家で着物は気持ち良いけど、晩ご飯の後になったらなぜか脱ぎたくなる。

すっかり秋も深まって、今日は日中もあまり気温が上がらず、このまま明日まで冬の寒さになるそうで、今日は夜になって石油ストーブをつけた。

今年はメダカの水槽を乗せたりしていたのでついにストーブを仕舞わずに、一年中出しっ放しだった。このままズルズルとズボラになって、あれもこれも出しっ放しで生活をするのかもしれませんが、住んでる人たちが気にしてないので別にいいことにしようと思います。そういえば、扇風機も出っぱなしだ。

このところずっと仕事モードで家から出ないし、仕事といっても機織りなので家で着物を着ていることが多いです。家で着るのは単が好きで、絹の紬だったり、木綿の久留米絣だったり。木綿の着物は夏でも秋でもホッコリしていて気持ち良い。木綿ってあったかいんだなあ、と感じる木綿の着物です。
単だし、木綿だったり、紬だったり、ツルツルしない着物なので着崩れにくいところもお家着物に向いているように思います。これから本格的に寒くなってきたら袷を着るのも良いけれど、単の気楽さは格別です。

家で着物を着ていたら、だんだん着物も普通の服になってきて、「家にいるのにわざわざ帯巻くことないよな」ってな感じ。伊達締めで締めただけ(さすがにピンクの紐じゃあんまりだから)その上からチョッキを着ちゃえば帯がなくても平気。

久々に長袖のTシャツなんぞ着たら、腕に布がぴっちりくっついてるのがちょっと気持ち悪いし、圧迫感がある。腕にサラサラと絹が触る感触はとても気持ち良い。

そうやって日中は普通にしていられるのだけれど、不思議なことに晩ご飯を食べて片付けが済んだら着物が脱ぎたくなる。

んでもって、ゴソゴソと紐を外してしまうのでした。

IMG_6497.jpg
この日は紐無し長襦袢を着てたので、長襦袢にも伊達締めしてたから2本とも抜いた。着物は腰紐1本だ。

もう早くお風呂入って寝たいのだ。洋服の時よりも身体が正直に反応するのかもしれないなぁ〜と思うのでした。

着物を着てる人を見るとみんな「窮屈を我慢している」と思うのかなぁ、窮屈なんて我慢できません。ブラジャーだって、ブラトップだって嫌いなんだもの。着物の紐をアンダーバストに締めるけど、ゴムとちがって締まってこないから、紐のほうが窮屈じゃないのよね。

でも、晩ご飯の後になったら「はいはい、もう閉店ですよ。浴衣に着替えて寝ちゃいますからね〜」という気分になるようです。

というわけで、浴衣で寝るようになってそろそろ3ヶ月くらい経つので、浴衣の寝心地についてもレポートしてみようと思います。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿