毛織物の仕上げ。

わたしが織っている布は“ホームスパン”と一般的に言われているジャンルになります。
ウールを紡いで糸にしたものを織るのですが、毛織物は縮絨(しゅくじゅう)という仕上げをします。

ウールは繊維の表面にウロコがあって、そのウロコが開いたり閉じたりして湿度を調節してくれます。だけど、このウロコのおかげでウールを湿った状態でこすったり叩いたりすると繊維がそれぞれ毛先に向かって動いてしまい、縮みます。この性質を使って作るのがフェルト(最近は針で作るフェエルトもあるのでウエットフェルトと言って分ける人もいる)を作ります。フェルト作家の坂田ルツ子さんは「ウールはどこまでも縮みます」とおっしゃってました。もちろん、羊の品種によって縮み方が違って、ちっとも縮まない羊毛もあるので油断できません。

縮絨することで織りあがったばかりの糸のコリコリした感じをなくし、縮めて目を詰めて、毛を立たせ、ウール特有の風合いを出します。

以前は織り上がった布を洗剤を溶かしたお湯の中で混ぜるという方法(わりと一般的)でやっていたけれど、そうするとウールは中心に向かって縮むので、耳が波打つ感じになっていたけれど、最初に布を踏んだり、筒に巻いて巾だししたり、という方法をするようになって、布の仕上げもきれいに出来るようになりました。ちょっときれい過ぎて面白くなような気がしなくもないけれど・・・

大きな服地になると仕上げにほんとに1日掛かりますが、今回のはベスト用の生地なので、ショールの大きいのみたいなものです。ベストといえども服地ですから、仕上げのローリングはしっかりやります。

というわけで、布の仕上げについてご興味のある方もいらっしゃると思うので、ウールの服地を家で仕上げるの図でございます。

fc2blog_201407252042586b7.jpg

板の上に布を二つ折りにして、石けんとお湯を掛けてママブーツを履いて布のたて方向に踏みます。布の位置はもちろんずらしながら、折り目がついたりしないように。
石けんで踏むことで、経と緯をくっつけるのと、余分な染料や汚れを落します。踏んでるうちに感触が変わってくるので止め時がわかります。この段階では布のサイズは変わりません。

衣装ケースにお湯を入れて、その中に布を入れ、お風呂を混ぜる棒で突きます。

fc2blog_20140725204358efa.jpg

ここでやり過ぎるともう後戻りできないから慎重に。この作業で布の風合いが決まるので、布の仕上がりを見ながら進めます。棒から布の風合いが伝わってくるので不思議といえば不思議。

fc2blog_2014072520451371d.jpg
布と相談の図

fc2blog_20140725204619f16.jpg

風呂桶の上に台をセットして、布の巾だし。不器用なのであまりビシっとはならないけれど、それも味わいなのです。地の目を整え、巾を出して、たても整えて筒に巻いていきます。お湯を掛けながら布を伸ばしたい方法に叩くことで伸ばしたり縮めたりできます。

fc2blog_201407252047114dc.jpg

全部巻いたら、ロープをかけて、コロコロローリングします。

ローリングすることで1度立った毛羽を中に入れ込んで、毛玉になりにくく、また、パリっとした風合いにします。ショールやマフラーの時はローリングしない場合が多いです。

ローリングも布の方向を変えながら何度も解いては巻き、を繰り返します。だいたい、千回ローリングしたら巻き直してまた千回、という具合。フェルトを作る時もそうですが、辛抱と忍耐の上に体力を使うので大変です。
(糸紡ぎや織物はそれほど体力つかいません)

気が済むまでローリングしたら、また仕上げにきっちり巾だししながら筒に巻いて、立てかけて水切りします。

fc2blog_20140725204815579.jpg

暑いので昼に立てかけて夕方取り入れたらもうほとんど乾いてました。濡れた状態で干すと、竿のところで伸びてしまって地の目が狂うんですね。

ここまで出来たら、あとは完全に乾かして、チョッキを作るだけです。

朝から始めて、昼過ぎに終わることができましたが、この暑さ&立ち仕事しながらの断食だったので、頭痛になるし、レシピはなかなか出来ないし、でした。

織物の全行程の中でどれが一番大事か?と聞かれたら、「縮絨」と答えるだろうな、と思います。
それにしても、織り上がって仕上げも終わった布は・・・惚れ惚れするわぁ〜。

暑さで参った日の晩ご飯。
IMG_5957.jpg


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜

7月27日 (日) ポラオとコルマ(ベンガルのおもてなし料理)
8月5日(火)作り置き出しと和食の基礎

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

ウール着物

こんにちは

今日から旧暦文月のはじまり。
なんとなく、今朝の風は涼しかった気がします♪

さて、ウールといえばウール着物。
遅ればせながら、秋からの準備に、ウール着物を長襦袢も合わせて6枚洗濯。
しっかり干して、しっかり収納。

柔軟剤使用でしたが、どうしても毛羽立ちは防げず。
これ、チクチクしそうで、苦手。気安く着られる普段着着物としては抜群なんですけど、やっぱり私には木綿がいいかもねぇと。
畳みながら思ってましたわ。

フエルトは好きですけど☆

Re: ウール着物

> まっつんさん
ウールのモスリンはちょっとチクチクしますよねえ。子供の時にイヤだった思い出があるので、お正月にウールの着物を着せてもらったことがあるのかもしれません。

ウールを着るようになったのは、明治以降なので、それ以前の普段着は綿、麻、紬で、風合いや柄行きから考えて、ウールの着物は紬の代用として使われたんじゃないか、と思います。

紬の糸は座繰りでないと引けないので、機械紡績できるウールは大量生産にむいていんでしょう。

着物はともかく、モスリンの長襦袢はチクチクしますよねえ。このチクチクは毛羽の問題じゃなくて、繊維の固さの問題なので、お手入れで毛羽立つからチクチクする、ってのとは違うように思います。

庶民は案外、半着に掛け襟したものなんかを着物の下に着ていたのではないでしょうか?木綿の襦袢ってあまり聞きませんものね。着物の下のことをあれこれ想像するの、楽しいですね!

わたしはウールの着物は母のシルクウール一枚があるのみで、普段用にちょっと買おうかと思ったりしたけれど、紬がたくさんあるので、それらを先ず着ることにしました。繊維の扱いとしては、ウールより絹のほうが楽なんですよ。

No title

縮絨の過程、興味深くよみました。
ローリング千回やったら、また千回って!
普通、千なんてことばは、針千本呑ぉますっ!みたいに、多いことのたとえでしか使いませんが、ここでは、実数なんですねぇ!へぇ!ってなもんでした。ぜひ、その風合いにほほずりしてみたいと思いました。

Re: No title

>rantanaさん
しっかりローリングしたら、仕上げのアイロンがいらないんですよ。パリっと出来上がった布はまた格別です。

コメントの投稿