良い子は絶対に真似しないでください。半幅帯を洗う。

お待たせいたしました。良い子は絶対真似してはいけないシリーズ、シルクウールの袷の着物を丸洗いした次は・・・
ネットでゲットした半幅帯を洗ってみました。

この帯、新品未使用だけど、全体に汚れているということだったけど、届いてみたらしっかり折り跡がついているので未使用品じゃない・・ということは、お祭りで大汗かいてそのまま放置した汗染みが黄変した汚れのようで、一応お店にはクレームをいれ、返品はしないけど、次回の買い物の時には割引してね、という事になりました。

この帯、単衣なの。伊達締めみたいな半幅帯。白地の帯は欲しかったし、真っ白じゃないほうが使いやすいし、洗って使えるようになったらラッキーです。わたしは染織家ですから、シミが取れなかったら藍染めでも茜でも、後から染めてしまえばいいや!という魂胆です。

IMG_5575.jpg
折り跡があるのは、使用済みの証拠です。それにしても、なんで手先(帯の巻き始め)にこんなシミ?

IMG_5606.jpg
エコロジカルウールウォッシュをお湯に溶いて、その中に浸けてみます。ちなみに汗や唾液や涙のシミが古くなったものを赤ジミというそうで、なかなか落ちないんだそうです。あたらしいうちなら取れるのに、やっぱり酸化したよごれを落とすのは大変みたい。ウールウォッシュでは水溶性の汚れと脂溶性の汚れのどちらも落とせるという理屈になってますが、酸化したものには太刀打ちできません。

そこで、漂白剤先生に登場してもらいました。
IMG_5607.jpg
ブラシに漂白剤をつけて、汚れのひどいところをゴシゴシ。うん、まぁ、ちょっとは落ちるけど、全然ダメっぽ。

IMG_5608.jpg
結構赤い色が出ていますが、さすが博多帯、しっかり染めてあるので、白地に赤色が滲むことはありません。


家庭でできる最終兵器、ハイドロサルファイト。
IMG_5610.jpg

これは還元剤なので、酸化したものを還元させます。酸化した汗ジミを還元させて水に溶かそうという魂胆です。やり過ぎると全部真っ白に漂白してしまうので要注意。ま、ダメにした時には藍染めの液にどっぼ〜ん、とすればいいのです。

水の中にハイドロを溶かして、帯を浸けます。う〜ん、なかなか・・・変色の強いところはハイドロの粉を付けてちょっとこすってみます。少々薄くなるようです。

結局、ま、着れなくはないかな?という程度になりました。

IMG_5611.jpg

仕立ててなかったので、かがっておきました。手先とタレ先の部分だけ二重織りで袋になっているところに地味に感動します。最初の写真と同じ部位ですが、ちょっとはシミが薄くなっているでしょうか?
長さは全体で10センチほど縮みましたが、350センチもあれば十分でしょう。

IMG_5612.jpg

地が縮んだ分、柄糸がふっくらして、布の風合いとしてはこちらの方が良い感じです。
真っ白じゃなくなっちゃったけど、まぁこれなら使えなくもないかな、という具合になったんじゃないか、と思います。
何より、1度洗ってしまえば何度洗っても同じなので、“洗える帯”として使えるところも良い、ということにしようと思います。

博多の献上柄の帯は八寸の反物で全体にアクとカビがある反物を伯母からもらったのですが、その帯も洗って手かがりで仕立てて使えるようにしようと思います。カビ&アクくらいなら汗のシミの古いのよりもどうにかなりそうです。

博多帯って、糸がしっかりしてるので、締め心地もとっても良い、使いやすい帯なのよね。せっかく手元にやってきたのだから、カビだのアクだのに怯まず、手入れしてガンガン使おうと思います。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月13日(火)パート・フィロ。
5月18日(日)フェンネルの水餃子、他。
 
どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿