着物を買うなら・・・

着物初心者の染織家、ぺんぎんさんがお届けする、独断と偏見による着物の買い方講座、いってみましょう〜。

まず、お金持ちの方。
大丸や三越という呉服屋さん系デパートの外商の担当者に連絡して、反物を持って来てもらって好きに選んで、お誂えしてください。

あ、そんな人誰もいない?

お母様やおばさまたちの着物を譲り受けた方。
足りないものだけ買いましょう。
私の場合、織りの着物に織りの帯ばかりだから、染めの帯をちょっと買い足すとか、襦袢がないから困ったな、とりあえずウソツキでも買って筒袖で着ておこう、普段着だし、割烹着着たらわからない・・・とか。
(わたしの目下の着物の悩みは、襦袢を誂えるか、ウソツキ袖を色々自作するか、中古襦袢を探すか、気にしないことにするか、というところ)

問題なのは、お古の着物はないけれど、着物を着たい!でもお金はあまり掛けられない!!という方。

リサイクル着物屋さんで着物の着方を教えてくれるところにお世話になって、予算をしっかり決めて予算内でお店の人に見繕ってもらう、というのが良いと思います。

慣れてきたらサイズ感のことがわかってくるので、自分で着易い着物のサイズを参考にネットで探す、ということも出来るようになります。

今中古着物マーケットには捨てられる着物がただ同然で売られています。着物はすばらしい手仕事、染織品。こんな着物も誰も着なければ燃やされてしまう運命です。これらの着物が無くなってしまえば、この先どんなにお金を積んでももう買えなくなるのです。

たとえば、織物の話しをしますと、筬(おさ)という道具がありますが、着物を織るには竹で作った筬が良いのです。ステンレスの筬では静電気が起きてしまって、打ち込んだ糸が緩んでしまうのですが、竹筬で織ると打ち込んだ緯(ぬき、よこいと)が緩まないのです。だけど、この竹筬を作る職人さんがもういないのです。

伝統工芸の世界ではよく言われる話しですが、材料がなくなる、道具がなくなる。それがなくなってしまったらもう同じものは作れなくなってしまうのです。

古いものが売れたら、世の中にはお金持ちもいますから、新しい染織品も売れて染織に関わる人たちの仕事も続くのです。

さて、リサイクル着物屋さんとのお付き合いですが、ブログなどを見て「あ〜、こんなコーディネート素敵だなぁ、かわいいな〜」「こんな風に着物着れたらいいなぁ〜」と思うような人のお店に行ってみて、現物を見て、触って、身体に巻き付けて、色々相談すると良いと思います。
手持ちの帯や着物を持参して、それに合わせて小物を揃えるということも大事です。

慣れないうちは、安いからとサイズや素材感もよくわからないまま買うよりもお店で見て買うほうが結局お得になります。

そして、着物を着るようになると着物がたくさん集まってきますが、そんなに1人で全部は着れない。そもそも置く場所もない!という場合、着物を着るようになったお友達に差し上げましょう。着物は天下の回りもの。売ったところで二束三文ならば、母やおばさんの着物を誰か知ってる人が喜んで着てくれると、きっと着物も喜ぶと思うのです。

わたしは着物を着るのは初心者ですが、染織家なので着物のことも普通の人よりよく知っているようで、着物と帯と小物の組合せがさっぱり分からない、なんてことはあまりなかったように思いますが、ちょっと相談できるような人がいると心強いですものね。

同窓会などに行く時、洋服を新調するあの労力を考えたら、着物で出掛けたら簡単ですよね。
着物と帯と小物を手持ちのアレコレを組み合わせてあ〜でもない、こーでもない、と悩む時間はとっても楽しく、これは洋服の比ではないなぁ、と思うのです。

とはいえ、最近は料理教室の日に着物on割烹着を着るくらいで、着物でお出かけしてないわ。
(ごめ〜ん、写真もないねん。割烹着の写真で許してね。)
IMG_5343.jpg

あ〜、だれかデートしてください。
母の紬の訪問着を着てどっか行ってみたいな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月13日(日)内容未定
4月8日(火)練り込みパイ生地でキッシュとタルト。
 
どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿