中年太りの構造についての考察。

最近お昼ご飯をスープに糸こんにゃくや寒天、もずく、などを入れたローカーボな系統にしていると、身体も温まって、ちょっと良い感じです。
スープは鶏ガラと冬瓜を炊いたものだったり、お味噌汁だったり。中華系のスープにカボスを絞るのが最近のお気に入りです。

おなかも引っ込んで、体重も戻った。また、今まで通りにお昼に麺類を1人前などたべたらいつまでもお腹は苦しいし、眠い。晩ご飯もあんまり食べたくない、という散々なことになります。

最近急に身体の燃費がよくなって、燃料が少なくていいようになったようです。
車も年式が古くなったら燃費がよくなればいいのになぁ。

あ、車の話しじゃなくて・・・身体は代謝が落ちてエコ人間にになっているのに、目と心は今まで通り食べたい。1人前食べたい。お腹いっぱいガッツリたべたい。でも食べたらしんどい。腹回りも大変なことになってきた・・・
という困難の末、そうだ、もう今まで通りには食べないでもいいのだ、という結論に達して行動を変えて習慣を作り出すまでに・・・
太っている。
これが中年太りという現象を生み出すのだと思われます。

だから、「食べたいんだけど、食べると苦しい」という感じになってきたら、断食をしたり、食養生メニューにしたりして今までの習慣を1度断ち切って新しい身体と新しい身体にあった食事の習慣を作るといいんですが・・・

身体がエコモードになる年齢というのがあるように思います。

お肌の曲がり角28才
33才
42才
51才←いまここ

人によって微妙に違うかもしれないけれど、色んな人と話すと「そうそう、そうよね〜」という話しになります。
今まではちょうどその頃生活を変えていたのでおかげで今こうやっていられるわけですが、これからもどんどん燃費の良いエコな人になって、食べ物少なくなるのだなぁ、と思うとちょっと寂しいような、食費が減ってうれしいかもって思ったり・・

エコモードになって「もうしんどい」と思っていても頑張って食べ続けるとどんどん太っちゃうんだなぁ。

年上の友人たちを見ていたら、すごい人はすごいままなので、「もう若くないし」などと考えるのは止めることにしている。どうして25才以上になったら「もう若くないし・・・」って思うように仕向けられてるのだろう?それじゃいつなら若いねん?若い時代を返してほしいと言ってもしょうがないから、「もう若くない」と思うのは止めよう。だから、アンチエイジングなんてこともしない。エイジングという観念をやめるから。

とそんなことを考える秋の夜長でした。

新しいプロジェクト始まりました。
IMG_6444.jpg

3丁杼(シャトルが3本)でヤヤコシイけどがんばります〜。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
10月28日(火)天然酵母でフォカッチャなど。
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿