パートフィロ。

今日は楽しい料理教室〜♪
このところの料理教室定番の着物コスプレ、今日は紬の単衣にウールの名古屋帯。もやしの前掛けという渋いコスチュームで決めてみました。だって、フィロみたいなステキな料理を作るんだもの、オシャレしなくちゃ料理に失礼というものです!

着物の写真はないけれど、パートフィロ、薄く薄く延ばした皮にバターを塗って重ねて焼くパイ。油が少ないし、気温も問わない作りやすいパイです。

中身はほうれん草とゴルゴンゾーラ。もうこれだけでも十分美味しい。パイとかキッシュって、特別なもののように感じるけれど、海苔巻きやおにぎりみたいにご飯とおかずが一緒になった食べ物なのよね。外国のお料理だととっても特別な気がするけれど、お米は粒のまま食べることが多いけれど粒のままでは食べられない麦はいろんなことして食べる、麦食文化人たちがいかに美味しくバリエーションを考えたかと思うと、ほんとにステキだなぁ、と思います。

フィロはテーブルいっぱいに伸ばすやり方と、重ねて伸ばすやり方がありますが、家中粉だらけになるので重ねてちんまり作るほうが作りやすいし、後の掃除も楽です。

5層に作ったフィロにほうれん草を詰めて、蓋をして焼きます。蓋をしたほうがごはん度アップ。一切れでお腹いっぱいになります。

IMG_5658.jpg

ギリシャ風のサラダはとってもスペシャルなドレッシング。このドレッシングを覚えたら、なんでドレッシングなんか買ってたのやろ?と思います。おいしい料理はシンプルなんです。

IMG_5660.jpg
カットしたパイとギリシャ風サラダ。

そして、デザートは一枚のフィロにバナナとクーベルチュールチョコレートを包んだもの。クーベルはもちろんヴァローナのチョコです。香りが違うものね。

パール状のチョコだったので、豆大福みたいになりました。

IMG_5662.jpg

ホロホロとして、バターの香りがして、美味しいデザートです。

わたしのレシピではパートブリゼでもバターは少なめなんだけど、やっぱりすごく重たい。その点、フィロは軽くて良いです。
伸ばす時に生地が薄くなってきたらマメに打ち粉を打って、生地がくっつかないように気をつけたら、慣れたらそれほど難しい料理ではありません。気がむいた時にチョイチョイと作れるパイです。こんなステキなパイを考えてくれたギリシャや中東の人に感謝するのです!

今日のお料理、お楽しみ頂けたでしょうか?タルトはご家族に大好評だったと何人かの方が言って下さいました。フィロも是非お子さんと一緒に作ってみて下さい。それからサラダのドレッシング!

遠いところ、貴重なお時間をありがとうございました。今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えて頂けたら、何よりの歓びです。

次回は6月10日、お湯で作るチャパティーとバングラデシュの朝ご飯を予定しております。
おや?6月といえば、そろそろ広島では浴衣解禁ですね。みんなで着物でお出かけもしましょうね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月18日(日)フェンネルの水餃子、他。
6月10日(火)バングラデシュの朝ご飯。
 
どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿