綴(つづれ)帯に叱られる。

大阪の歴史博物館でとても興味あるシンポジウムが開催されていたので、日帰りで出掛けてきた。
お天気も良さそうだし、母も来る(晩ご飯一緒に食べよう、という魂胆)というし、季節も良いし、ということで母からもらった大島に、お出かけだからこれまた母からもらった綴れ帯を締めようと準備したのはいいけれど・・・

綴れの帯ってポイント模様。しかもいつもの巻き方と反対側にお腹の模様がくるようになっていて・・・なんか勝手が違うよなぁ〜と思いながらルンルン、お出かけだ〜と帯を締めるのだけど・・・あれれ?あれ?あらら・・なんで?!あっちゃ〜、こりゃあかん、やり直し〜。

着物は結構着慣れても、名古屋帯はほとんど締めないうえに、稀に名古屋帯を締めても柄出しが必要ないタイプのものばかり使っていたから練習が全然足りてなくて大変苦労しました。

もちろん出発時間は大幅に遅れ、断食する気はまったくなかったのに、お昼抜きになってしまいました。ま、普段できない断食が出来たことで結果オーライです。

綴れの帯は滑りが悪いのでお腹に二重に巻いてギューっと引っ張っても引っ張れないから結構キチキチに巻かないといけない上に生地も固いから大変です。巻いてしまえば緩むこともないので面倒はないのですが・・・

綴れ織りは小さい杼をたくさん使って、糸も撚り合わせたりして色を出して、下絵を見ながらチマチマと織っていくのが結構好きで、綴れのタペストリーは2点くらい作っている。綴れを織る人になってもいいなぁと思っていた時期もありましたが、帯を織ろうなんてことは考えませんでした。だって、ほんとに細かい作業なんだもの。

その帯をお腹に巻いて、ついでに着物は大島紬で、この着物はすごく柔らかくて、織りキズがいっぱいある。この柔らかさといい、織りにくさといい、これは無撚りの糸を使ったものじゃないか?と思う。
織った人がどれほど苦労したかが忍ばれる着物。たぶん織りキズや引きつれを見て喜ぶ人はわたしみたいな人以外いないだろうけれど、織り手の方が最後まで一反織り上げた布が本当に嬉しいし、愛しいなぁと思うのです。
大島ってつるっとしているのですが、この着物はフワフワしてるんです。

fc2blog_20141124002534851.jpg

母もわたしが着ている着物を見て、「その着物好きだったわぁ」と言ってたので、やっぱり着やすかったのだろう。

着物を着て、帯に苦労していて、これは大変高度な趣味の世界じゃなかろうか?すごい手のこんだ工芸品を着て歩くのだもの。
柄がうまく出ない綴れ帯に「お前はまだ年季が足りないよ」と叱られたような気がした。

fc2blog_20141124003436e08.jpg

地下鉄の出口を出て歴史博物館。ちょうど地下鉄の降り口で写真を撮っていた台湾かどこかからのツーリストの女性たちが、着物で階段を登ってきたわたしを見て「わぉ〜」と言ってくれた。
バシっとは決まってなくて申し訳ないけれど、着物ってのは歩く博物館だ。

完璧な着こなしには遠かった帯ですが、朝から夜遅くまで1日着物を着ていたし、晩ご飯は両親と一緒に懐石を食べたけど、帯はとっても楽だったのです。

まだ着物着るようになって1年だからね、これからまだまだ修行するから、帯くん、まっててね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿