時々飲んでる青いドロドロ。

もうすっかり西式健康法も甲田療法も生菜食も怠けているけれど、産直市でジュース用にナイスな野菜が売ってたら、ジュースを絞ったり、青泥用にナイスな野菜が揃っていれば青泥を作ることもあります。

んでもって、ジュースや青泥を食べたら、「あ〜、これはいいものだなぁ。こんなのを毎日食べてたら病気にならないなぁ〜」と思うのです。

考えてみれば、高いジューサーや高いブレンダーを買ったものです。んで、それだけの効果があったか?といえば・・・

大有りでした。ジューサーを買ったのは、石原結實先生の「空腹力」を読んだら猛然とニンジンリンゴジュースが飲みたくなったのです。このジューサーを買ったので、ローフードをやるようになって、西式甲田療法に出会ったのです。

甲田先生の本を読んだのも良かったけれど、そのおかげでわたしは小さい頃からの便秘をなおして、腸麻痺も直したのだから、今はジューサーもブレンダーも毎日使わないけれど十分元は取ったし、機械に払った費用以上の利益があったと思います。

なんたって、便秘のまま50代突入することを考えたら・・・いや〜、良かった。甲田療法と出会っていて良かった、と思います。

甲田療法に限らず、断食などをすると人生が変わるような体験をするけれど、西式甲田療法の素晴らしいところは、本気になったらお金はほとんど掛からない、というところです。

まぁ、西式の運動療法の機械はあるけれど、基本は機械を使わずにするのが運動だし、温冷浴のために浴槽が2つあればいいけれど、別に普通のお風呂でもできるし、板や木枕はいるけれど、1度買えば一生モノだし、たいして高くない。
スイマグ、柿茶は消耗品だけど、普通のサプリやスーパーフードに比べたら別に高くも何ともない。

運動だって、特に病気治療じゃなければ朝晩やればいいわけで、この運動さえやっていたら身体の不調はどんどん良くなる。

西式甲田療法に出会ってわたしが学んだことは、「自分の中にすべてがある。ただ毎日を積み重ねるだけで結果が変わってくる」ということだ。

青いドロドロも時々飲んでます。この後に分量控え目で普通に食べるんですが。

fc2blog_20141120212628fde.jpg


みかん、カボス、柿、セロリにレタス。かなり美味しいです。あ、これは甲田療法の青泥とは違いますが、マインドは甲田療法。
ベタベタに甘くないです。塩は入ってない、は普通のご飯も食べるから。
運動の後にいきなりご飯たべずに青泥食べると身体が楽ですね。クエン酸回路かな?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿