります。北インド料理みたいにヨーグルトやギーはあまり使いません(使う料理もあるけれど、純粋なベンガル料理じゃない)

ベンガル料理ってナニ?って思われる人が多いと思います。インド料理とナニが違うの?って。

インド(インド亜大陸にある国々)ってすんごい広いんです。地図で見たら赤道を挟んでいるので小さく見えますが、面積でいうと西ヨーロッパに匹敵するかそれ以上くらいの広さがあります。文化、言語の多様性を考えたら、ヨーロッパなど比較にならないし、人口ときたら・・・何倍?っていうくらい人はたくさんいる。

だから南アジアの料理といっても、ドイツ料理とポルトガル料理が違うように、北インド料理、ムガール宮廷料理、ベンガル料理、南インド料理、スリランカ料理、とまったく違います。

一般的にインド料理といえば、北インド料理を差します。
料理に使う油はギー、主食は麦だから、チャパティーやナーンを食べる。宗派によって肉を食べるかどうかは違うけど、誰でも食べれる鳥と山羊or羊。という感じ。
(北インド料理の中にパンジャブの料理も含まれるけれど、それはまた別カテゴリーになる)
インドのベジタリアン料理も特に南インド料理と言わなければだいたい北インドのベジ料理を差します。ビーガンは難しいし油も重たい。ナッツのペースト使ったり、ヨーグルト使ったり、色々します。

ベンガル料理は、もちろん地方によって違いますが、油は植物油、主食は米。川魚をたくさん食べるのが特徴です。わたしは南アジアの料理の中ではベンガル料理が一番日本人の口に合うだろうと思ってますが、残念ながらあまり美味しいベンガル料理を食べさせてくれるところはありません。

というわけで、ベンガル料理です。

IMG_4939.jpg

みんな大好きニラミーシュ、どうしてこんなに美味しくなるのかわたしには良く分かりません。そして、苦瓜炒め。チャパティーは湯種で作る柔らかいチャパティ。

IMG_4940.jpg
これは焼いてから時間が経っても固くならないので、家庭でよく作るし、お弁当に持って行ったりもします。
枚数こなせば自然と丸く伸ばせるようになるから、丸くならないといって諦めないでね。
平焼きパンを作り慣れたら、粉を練って(というか混ぜて)伸ばしてすぐ焼けるので「あ!ごはん足らへん」という時に便利です。

IMG_4941.jpg

少食中なので盛り過ぎのバイキングにはならなかった。カレーのおかずは混ぜて食べても良いし、単品で食べても良い。チャパティーだと手でしか食べられないので、ごはんを手で食べるより抵抗少なくていいですね。

手食は野蛮だと思っている人が少なくないのですが、手食、手で味わう(ほんとに味がわかる)という経験も是非してほしいな、と思います。

仕上げは写真がないけどチャイ。チャイマサラなんか香りがすぐ飛んじゃうんだから買わないで。ベンガル料理を作るのにカレー粉を使わないのと一緒で、その時の気分や体調でスパイスも変えるんですから。

世間で言われているチャイの作り方は色々と正しくない(とわたしは思う)ことがあるの。やっぱり茶葉の香りと味を引き出さないといけません。そして、南アジアで飲まれる茶にリーフティーがないことも想いを巡らしてみてほしいです。

今日は福岡から御参加下さった方もあり、久しぶりの教室、たくさんの御参加ありがとうございました。
今日の料理のどれかひとつでもレパートリーにくわえてくだされば、これほどの歓びはありません。

次回は10月22日(火)上海風海鮮水餃子の予定です。餃子の皮から作りますよ〜。

〜〜料理教室のご案内〜〜
10月22日(火曜日)皮から作る海鮮水餃子。
10月27日(日曜日)ミスティー・チキンなどベンガル料理。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

関連記事

コメント

コメントの投稿