桑名のこめ油でポテトチップス。

揚げ物大好きなわたし。そして、常にお酒で肝臓を労っているので揚げ物苦手な夫。

一時期は一番搾り菜種油を使っていたのだけれど、菜種油はなかなか重い。そして沸点が低いのかちょっと揚げただけでも鍋の縁がコテコテしてしまう。揚げ物好きなわたしでも大量に揚げるとだんだん油酔いしてウップ。

これがウップとならない油がある。
わたしがずっとお世話になっているギャラリー、ガラージュ・ベーの番頭さんは農大出身の化学者でもあらせられる。その番頭さんの同級生が三重県は桑名で6代(GB番頭さん同級生)&7代(その息子さんが堅実に跡を継いで)続く油屋さんのこめ油。

こめ油は米ぬかから取るのですが、圧搾ではほとんど取れないためにヘキサン抽出。だけど1キロのヌカから5ccほどしか取れない貴重なもだそうです。ギャラリーではずいぶん前から使っていたのですが、ヘキサン抽出ということで、わたしはなかなか自分で使おう、という気にならなかったのですが・・・・

悔しいことに揚げ物が上手に出来る。美味しく出来る。悔しいけど(ちょっとね)わたしも自宅で使うようになって数年経ちます。

誰が揚げてもからっと揚がる。油切れがいい。サクサクが長持ち。なによりも鍋やコンロがコテコテにならないのでお掃除が簡単。揚げ物苦手な夫でもこめ油で揚げたものは食べる。

IMG_5036.jpg
夫の留守、シュレッダー祭り(お片づけで書類の処分をすること)の最中、ふと思い立ってオヤツにポテチを作った。
市販のポテチ、グリーンコープのでも油がヘビーな感じがするのよ。

揚げたてに塩とコリアンダーと唐辛子を混ぜたものを振りかけたら、すごく美味しいポテトチップスになります。そのまま食べても美味しいけど。

こめ油の良いところは、使った油を漉しておけばずっと使えるの。
こめ油とクレイマジックという粘土の油漉しを使うと鉄板です!
日頃は炒め物に使って、たまに揚げ物を作る時には足りない分だけ新しい油を足せば、ずーっと捨てずに使える。固めてポイなんて面倒なことをしなくていい。
わたしはこめ油とクレイマジック組合せで油を捨てたのは1度だけ。バンコクに半年住んで帰って来た時。さすがに半年放置した油は捨てました(行く前に捨てろよ!)。

あぶせいさんの桑名のこめ油、わたしも番頭さんやあぶせいさんのご好意でお取り扱いさせて頂いていますが、わたしの料理教室で揚げ物をすることなどほとんどないし、生徒さんもガッツリ揚げ物をするような人たちは少ないけれど、たまに作る揚げ物にはこめ油を使ってくださっています。
もちろん、直接あぶせいさんのサイトからお買い物することも出来ます。

あぶせいさんのサイトはこちら→http://komeabura.com/

というわけで、我が家では加熱で使う油はみんなこめ油。

IMG_5035.jpg
夫の留守に1人タイ料理定食。シカクマメのヤムと、空心菜炒め。

パスタなんかもこめ油で調理して、料理の仕上げに上等のエクストラバージンオリーブオイルを垂らすと、オリーブオイルのフレッシュな味と香りが楽しめるの。上等の油を加熱したらもったいないですもの。

やっぱりポテトチップスも自家製に限ります。
家の揚げ物がこめ油になったら・・・ますます外食が出来なくなるので、これも良いんだか悪いんだか。
行きつけのお店にこめ油を使ってもらうしか方法はありません。
家の料理の揚げ物率が増えるのは・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
10月22日(火曜日)皮から作る海鮮水餃子。
10月27日(日曜日)ミスティー・チキンなどベンガル料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿