さいたま市まで友達の展覧会を見に行く。

さて、バングラデシュから滞在製作中の友達、連休を挟んで展覧会をやっていた。せっかく日本に来てるし、作品も見たいし、ちょっと相談することもあるし、夫も時間があるし、義母にも会いたいし、見たい展示会もあるし、ということで、無理矢理時間を作って一泊で出掛けました。

早起きして朝一番の飛行機で東京に。空港までは車だし、早朝だから高速道路も混んでないし、でなかなか良いスタート。

fc2blog_20141104210732ede.jpg

家を出た時はまだ真っ暗だったけど、東に向かってるのでどんどん夜が開けて行く。
羽田空港でリンゴジュースを飲んで、一路さいたま市へ。

展示会は、プラザノースという市民会館のギャラリースペース。この日は夕方からパーティーがあるので、日中は人も少ないからとてもゆっくり話しが出来た。

IMG_6465.jpg
入り口に飾られた作品。ベンガル語で「バロ モンド」good/evilと書いてある。ピンクのスタンプは良の字。

午後には栃木県立美術館のチーフ・キュレーターの方がみえられて、作家と英語で話しをしていたけれど、途中からわたしも加わって、通訳やら、背景の説明やら、英語と日本語とベンガル語が飛び交って、自分でも何語を話してるのか、だんだん分からなくなる。福岡でのイベントの経験から、英語を日本語に置き換えて訳しても背景になる文化的な違いや、感覚の違いまでは伝わらないので、その点はかなり説明が必要だ。彼らは海外でもたくさん活躍しているので、英語も上手だし、説明もかなり上手いのだけど、日本の人には分かりにくい啓示宗教の感覚や、食べ物の禁忌の理由やそれに伴う感覚的なことまではなかなか伝わらない。

美術作品を解説するってのはヤボなようにも思うけれど、聞いてみないと分からないことは多い。
バングラデシュとベンガル人についてはよく知っているつもりでいても、感覚や感情、それに皆に共有されている文学や演劇のことまではなかなか分からない。たぶん、バングラデシュや友人である彼らの内面について深く触れるような気がして感慨があるのかもしれません。

IMG_6468.jpg

同じくまな板から作った作品。料理をする時に野菜を刻みながらアタマでは全然別なこと考えててね、それを作品にしたの、と言ってた。彼女らしいなぁ、と思ったけれど、夫は彼女の作品より連れ合いのモハブブの作品の方が好きらしい。そういえば、わたしはリピの作品を買ったけど、夫はモハブブの作品ばかり買っていたな。

ダッカに行って、彼らに会う時はいつも自宅で食事を振る舞ってくれる。だいたいリピのほうが忙しいのに、リピはいつも手料理でもてなしてくれる。最近は一緒に台所で彼女を手伝いながら四方山話をしつつ一緒に料理を作っているので彼女の作品は彼女の心のこもった料理のように見えた。
ごちそうを作るわけじゃなくて、本当にお惣菜を作ってくれるのです。

あ、結局食べ物の話しになってしまうのだけど、私の知ってる美術家や工芸家は浮世離れした人もいるけれど、料理が上手か、そうでなくても美味しいものをよく知っている人が多く、コンビニ飯など食べていてずっと仕事を続けている人などいない。
料理が上手な人が多いです。美しいものを作り出すには美味しいものを食べないとできないもんな、と妙に納得するのです。

その後、夫実家に寄って久しぶりに皆さんとお会いしてごはんをよばれたのでした。3日分くらいのイベントがぎっちり詰まった1日でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

何ですとー!!!

近くに来てたんですね!
もぅー! 連絡下さいよー!

Re: 何ですとー!!!

> くまさん、
そーなんですよ。大宮の駅とか、すごい変わっててビックリしました。浦和の駅とか、もうびっくりですよ。大宮から可愛いシャトルにも乗ったし。
それにしてもショッピングコンプレックスって人ばっかり多くて、美味しい食べ物屋さんは見事になくて、おまけに結構なお値段で、エラい散財しました。スタバでコーヒー買うにも大行列。

埼玉、面白いことやってますね。友達は今日帰国ですが、こんなプログラムで来日していました。
http://c-art-japan.com/residence/index.html
http://c-art-japan.com/residence/schedule.html
コーディネーターのいいじまさんという方はなかなかに面白いお方でした。

コメントの投稿