今日の勉強会は調子が上がって、料理もテンポ良く。

今日は月に一度のダーリン感謝デーじゃなくて、夫主宰の勉強会という名前の飲み会。

わたしの夫は「飲んだ後帰ってくるのが面倒」という理由で会社の飲み会にほとんど行かない。最近は会社の忘年会さえ行かない始末。こんなことで社会人ができるのか?我が夫ながら心配になってしまう。

そんな夫が会社の人と飲み会をするのがうちで開催する勉強会。一応勉強という名目があるので、飲み会の前にちょっと勉強する。いつもあまりお酒がおいしくならないような勉強が多い。

今日は夫の発表だったので、聞くともなしに聞きながら台所で料理していたんだけど、最近のコンピューター技術は自動車の運転も出来るらしい。もう人間なんかいらなくなるっていう未来がやってくるのかもしれない。機械は料理も作るんだろうか?だけどそんな世の中になったとして、誰が機械の作ったごはんを食べたり、機械が運転する車に乗ってどこかに行ったりするのかしら?

働く人はいらないけれど、消費する人は欲しいなんて、そんな都合のいい世の中、まともじゃない。機械は放射能に弱くて壊れちゃうから、人間が放射能の管理をするんだろうか?

さて、機械じゃないわたしが作った今日の料理。

IMG_4967.jpg
ケルプヌードルとキュウリとニンジンとカイワレ大根の中華風サラダ。

IMG_4968.jpg
わたし大好きピータン豆腐。グチャグチャに混ぜて食べます。知らない人は丼にスプーンを突っ込んで豆腐を潰しながら混ぜるわたしの手元を呆然と見つめますがそんなことは知ったこっちゃありません。もちろん、知ってる人は「あ、僕がやります」と混ぜて下さる。ありがとう。

この後、写真はないけど、タコ、ヤズ(ハマチの小さいのをこの辺りではイナダと言わずにヤズという)、養殖の真鯛の刺身。

IMG_4969.jpg
庭の冬瓜と親鳥ミンチのあんかけ。
うちの庭の冬瓜はいつもコンポストの種から勝手に生えてくる。今シーズンはは夫が畑の土を冬中掛かって改良工事したので、肥やしと石灰が良く効いて勝手に生えてきた冬瓜もエノコログサもすごく元気。冬瓜のお味ですが、冬瓜ってちょっと酸っぱい独特の風味があるのですが、今日の冬瓜は絶品でした。いや〜、美味しかった。
“ついに自然農の畑が出来たんですね”と言ってくれた人がいるけれど、違います。自然農の畑にするのはまだまだ10年くらい掛かりそうなうちの“荒れ地”ですねん。

みなさんが庭の冬瓜を絶賛している隙に苦瓜を炒める。
IMG_4970.jpg
苦瓜の種って美味しいんだよ、という話しをしながら食べる。

IMG_4971.jpg
みんな大好き根菜の煮物。煮物の下には煮汁を吸うように3センチくらいの厚さのある揚げが入ってる。煮物の汁は分けてしまってごはんを炊いたりもするけれど、ごはん炊くほどジャブジャブでない場合、春雨に吸わせたり、高野豆腐に吸わせたりしてしまいます。

IMG_4972.jpg
今日のごはんは新生姜とニンジンの炊き込みごはん。

今日はわたしも含めて総勢7名。これくらいの人数だと作りやすい。

朝からちょいとヤボ用で街まで出掛けて、ちょっとお店をのぞいたり、デパートで魚や野菜を買って、のどが渇いたのでちょいとコーヒー飲みながら本読んだりして。
珍しく優雅な時間を過ごしたからか、料理もテンポ良くサクサクと作ることが出来たみたいです。
調子が良いと野菜率が高い。一般人向けなので、料理にお肉も使いますが肉は添え物で野菜がメインなお料理ばかり。

野菜の料理といえば、最近アラメゾンにご夫婦で行って下さった方が、「サラダがすばらしく美味しかった」とおっしゃってたけれど、アラメゾンって野菜料理の美味しいレストランなのよね。希有だわ。
勉強会のメンバーの方がご夫婦でアラメゾンに行って下さって嬉しいなぁ。今度はご家族でどうぞ〜。

デパートに買い物に行って、ついでにちょいとコーヒーを飲んでくるというのを母はよくしていたのを思い出しました。わたしの消費行動って母に良く似ているような気がする。滅茶苦茶な正確は父にそっくりだし、お金の使い方は母に似ているみたいです。
時々1人で街歩きしよう。MacBook Airも買おう。

それにしても、今日のケルプのサラダ、だれも何も言わなかったのは、かわった春雨だと思ったのかしら?


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
10月22日(火曜日)皮から作る海鮮水餃子。
10月27日(日曜日)ミスティー・チキンなどベンガル料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿