鶏を茹でたら、次の日には汁クイティオさ。

鶏の胸肉を茹でて・・・・何を作ったか忘れちゃった。薄切りにして葱醤油で食べたような気がするけど・・・

茹で鳥の汁は美味しいダシが出てるので、そのまま冷蔵庫に仕舞って、3日以内にカオトムか汁クイティオにしよう。

カオトムってのはタイ風のお粥。スープでサラサラに炊いたスープご飯という感じ。汁クイティオは、汁ビーフンのこと。ビーフンと言っても台湾の細いのじゃなくて、センレックというタイプの麺をよく買います。ビーフンは米粉100%、ベトナムのフォーも米粉100%だけど、タイのクイティオはタピオカ粉が混じっていて、ちょっとシコシコするのです。伸びにくいし。

ベトナム式に言うと、フォー・ガー、タイ式に言うと、クイティオセンレック・カイ。これが鳥の茹で汁だけで結構美味しく出来る。もちろん、味の素は入らない。本場に比べてトッピングの野菜が多いのは家庭料理の良いところ。「あ、そろそろこれ食べなく」ってな野菜を加えることで鶏だけのダシに深みを与えます。

fc2blog_2014071321001277f.jpg

残しておいたチキンのスライスやら、トマトやら、バジルにコリアンダー、青菜は空芯菜。エノキも入っている。
サイドディッシュはキュウリと味噌。夏は切っただけで美味い系がたくさん。

家のご飯は手間ひま掛けずに、材料や茹で汁まで使い回して、外では食べられないくらい美味しいものを食べるのが良いところだと思うのです。
 
料理はプロに習っちゃいけないと思うのです。だって、プロの料理ってお金が取れる料理だけど、家の料理はお金取れない料理ですもの。お金で買えない料理なんだから、まったく違うスキルが必要だと思うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜

7月15日(火)生春巻きのナッツソースなどローフード
7月27日 (日) ポラオとコルマ(ベンガルのおもてなし料理)

8月にパンの一日講習予定しています。ご希望の方、ご希望の曜日などあればお知らせ下さい。日程調整してなるべくたくさんの方が御参加出来るように計画したいと思います。時期的には最初の一週間かなぁ。
 
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座等ご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿