着付け教室最終回が終わって1年経ちました!

着物の着方の講習の最終回が終わったのが去年の11月9日だった。こちら→

秋になってから特に用のない時は朝から着物で過ごす事が多い。着物の上からチョッキを着たり、割烹着を着たり、前掛けをして紐に袂を挟んだり。

前は鏡を見たら衿が開いて面白いことになっていたけど、最近はそんなことも少なくなって、トイレのたびにあちこちギューギュー引っ張ることも減った。

長襦袢の背中に紐をつけたところでかなり着やすくなったのだけど、紐なしの絹の長襦袢を着ても、伊達締め1本締めたら衿はかなり安定するようになった。

着らくの師匠は伊達締め反対派のようだけど、着付師でいつも着物をかっこよく楽にきてらっしゃるきもののきのBettyさんは「絹の襦袢の時は伊達締めします」とおっしゃっていた。

伊達締めで締めてもギューギューに締めなければそれほど大変じゃないが、着らくの師匠がいう「固める」感じは多少ある。

最近の着方は、補正はナシで、うすいTシャツ、裾除け(タイシルクに絣)、絹の長襦袢、伊達締め
、着物、腰紐、伊達締め、というラインアップです。

胸紐を伊達締めにするのは、家では帯をしない、という理由もあるけれど、お端折を一枚降ろしにすると紐よりも伊達締めのほうが内側の衿が出てきにくいような気がするのです。

なにしろ、家の中だから、椅子に登ったり、降りたり、背伸びして高いところのものを取ったり、立ったり座ったり、布団に潜って昼寝してりするのですもの、着られる着物も大変です。

んでもって、最近の自分の着姿を見て思うのですが、この着物の姿は母や祖母が家で着物を着ていた時の姿に似ているような気がします。もう本当に子供のころですが、母も祖母も家で着物を着ていました。

祖母が髪を結うところを見ていたのはよく覚えているし、着物だって着るところを見ていたはずで、補正を巻いたり、着物と襦袢の衿を洗濯バサミで留めたりはせず、使うものは紐と伊達締めと帯板くらいで小さい姿見に写してシュシュシュと着ていたこともおぼろげに覚えています。

fc2blog_2014111923505273c.jpg

伊達締めと紐だけで着物を着て動き回るとこういう着姿になるのだなぁ、自分の着物姿を見て、昔の母や祖母の姿を思い出して懐かしい気持ちがするのです。

着物を着るのもやっと慣れてきたかなぁ?というところ。そういえば、すっかり長襦袢派になって、半襦袢は着なくなりました。替え袖色々作ったのになぁ。

着物のレッスンに誘ってくれたマキコさん、教えてくれたエミコ先生、いつも相談に乗って下さるBettyさん、時々わたしの与太話に付合って下さる着楽の師匠、ありがとうございます!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

ご紹介ありがとうございます(*^^*)
自然に馴染んだ着物姿、ステキですね〜(^^)
習って1年で誰でもこうなるわけではなく、ぺんぎんさんが着続けてこられたからこそだと思います。
誰に教わったかより、何回着たか。
慣れに勝るものはないですよね♪

昨日、「長襦袢は紐1本で着る」などと自分のブログに書いてから、ぺんぎんさんのこちらの記事を読ませて頂き、
「あっ(゚o゚;;!」
となりました(^^;;

そうだ、去年までは絹の襦袢には伊達締めを使っていたのでした。
やることがコロコロ変わってすみませんσ^_^;
たまには伊達締めも使ってあげることにします(笑)

Re: タイトルなし

> Bettyさん、こんにちは〜。
おかげさまで、やっとこれくらい着れるようになりました。慣れることはもちろん大事ですが、困った時に教えを請えるBettyさんのような経験豊かな方のおかげです。

襦袢を紐だけで着てみたら、やっぱり衿がグズグズしてくるので、まだ伊達くんにお世話にならないとやや面倒ですが、また階段を登って紐だけで着れるようになる日もくると思います。

たぶん、完成形をイメージして、それに向けて対策をするうちに背中の紐のような補助具が不要になる、という気がします。
というわけで、 わたしにとって(たぶん補正等なしで着物を着たい全ての人にも)Bettyさんはリアル完成形なのです。

この調子で練習を重ねて、65才くらいになったらすっかり着物が板についたおばあさんになろうと思います。

コメントの投稿