神谷昌宏さんと布談義。

神谷昌宏さんは神谷デザインスタジオというアトリエを主宰するファッションデザイナーで、と〜っても素敵なお洋服を作る方です。

去年の春からわたしがいつもお世話になるギャラリーの隣に引っ越していらっしゃった。

IMG_3885.jpg

お洋服好きの人にはよく知られているようで、相模原での料理教室に来て下さるブログ読者の方が神谷さんのライダージャケットをお持ちだったり、展示会のたびにわたしに会いにきてくれる友達がすっかりファンになって、今では作品展を見にくることを口実に神谷さんのアトリエでお洋服選びしている。

神谷さんの作るお洋服はヨーロッパブランド以上のクォリティー。裏地も含めて、布の質と縫製は段違いに良い、いや、比較するのも失礼なほどの良さのに、お値段はそれほど高くないのだからファンになろうってもんです。

神谷さんのアトリエに行くといつもコーヒーをごちそうして下さる。
IMG_3886.jpg


神谷さんは着物生地からお洋服を作る方ですが、よくある古着物ではなく、新しい反物からモードなお洋服を作るので、フランスでショーもするし、フランス版フィガロに掲載されたこともある方なのです。

今回も、男物大島紬で作ったトレンチコートを見せて頂いたけれど、ちゃんとボックスプリーツになったトレンチで、さすが、お洋服のことを良くご存知のとってもオーセンティックなトレンチなのです。

「ぺんぎんちゃん、これ、紅花だよ」「これ、有松の浴衣生地。ブラウス作ったんだ」「このアルパカはねぇ〜」「ほら、ここ、ストライプになってるんだよ。このプリントが○○××で〜」
「このバッグは帯地で作ってあるんだけど、このかばん屋さんは仕事が丁寧で、作りがいいけど工賃は高いんだ〜」「これなんか、龍村の帯だよ」

出来上がりのお洋服を一通り拝見したら後は延々と2人で布談義。神谷さんのコレクション(?)を見せて頂きながらこの染めがどうだ、織りがどうだ、糸がどうしたこーした、と、まぁ95%くらいは教えて頂くことばかりだけれど、神谷さんも布の話しを思う存分出来る相手ってのはあまりいてないのか、とても楽しそうに話して下さるのです。

今回はVANくんがwww.lilienberg.jp/のシュークリームを差し入れしてくれて、それをまた神谷さんと一緒に頂いたりして。

神谷さんはリリエンベルグのユニフォームも作っておられるんですって。
VANくんと神谷さんと3人で、神谷さんのアトリエで、神谷さんからいろんな写真集や画集を見せて頂いたり、神谷さんの描いた絵の写真を拝見したり、スカラプチャーを見せて頂いたり、いつもの布談義から発展して、美術談義にまでなって・・・

お洋服だって布だって、コマーシャルかもしれないけれどやっぱりアートなのよ、と思った夜なのでした。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月5日 (火曜日)天然酵母を使ったベジチャイニーズバーガーの予定
11月24日(日曜日)さつま芋を使った料理とローアップルパイの予定
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿