作品展無事終了しました。

作品展から戻ってきました。

展覧会は自分の作品を人に観ていただくだけでなく、いろいろなご意見を頂いたり、自分の仕事を客観的に見つめるとても大事な機会でもあり、もちろん、作品をお買い上げいただいて、次の製作へのエネルギーを頂くことでもあります。

わたしは糸を紡ぐので、なかなかぽんぽんと製作できるわけではありませんが、新しい試みをやってみて、それを深めていくためにも展覧会で発表するのはとても大事なプロセスです。

常連のお客様には本当に申し訳ないけれど、新しく出来たものを継ぎ足しながらの展覧会。毎度新作展というわけにならないのは染め織りの世界だから。民芸館でも一年一枚しか織れないとおっしゃっている方がおられました。

というわけで、新旧とりまぜの展覧会、わたしのパート。

fc2blog_20141216210122a6c.jpg

今年の新作は紋織りのブランケット。ブランケットは家の中で使う分にはとってもほっこりしていいけど、外に着ていくには荷物になっていかん、という難しい役どころ。着物のコートを持ってないので、ウールの厚地のブランケットは良さそうです。

fc2blog_2014121621024904a.jpg

フェルトのショール。バングラデシュの木綿のスカーフをフェルトにしました。

fc2blog_2014121621034087a.jpg

新作のショールとその他もろもろ。

今回は搬入と展示はギャラリーの方がやってくださったので、自分とはまた違う見せ方になっていて新鮮でした。

今回は選挙と重なってしまって落ち着かない展でしたが、自分にはこの仕事がある、ということの有り難みが年々深まるような気がします。

今回4点ほど持って行った温亀袋は完売してしまい、また袋を縫わないといけません。さて、そろそろ新しい布を切らないといけないけれど、どの布を切ろうかな。

ご来店下さった皆様、ありがとうございます。お買い上げ下さった皆様にはまた追ってお礼状を差し上げます。ご一緒下さった作家のみなさま、いつもありがとうございます。そして、企画してくださるギャルリ・ガラージュベーの皆様、いつも本当にありがとうございます。いつもいただく厳しくも適切なアドバイスが嵐の中を進むわたしの灯台のように感じられます。

お寒い中、本当にありがとうございました。これを励みとして、また来年の展に向けて製作に励みます。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
1月18日(日) 汁クイティオ
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿