たつけを作る。その2。ヤンキーパンツの原型か?

手元にあった腰巻きで作った。可愛い腰巻きだから、ズボンにしても可愛いかなと思ったら・・・

IMG_6025.jpg

クリカラモンモンっぽくないか? 
柄が色違いになっているパーツは、腰巻きの巻き込み部分で、動くたびにプリーツから色がこぼれるデザインになっている(腰巻きは布地の巾方向を上下方向に着用する)のだけど、その柄がモモのところにバチっときて超派手。

ひざ下部分が細いこのシルエットは、ツッパリ少年が制服のズボンを改造するあのシルエットと同じだ。最近の若者は体力がなくなっているから伝統的なヤンキー座りをしないそうだけれど、たつけはお尻にたっぷりマチがあるので、脚が細身でも胡座だってヤンキー座りだって何でもできる。(ヤンキー座りはお尻部分に布をたくさんもっていかれるのでお尻ダボダボでないと快適に座れない)

ふくらはぎ部分をもうちょっと太くして、前身頃と後ろ身頃でウエストラインを揃えてゴムを通すように改造する。こういう改造のアイディアは、寝ているうちに思いつくことが多いので、仕事に行き詰まったら寝るに限ります。

IMG_6028.jpg

たつけの作り方で一番扱いに困るのが、この足首内側のマチ。改造では派手は黄色部分を足して、前身頃の派手さを緩和できないかと愚考する。

出来上がり。
IMG_6026.jpg

裾のボーダー柄が斜めに走ってます。

IMG_6027.jpg

前はやっぱり派手。このど派手パンツ、どうしてくれよう?

困った時の藍染めか?
面白いからこのままもアリ?

縫ってみて思ったのは、布巾にあわせてツジツマを合わせながら縫うので、だいたいの寸法はあるけれど、あとは適当。だから作り方の図がやや不親切な感じがするけれど、こういう風にしか書きようがなかったんだろうな、と思ったり、ダウンロードなんだから、延々説明を付けて、読みたい人は読んでね、というやり方でも良かったんじゃなかろうか?と思ったり。

布は本当に無駄がないけれど、無駄がないということは、余分があるということで、三角のマチの鋭角部分ってのは服になった時にはあまり必要ないのだけれど、マチの先のとんがった部分もそのままにするってのは、布を無駄にしない日本人の意地みたいなものでしょうか?

実際には、たつけのマチ部分などは解いて使いようがあるか、といえば、さるぼぼなどの手芸品の材料くらいにしかならないだろうが、このマチを組み合わせることで、少ない布地で腰回りにゆとりのある細身のズボンが可能になっている。

裾までのズボンの作り方としては、最小の布で出来る方法じゃないかしら?
実際出来上がったたつけをはいて、座敷で座り仕事をしているけれど、窮屈感は一切ない。坐禅でも太極拳でもできそうです。

気を良くして、オークションで買ったふくれ織りの縮緬でもう1本作ってみました。

たつけの作り方ダウンロードはこちら→https://itoshiro.stores.jp/#!/
アフェリエイトとかしてないし、お値段高いです。たぶんこれをダウンロードしても縫い物に慣れてない人には作れない、縫い物に慣れてても、型紙がしっかりしてないと縫えない人には縫えない、DLはオススメではありません。

石徹白洋品店さんも文章ですべてお伝え出来ないとブログで書いてらっしゃるのですが、そりゃそうだろう。ワークショップでないとこういうのは難しいけど、ワークショップはやる価値ありますね。

石徹白(いとしろ)洋品店さん、がんばってください。

つづく。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜

8月24日(日)生春巻き
9月30日(火)作り置き出しと和食の基礎2
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿