オールドダッカと念願のハジ・ビリアニ

今回のバングラデシュは、バングラデシュが初めてという人たちと一緒なので、日頃行かないところにも遊びに行きます。

オールドダッカ、道が入り組んでて渋滞もヒドいので、用事がなければ行くことはない地域ですが、古い街なので趣きがあります。

アジアティックソサエティーに車を置かせてもらって、まずは腹ごしらえ。(注:アジアティックソサエティーは駐車場ではありません。良い子のみなさんは決して真似しないように)

オールドダッカといえば、ハジ・ビリアニでしょう。この歴史と伝統のあるビリヤニの専門店、初めて食べます。

IMG_5397.jpg

看板もなにもない。いや、あったのかもしれないけど、ない。

IMG_5396.jpg

巨大なハリ(鍋)を抱えてオッサンがドッシリと坐っている。
店は小さいけど、持ち帰りの客がひっきりなし。

IMG_5395.jpg

しばし待っていたら、出てきました。メニューなんてもちろんなくて、何人前か伝えるだけです。
ビリアニは肉の入った炊き込み御飯ですが、バングラデシュのビリアニはチニグラという小粒の香り米を使うのが特徴です。

ビリアニとライムと唐辛子。この青唐辛子をかじりながら食べるのですが、わたしはそこまで上級者じゃありません。まぁ、お好み次第というところですね。

初ハジ・ビリアニ、ずいぶんシンプルなビリアニだなぁ、というのが感想です。そうか、これがハジ・ビリアニかぁ〜、ちょっとダッカの人のハートに触れた気がしました。

バングラ随一の老舗で腹ごしらえをしたら、リキシャに乗って散策がてらショドル・ガートを目指します。

IMG_5398.jpg

この日はひどい渋滞。いくらオールドダッカでもこれはないんじゃないの?というような渋滞どころか、ピクとも動かない。大学生が暴動を起こしてえらいことになっていた。

渋滞にハマっている間に暴動も治まり、徒歩とリキシャでショドルガート(中央船着き場)に。
船着き場といっても河の船着き場です。バングラデシュの河は瀬戸内海くらいの規模があるので、日本の人に理解してもらうのは難しいのですが、このダッカの南を流れるブリゴンガーは日本の人が“あ〜、雄大な流れだなぁ〜”としみじみ出来る規模です。水は汚いけど。

IMG_5400.jpg


船着き場でフォキール(吟遊詩人)が歌を歌っていた。
IMG_5399.jpg

そういえば、前回来た時は女性のフォキールがいたので、わたしが1曲歌ったら大受けして彼女が首に掛けていたタビーズ(数珠)をもらったんだったわ。
この後、またリキシャと徒歩でアルメニア教会に。
IMG_5408.jpg

前はいつもリキシャに乗ってあちこち行ってたなぁ〜。以前教会の中を案内してくれたマーティンさんは今は病気で臥せっているそうです。まだダッカに9家族ほどのアルメニア人が残っているそうですが、わたしはマーティンさん以外お目に掛かったことはありません。
この教会では、クリスマスには欧米諸国の大使をはじめ在住キリスト教徒が集まって盛大なミサをする以外、日常のミサはないそうです。

またリキシャに乗ってアジアティックソサエティーに戻り、長い散歩は終わったのでした。

たまに人を案内すると、わたしも観光が出来て楽しいのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 断食その後

> 鍵コメさん。
長い断食をやるのはやはり難しいですねえ。長く断食すると回復食も長くなるので、乱れも起きやすいと思います。もうちょっと短い断食になさって回数を増やされるとか、あまり無理のない範囲でなさればどうでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿