木べらくん、さようなら。ありがとう。

結婚してから、つまり、わたしが台所の主となって以来ずーっと使っていた木べら。

IMG_5013.jpg

実家の木べらは、わたしが記憶にあるかぎり一代で、いまではすっかり小さくなって、飴色で、何も食べるものがなくなったら、この木べらを茹でたら良いダシが出るんやないか?と思うような代物なので、わたしも40年、50年と使い続けるものだ、と思って付合っていたのだけれど、ヒビがだんだん大きくなって色んなものが詰まる。

20年程度しか使ってない、しかも、ローフードだの、旅行だの、外国暮らしだの、木べらを使わない日々も多かったので、同時に買った同じものと比べてもたいして減っていない。

IMG_5014.jpg
(ぴったり重ねたけど、この程度)
母の木べらに比べたら・・・たいしたダシはでそうにない。

長く使い続けられないのは残念だけど、これだけひび割れて有象無象を抱え込むようでは仕方がない。きみ、宮島生まれのきみ、大阪の道具屋筋で買ったのだったね。長い間ありがとう。焦げて、鍋のフチにガンガン叩き付けられて、気の毒な使い方をしてごめんなさい。

さて、お次に使う木べらだけれど、20年前に道具屋筋で買った宮島くんは使わずに、コレとコレを使うことにする。

IMG_5015.jpg

手前はどこかの雑貨屋さんで買ったフランス製の木べら、奥の黒いのは、チークで作ってたタイのもので、バンコク生活の時に使っていたもの。

使い勝手の良い方をレギュラーメンバーにしようと思います。やっぱり木べらは使い慣れたかたちのもの、となったら、宮島くんに登板してもらうことにしよう。

木べらってお料理のパートナーよねえ。木べらがないと煮物も炒め物も・・・気持ち良くできないもの。
そういえば、アラメゾンの木べらも煮たらおいしいスープになりそうな木べらだったな。

というわけで、今日は月曜日に出す不燃ゴミと木べらにさようなら。

お片づけは地味に続いているけれど、品目別、すべてを一カ所に集めてという方法が出来ず、つい、抽き出しごと、場所ごとになっていて、これじゃ普通の片付けと変わらないかも・・・

しかぁ〜し、押し入れの抽き出しの奥から、恥ずかしい系のアレヤコレヤが出てきてさようならしました。なんであんなものとってあったのか?あそこに片付けた時は捨てられなかったのね、きっと。

古い携帯電話もノートパソコンもリサイクルに出します。
これって通常のお片づけの範囲かも。
ま、苦手分野だから、ボチボチぼちぼち。

明日は新しい木べらで焼きそばでも作るか!

月曜日は不燃ゴミの日。もうひと息がんばろう〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
10月22日(火曜日)皮から作る海鮮水餃子。
10月27日(日曜日)ミスティー・チキンなどベンガル料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿