湿潤療法はすごい!

いつぞやブログに書いた湿潤療法、→「傷はぜったい消毒するな」

ちょっと高いけど、普通にドラッグストアで湿潤療法フィルム(キズパワーパッドなどという商品名や、他の会社のものも)が売られているので、知ってる人は使っている。うちにも常備してあって、あっちゃぁ〜な怪我の時はお世話になる。それほどの怪我でないときは普通の絆創膏で1日痛い思いを我慢します。

いつぞや、口唇ヘルペスが出来て、ヘルペスは痛いが水泳教室だ、という日。湿潤療法フィルムを患部に貼ってプールに行ったことがありました。プールでははがれそうになっていたキズパッドですが、そのまま根性で付け続けたら、ヘルペスの治りかけの灼熱感を伴う痛みがなく、患部を触ってキズを広げることもなく、大変に具合が良かった。

さて、今朝のこと。青泥に入れようと、アボカドから種を外そうとして、左人差し指の、付け根に近いところをかなりザックリやってしまった。

怪我したらまず毛管運動。毛管運動をしながらキズパッドを取り出し、応援に駆けつけた夫に「あ〜、ちがう、それじゃなくて、早く〜。」と丁寧にお願いし、パッドを貼ってもらった。

毛管運動ってなに?な人はこちらを参照してください。→毛管運動ってすごいのよ
手の怪我の場合はとりあえず手だけでやります。

こんな時、男の子は怪我した本人以上にうろたえて、オロオロするところが面白い。うちの連れ合いだけか?

いや、面白がってる場合じゃない。お〜、血が出てきた。どんどん出るけど、傷の全容をつかむ前にパッドを貼ってしまったし、ジンジンしてるけどまぁ大丈夫だろう。

しばらく毛管運動。ちなみに、毛管運動をすると痛くなりますが、これこそが好転反応の典型というものです。怪我をして、毛管運動をして、お〜、痛いぞ!と思うくらい手を持ち上げてブルブルしてたら本当に出血も少ないし、治るのも早い。一番好きな西式の運動です。

IMG_5945.jpg
青泥にはスイカの皮、パイナップル、空芯菜、グリーンリーフ、アボカドなどが入ってます。甲田療法の青泥じゃなくて、わたしが提唱している「おいしい青泥」。

青泥が出来てチビチビと食べはじめる頃には痛みも気にならなくなり、お昼ご飯を食べた後はもう怪我してることも忘れるくらい。水仕事も普通に出来るけど、何かの拍子に怪我の部分を上から押したりしちゃうとまた出血してるみたいだけど外まで流れるようなことはもうない。お風呂もそのままで平気。パッドは一応毎日取り替えるように商品の箱には書いてあるけれど、3日くらいは平気。

指を曲げたり伸ばしたりしても痛みがないので、仕事も普通に出来るところが素晴らしい。

この湿潤療法をご紹介されている夏井先生


傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)
(2009/06/20)
夏井睦

商品詳細を見る


のブログには湿潤療法用のパッドも紹介されていて、アフィリエイトになってるみたいです。
http://www.wound-treatment.jp
夏井先生、糖質制限ダイエットにハマっておられるようすです。

火傷の場合、とりあえず、ワセリンや馬油などを塗ってラップを張り付けて空気を遮断して、ラップが動かないように包帯などで固定するだけで痛みがなくなり楽になります。応急処置をしてから必要な大きさのプラスモイストなどの湿潤療法資材を準備しても大丈夫です。

わたしは口唇ヘルペスに使って効果があったけど、きっと帯状疱疹のあの痛さにも効果があると思います。

朝付けた絆創膏、お風呂の後でもまだちゃんと張り付いていて、傷のところが白く膨らんできました。ウシシ。
みなさんも、怪我や火傷には湿潤療法で痛みフリー、傷跡もきれいな治療して下さいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜

7月27日 (日) ポラオとコルマ(ベンガルのおもてなし料理)
8月5日(火)作り置き出しと和食の基礎

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

パッドの交換

いつも拝読しております。
そして傷に貼るパッドも愛用しております。
で、そのパッドの交換ですが、もし某◯&◯社のでしたら、
なるべく3日は貼るようにと推奨してます。
傷とパッドが初期段階ほどくっついていて
パッドに患部がもってかれてけっこう危ないですよね。
私は剥がれない限り粘ります。

そして先日火傷をしてしまった時は、
思わず流水にさらすという反射的行動を思いとどまり、
お湯を沸かす間ワセリンを塗り乾燥を防ぎ、50度くらいのお湯に指を入れ、悶絶する痛みがひいてからやめました。
その後はワセリンにラップです。
完治の期間は冷やした時とさほど変わらなかったですが、
白く水ぶくれになるというあの現象がまったくなく、
ナイロンをアイロンで圧着してちょっとシワがよったような皮の下で再生がされ、自然と皮がむけて終了しました。
皮と皮膚が剥離しないというのが大きい違いにみえました。→雑菌が繁殖しにくいのかと。

ちなみに刺青するとワセリン塗って、ペタっとラップを貼られてサージカルテープで固定されます。

Re: パッドの交換

> まえ〜さん
コメントありがとうございます。
あ〜、早速やってしまいました。プールに行ったら半分はがれてきたので、ビっと剥がしたら、傷もビっと・・・反対側からめくればよかったのに、痛みがないからつい乱暴になってしまいました。ま、また貼っとくといたくないんですけど・・・

火傷はお湯に漬けるんですか?!それは知りませんでした。
ワセリンは常備しないといけませんね。

入れ墨も面積が広いし、傷を搔き壊したりしちゃいけませんものねえ。なるほど〜。
勉強になりました。
色々ありがとうございます。
とりあえず、今のキズパッドは剥がれるまでそのまま放置することにします。
これを剥がすのがまた楽しみだなぁ〜。うほほ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメさん、
貴重なご体験、お知らせ下さりありがとうございます。
鍵コメントなのがもったいないです。どうかお大事に。わんこたちもケンカしないように。

コメントの投稿