「かびんのつま」第一巻

化学物質過敏症を題材にした初めてのまんが、「かびんのつま」。
化学物質過敏症の人の映画「いのちの林檎」を作ったプロデューサーの方がFacebookでいつも取り上げてくださってるので、単行本が出たら読みたいなぁ〜と思ってた。先月末には第2巻も発売になる、というので図書館にないかな?と思ったら、あるじゃないですか!!第一巻。
映画、いのちの林檎についてはこちらでご紹介したことがあります。→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-935.html


かびんのつま 1 (ビッグコミックススペシャル)かびんのつま 1 (ビッグコミックススペシャル)
(2014/04/30)
あきやま ひでき

商品詳細を見る


単行本が発売になったばかりの時に“立ち読み”した時、この過敏症になったあきやま夫人はネットアイドルで、生活感のない人で、掃除機が吸い込むみたいに食べ物を食べる宇宙人みたいな人だ、という知識はあったんだけど、この人の家庭というのがものすごくて、ビックリしてしまった。

あの親からこんな人が育つんだ!と思うほどこの人は運動も勉強も出来る人で大手食品会社の研究開発室に勤めていて、お給料もボーナスもほとんど親に渡していたのに、親からは承認されないどころか、虐待を繰り返していた母親が死んだ後に相続さえもまともにもらえない。せめて自分が渡していたお金は返してほしい、と言っても、クイズ番組で得た賞金を“相続”として渡されただけ、という。

主人公のかおりちゃんは、人はみんなお腹の中に缶があって、そこに化学物質がだんだんと溜まっていく、それがある時溢れ出すと症状となって現れると言う。わたしもアレルギーなどに突然なるのは許容量を越えると発症するんじゃないかしら?と思っていたけれど、マンガなのでそれが絵で表現されているところが素晴らしい。いや〜、マンガのある日本って素晴らしい♡

日光に反応して外出できなくなり、熱に反応してガスコンロを使って料理が出来なくなり、電磁波に反応して電子レンジ使用中は2階に避難、洗剤や香料のニオイに反応してシャンプー中に倒れたり。貧乏漫画家とネグレクトと虐待を受けて育った元ネットアイドルの愛情あふれる日々が綴られるマンガなのです。

かおりさんとあきやま氏はこのマンガの通りだとすると、彼女はネットアイドルで、あきやま氏はファンの1人だったわけで、こんな女の子がナニ食べてるか知りたいと思ったあきやま氏は、彼女を食事に誘ったのが縁でお付き合いが始まって、何も入ってない冷蔵庫に驚きながらも一緒に買い物に行ってて料理を振る舞ったのが縁で一緒になるのですから、人の縁って不思議だなぁ、って思うのです。
わたしにはネットアイドルってなんだか良く分からないのですが、どう考えても不思議な成り行きなのです。ちょっとこの宇宙人みたいなかおりさんは予知能力があるような振る舞いをするので、そんなこともあるのかもしれません。

で、過敏症への対抗策として、酸素カプセル、無農薬野菜、オーガニック食品、節電コンセント(αジーニアスみたい)、ドイツのノルデナウ、引っ越し、・・・という具合。いきなり食事療法にならないところがステキですが、お金のかかることばっかり。本当に大変です。

化学物質過敏症の人の日常をマンガで読めるのだから、これはすごいことだと思うのです。かおりさんとあきやま氏が一緒になってなかったら、こんな重いテーマをマンガで読めなかったわけで、マンガという表現が素晴らしく過敏症の人の日常を表現しているわけで、この不思議なお二人の縁のおかげをわたしも蒙るのです。

さて、第2巻、自分で買うか、図書館が買ってくれるの待つか・・・う〜ん、読みたいな。

「かびんのつま」はビッグコミックスペリオールで連載中です。これもまんが図書館まで行けば読めるんだがな・・・

IMG_5981.jpg
日曜日は夕方プールで泳いで、山奥のコーヒー屋さんに行って、家に戻ってサラダと茄子とトマトのパスタ。いや〜、茄子って最高です。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜

8月5日(火)作り置き出しと和食の基礎
8月24日(日)生春巻き
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿