マイサイズで仕立てた着物が出来上がった!

初めてマイサイズで仕立てをお願いした浴衣が届いた。

IMG_6383.jpg

仕立てを担当した人が、サイズの確認のためにわざわざ電話をくれた。身体のサイズに比べて細身なので心配してくれた。「補正をしないからこのサイズになってます」というと納得して下さった。普通だったらもっとゆったり(太めに)仕立てるのだろう。

補正だの、汗取りだのを入れるとどんどん太くなるのだから、おしりの一番太いところから寸胴なスタイルに作った着物を汗取りも補正も無しで着たら、胸の下やらウエストが皺だらけになるのは道理。
母の着物で胸のあたりがブカブカしてどうにも納まりが悪い着物は胸に補正を入れるように抱き巾が広いからなんじゃないか、と思ったり。

母の着物も普段着っぽいものとよそ行きっぽいものでサイズがかなり違う。よそ行きはずいぶん大きいのに比べて、普段着っぽい着物は着やすい。

後ろ巾があまり広いと脇でタックにしなくちゃいけなかったりして面倒なので、後ろ巾はチェックしていたけれど、前巾はともかく、抱き巾、もっと言えば妻下まではなかなかわからない。だけど、抱き巾って結構重要。

着物って直線縫いだと思ってるけど、脇から肩に掛けてはちょっと広がってるし、結構微妙に曲線縫いになっているものです。なかなか和裁ってのは奥が深いなぁ、と着物をみながらしみじみ感じ入るのです。

後ろ巾、前巾、抱き巾、妻下、など結構細かく指定してあるので、ホント胸の辺りなどピッタリしていてこれは着やすい。
着丈はウエストの一番細い部分で紐を締めるサイズにしてある。洗濯して5センチ縮んでも充分大丈夫です。

こうやって考えたら、着付師さんってのは、レンタルの着物(大は小を兼ねる発想と思われる)をいろんな体型の人に着せるのだから、着付け道具や補正を使って、しかも着崩れたら直せない人相手に着せるわけですから、着付けというのはなかなかに技術がいるものだと思われます。

その点、自分で自分の着物を着るのは着替えだから、自分の好きなように着ればいいのよね。

来年の夏が楽しみです。
他にも仕立てないといけない反物があるので、ボツボツと仕立てをお願いしていこうと思います。着物屋さんのサイトはみるだけにしておきます。お洋服も買いません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜

9月30日(火)作り置き出しと和食の基礎2
10月19日(日)厚揚げ料理
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿