断食で一番大事なのは、断食の後の食事です。

断食を趣味みたいにしていたことがあったけど、もう自力の断食は止めました。
一日断食だと準備もいらないし、次の日からふつうに食べられるのだけど・・・夕方あたりからナッツをボリボリ食べたり、ちっともコントロールができなくて、ああ、これはダメだ、まだ断食が出来るような力量がない、と知ったのです。

断食をするのは簡単なんです。食べなければ良いだけだから。だけど、断食が終わってからの食事がきちんと守れないならそれはただの食べないことと大食いを繰り返すだけで意味がありません。身体にも精神にも害にはなってもいいとはいえません。

その点、坐禅断食は、明けの食事でたっくさん食べて、宿便も出してから帰してくれる。たぶんこれが大きいんだと思うけれど、おかげで少食になってます。ま、これもだんだんともとに戻るんだろうけれど。

最初の3日は米、イモ、胡麻以外のナッツ、豆、肉、魚は×。玉葱、葱、生姜、わさびはいいけれど、胡椒、唐辛子、にんにく、からしは×。
4日目から4日間は肉、油もの以外は許されるので、日頃の半分くらいに押さえるといっても最初の3日の食べ物だって、ローフードを知ってたら、油とにんにくを抜けばいいから楽勝です。パスタだって油抜きでいくらでもレシピがある。ほんとにふつうに料理してふつうにご飯を食べている感じ。ただ量は控え目にしなければいけませんけど。

というわけで、今回、つまり冬の回復食です。

IMG_5304_20140129224439d6e.jpg

断食から戻った日の晩ご飯。オヤツにパンを食べたので、軽めに。
ザワークラウトの乳酸菌と重ね煮スープうどんがちょっと入ってます。味噌トッピングだけで味付け。
乾麺のうどんや素麺は量を自由に調整出来て便利よね。

IMG_5306.jpg
厳格2日目の晩ご飯
持ち帰ったパン。と重ね煮スープ。ザワークラウトと重ね煮の和えもの。だんだんキャベツが発酵してきて良い感じ。麹と乳酸菌、実行してます。この日も夕方にオヤツ食べたので、ちょっと控え目。

IMG_5307.jpg
さしみこんにゃくは断食明けには欠かせません。豆腐があるとすごくゴージャスな感じ。湯豆腐を生姜醤油で食べようという魂胆です。
夫にはほうれん草と牡蠣のソテーを作って、彼も重ね煮をお野菜として食べています。

わたしが食べるものは油を使わないので、皿洗いも簡単。
夫の料理だけちょっと作り足せばいい、というのも作るのも気楽だし、一緒に食べる夫も自分だけ食べてる感じがしなくてストレスがないようです。
やっぱり気を使わすのは本意ではないですもの。

回復食が乱れない。これは断食以上に大事なことなのです。
3日が終わったら後は簡単、ラーメンや天ぷらうどんは食べられないけれど、魚もご飯もイモも唐辛子も食べられるんですもの。焼き肉屋さんに行っても困りません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(日曜日)ベンガル料理のごはん。
3月11日(火曜日)折りたたみパイ生地。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿