断食明けのご飯いろいろ。厳しい最初の3日編。

わたしの断食レポート、断食後の食事レポを楽しみにしてる人が多いかな?と思って書いてみようと思います。
ま、たいしたもん食べてないんだけど、坐禅断食の後の回復食はかなり自由度が高いので、我慢してる感じがあまりありません。

ざっとルールの解説。
最初の3日は米、肉、魚、油、胡麻以外の種類、豆やイモ(豆腐とコンニャクはOK)。にんにく、唐辛子など香辛料(葱、生姜、わさびはOK)

3日目以降、7日目まで
だいたい普通食だけれど、肉、揚げ物、酒・煙草・性交は不可。

以前は3日目までの縛りで7日間やったんだそうです。だけど、法蔵さんの断食には断食少食マニアじゃなくて、普通のビジネスマンの人も少なくないので、色々支障があるから緩くなったそうです。
(ということは、可能ならば最初の3日の縛りで7日間続けた方が良いということです)

実際、この回復食の期間に宿便が良く出て体質改善が出来ると思っています。この時期の節食が本当に大事なんだけど、食べちゃうのよね。

さて、いってみましょう。まず、岡山から戻って食べたのは、昨日のブログに書いたうどん。
IMG_5467.jpg
重ね煮、ザワークラウト、うどん、菜の花の味噌和え、刺身コンニャクの味噌わさび海苔和え。

わたしはお腹いっぱいになるのが好きなようで、あ〜、お腹いっぱい〜!になると幸福な気持ちになります。だから刺身コンニャクは断食明けには欠かせません。断食明けの食事が済んだら結構見向きもしなかったりするんだけどね。

帰宅2日目のお昼ごはん。ちなみに、朝ご飯は食べない1日2食です。
IMG_5469.jpg
わらで分けてもらったパン。キャベツのザワークラウト和え、焼き茄子、水煮大根。水煮の大根も断食明けの定番です。
ザワークラウトを食べるのは、腸内細菌のことを考えて。麹と乳酸菌を同時に食べるとどちらも腸まで届くそうです。フラッシュの後だから、腸内環境には気を配ります。

2日目の晩ご飯。
IMG_5473.jpg
この日は友達が泊まりに来たので、サラダにニンジンと新玉葱のドレッシングなど油&にんにく抜きで作りました。
小松菜、葉タマネギ、カボチャ、ニンジンの重ね煮、刺身コンニャクの味噌マリネ、水煮大根、わらのパン。2日目にしては品数が多いのは、友達が来るので色々作ったの。サラダはやっぱり美味しいね〜。

これは3日目の昼ご飯かな?
IMG_5474.jpg
大根の水煮にソバの乾麺をそのまま入れて煮たものに重ね煮をトッピングして醤油で味を付けた料理。重ね煮とザワークラウトの和えもの、前日の葉タマネギとカボチャ、梅ごぼう、などで食べました。麺は普段の半分ちょいくらい。

3日目の晩ご飯はこれ。
IMG_5477.jpg
ほうれん草と豆腐をガーしたほうれん草クリームソースを掛けたパスタ。
パスタだって油抜きで料理したら食べられるので、ローフードを知ってるわたしには楽勝です。にんにくと油を抜くだけだもの。めちゃアッサリした料理になりますが、それも良いものです。

こんな感じで色々あれこれ料理して食べられるのが楽しいので、油抜きでも全然大変じゃありません。唐辛子なしというのが一番しんどいかも、と思うわたしです。3日くらいは平気だけどね。

4日目からのごはんはまた明日。ごはん解禁です。

さて、身体のほうですが、やっぱりたくさん出ます。今回明けの食事で満足いくほどの結果にならなかったことと、来客などがあって、興奮した(犬かい?)からか、ちょっと疲れが出ましたが、出る出るよく出るです。これがまだまだ続きます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月13日(日)内容未定
4月8日(火)練り込みパイ生地でキッシュとタルト。
 
どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿