腰巻き天国にて色々考える。

ただいまミャンマーに滞在中。
東南アジア、南アジア地域には腰巻きライフを偏愛する人たちがたくさんいます。インド世界では男性がルンギーと呼ばれる腰巻きを偏愛しています。東南アジアでは女性がサロンと呼ぶ腰巻きを愛用していて、シンガポール航空の制服にまで採用されていたり、腰巻きなしには始まりません。

そんな腰巻き愛好家の人々の中でも男女ともに腰巻き愛好しているのがミャンマー。男性も女性も腰巻き。男性は腰巻きにパリっとアイロンの効いたワイシャツをインに着ていたり。(南アジアではシャツインは珍しい)
女性もプリントのバティックやらミャンマー独特の織り、ラメ入りなどさまざまな腰巻きを着ています。

腰巻きすがたって帯とお袖がないだけでシルエットは着物とそっくり。男性が歩いているところなどまるで着流し姿です。

IMG_6071.jpg

老いも若きもみなさんそれぞれに自分の好きなファッションで歩いている。もちろん、ジーンズやスカート姿、女性のパンツ姿もたくさんいるけれど、当たり前にロンジーを着ている。民族衣装という頑張ってる感じもなく、普通の生活の中で生きている民族衣装。

南アジアのサリーやシャルワルカミュージュは民族衣装ではあるけれど、それと同じくらい社会的な規範に合う衣装という役割を持っているように思うけれど、そういう「女性これこれな格好をしなさい」という圧力のようなものはあまり感じられない。

IMG_6074.jpg
雑誌スタンドのオッサンはロンジーにスマホを差し込んでいる。女性はお客さん。
女性のブラウスの裾の位置に注目!ちょうどお端折のラインと同じです。

インド・ヨーロッパの衣装はふんわりスカートだけど、アジアではコリアン世界を除いてだいたいロングのタイトスカート、やなぎ腰世界だなぁ、とながめるヒップラインなのでした。

IMG_6076.jpg

なんかオッサンの写真ばっかりだな。こんどきれいなお姉さんの写真もとってみよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜

9月21日(日)お土産企画。内容未定
9月30日(火)作り置き出しと和食の基礎2
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご希望はご相談ください。
関連記事

コメント

腰巻男子素敵。

腰巻男子素敵っす。
その土地の本来の姿の人々はどうしてこんなにもカッコいいのでしょうか。

この下の下着はどうなっているのでしょうかね。
自分は最近すっぽんぽんで寝てるので、パンツなしフリーダムについては深く実感するものであります。
(でも起きてるときは着物でも西洋下ばき履いている中途半端な人間ですが)
パンツってあんまり体に良くないみたいな気がしますが、こちらではみなさんどうしてるのか、機会があったらお知らせくださいませ。(*^_^*)

Re: 腰巻男子素敵。

>たこさん、
ミャンマー研究の第一人者にお聞きいたしました。

「実際調べたことはないですが、道端でしゃがんで立ちション(しゃがみしょん?)してるから履いてないんじゃないでしょうか?オフィスに行く時とか?どうでしょうね?人によるんじゃないですか?』

ということで、履いてないと思います。
んで、女性ですが、ヒップラインを観察しているところ、やっぱり履いてない率高いように思います。バスなどで移動する人はスカートのように仕立てたものを着ていることが多いみたいですが、市場のおばちゃんなんかは挟み込む着方でどかっとひざを広げて座ることができます。

田舎地方に行くとトイレに紙がなくて水だけなので、パンツがあると不快なんですよね。

西式健康法でもおパンツは推奨してなくて、何かはくならソケイ部スカスカの褌を推奨なさってます。

そうそう、市場ではオシャレな物として、男性用のパンツが売られてます。今度写真とっておきます。

コメントの投稿